このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.12.30
1106349583.jpg吉岡李々子「キミに小さな嘘ひとつ」(1)


なのに今
あなたが
いない



■千星と明星は双子の姉妹。甘え上手で男子にモテるのは、妹の明星。不器用で告白もできず、怖いキャラとして認識されているのは姉の千星。正反対の性格の二人だけど、見ためは本当にそっくりで、誰も違いがわからない。唯一見分けることができるのは、幼なじみの宮本だけ。宮本と3人で過ごすはずだった誕生日、千星と明星に悲劇が…。

 「彼はトモダチ」などを描かれている吉岡李々子先生の新作でございます。本作はプチプリンセスということで、秋田書店からの刊行になります。吉岡先生というとベツフレの印象が強いので、なんだか不思議な感覚。帯には「『彼はトモダチ』以上の衝撃作、ついに登場」とありますが、本当だとしたらものすごいことになりますよ(色々な意味で)。
 
 さて、物語の主人公は双子の姉妹の姉です。見ためがそっくりで、身内しか二人を見分けられないという千星(姉)と明星(妹)。ただ性格は正反対。男に甘えるのが上手でいつも告白されまくっているのが妹の明星。しっかり者で怖い性格、言うなれば委員長タイプなのが姉の千星、こちらは全くモテません。そんな二人の幼なじみが、同じ学年の男子・宮本。彼は身内以外で唯一二人を見分けることができるのですが、どうもモテる妹・明星ではなく、怖がられている姉・千星に気があるよう。しかしそれを良く思わない妹・明星は、宮本と誕生日に二人で出かけたことを千星に「デートだ」とアピールし、彼女を諦めさせようと画策します。それにより意気消沈する千星でしたが、その後さらに気持ちを落ち込ませる出来事が。明星がその帰りに交通事故で亡くなってしまうのでした。宮本との間には微妙なわだかまりが残ったまま、彼は引越しをしてしまい、そのまま疎遠に。千星は高校生へと成長をするのですが…というお話。
 

キミに小さな嘘ひとつ1
のっけから重要人物が亡くなるのですが、要するに死者により残された誤解やわだかまり、罪悪感の中を生きる少女の恋物語という位置付けのお話と言えるでしょう。すごいのは、亡くなった妹が完全に性悪の悪役であり、また死んでしまったのでもはや挽回のチャンスも無いというとこでしょうか。


 登場した当初は悪役でも、その後優しい部分や憎めない部分を見せ、後半に挽回するパターンがままあるわけですが、本作の場合は死んでしまった為にそういうフォローが難しい状況に。千星自身は自覚していないとはいえ、物語中でのこの役回りはだいぶ可哀想な気が。明確な悪役が、勧善懲悪的に死に追いやられ、さらに蟠りを残し続けるというのは、なかなかの衝撃でした。ただこのまま終わりとも思えず、またタイトルが意味するところの主体が明星であるという可能性もあると思いますので、ちょっとだけ結末に期待したいところです。
 
 あらましの流れから、明星の死後の宮本と千星の関係性が描かれると思いきや、宮本とは疎遠になり、高校生になってからは今のところ登場していません。そのかわり、千星のことを見分けられる謎の同級生が登場し、彼女の心の氷を解かしそうな雰囲気を醸し出しています。二人はまだ出会ったばかりで、これから関係を構築していくことになります。恐らくそこにさらに宮本が再登場し、三角関係的な流れになったりするんじゃなかろうか、と。傷を持たずに彼女を受け入れ理解してくれる男の子と、同じ傷を持ちこれまた彼女を受け入れ理解してくれる男の子の間で、揺れるといった展開が美しい(と、個人的には思っているのですが)。


キミに小さな嘘ひとつ
王道ならば宮本ですが、個人的にはこっちの彼が。「彼はトモダチ」の印象から、メガネキャラが良くてですね。



【男性へのガイド】
→これは女子っぽい感じが前面に出た作品かと。
【感想まとめ】
→1巻時点では登場人物と舞台装置を整えたという段階で、この後物語が一気に転がっていくものと思われます。静かでどこか物悲しい雰囲気をたたえた物語がお好きな方は、こういう作品はうってつけかと思われます。


作品DATA
■著者:吉岡李々子
■出版社:秋田書店
■レーベル:プチプリンセスコミックス
■掲載誌:プチプリンセス
■既刊1巻
■価格:429円+税


カテゴリ「プチプリンセス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。