このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2014.01.05
1106349283.jpgU-temo「そこにいたの西山さん」(1)


まぁそうなったら
おれがまた見つけてやるよ



■女の子と話すことが苦手なヘタレ男の百合ケ丘君と、影が薄くて誰からも気づかれないステルス女の西山さん。二人の共通点は、隣の席の結城さんに憧れていること。ひょんなことから、結城さんと仲良くなるための共同作戦を行うことになるのだが…。ピュアで甘酸っぱい、青春系学園コメディ!

 コミックジーンで連載されている、U-temo(ゆうても)先生の初単行本でございます。ジーンは「僕と先輩の鉄拳交際」(→レビュー)など、最近気になる作品が続々出てきているのですが、本作も面白かったです。雑誌の元々のコンセプトは「女性向けの少年漫画雑誌」ということらしいのですが、女性向けっぽさをあまり感じさせず、どちらかというと4コマ雑誌とかに載っていそうなイメージで、だからこそ余計に興味を惹きました。
 
 主人公はクラスでもやや目立たない存在と言える草食系のヘタレ男子・百合ケ丘くん。そんな彼が想いを寄せるのは、隣の席に座っている美少女・結城さん。なんとか仲よくなれないものかと、チラチラと結城さんを見ていると、結城さんの先からこちらを見る女の子と視線がぶつかる。何度となく目が合うため、「これはこの子、俺のこと好きだな…」なんて考えていたら、実はその子も結城さんと仲よくなりたいということが判明。西山さんという苗字のその子は、クラスの誰もが認識していないレベルで目立たず、さながらステルス機のよう。だからクラスの中心にいる結城さんに憧れ、仲よくなりたいのだという。お互いの利害関係が一致した二人は、その日から、結城さんと仲よくなるための策を協力しあい行うようになるのですが…というお話。


そこにいたの西山さん1−1
 西山さんのステルスっぷりは尋常でなく、いるのに欠席にされたり、目立たなすぎてイジメさえも起こらないような状況。視認されていないんじゃないかっていう(だからこその「ステルス」という表現)。ただそれなのに百合ケ丘くんにはやたらと高飛車で、いわゆるツンデレキャラ的な態度で対峙してきます。そのプライドはどこからくるのか(侵されたことがないからこそなのか)。


 物語は想像の通り、結城さんとはなかなか接近出来ず、二人の仲がどんどんと深まっていくという展開になっていきます。自分だけが見つけることのできる、オンリーワンな存在…心くすぐられますよね。ただ当人たちはそんな恋愛の気は見せず、結城さんと仲よくなることに必死。そちらに気が取られているからこそ、奥手な二人がこれといった抵抗も見せずに距離を縮めることが出来ているとも言えるかもしれません。物語が進むにつれて、百合ケ丘くんは西山さんの部分部分(仕草や体)に女性的な部分を感じるシーンが増え、一方の西山さんも、百合ケ丘くんを大事な友達として認識していくように。後追いで意識が追いついてくるあたりが、甘酸っぱくて素敵なんです。


そこにいたの西山さん1−2
基本ヘタレな百合ケ丘くんは、西山さんにやられっぱなし。ただ時に男らしい行動を取ったり。これもは、足を痛めた西山さんをおんぶしてあげる百合ケ丘くん。けれどおぶってみたはいいけど、その接触感にやられるという。


 恋愛的発展はこれから見られると思っているのですが、まずは1巻では二人仲よくなる過程を目一杯楽しみましょう。同じ話題で盛り上がれたり、放課後一緒に過ごせたり、友達ができて仲よくなるってだけで、とっても楽しいものです。そういった喜びみたいなものが、本作にはしっかり落し込まれていて、それだけでなんだか面白い。不器用な二人のぎこちない歩みを、優しい目で見守ってあげたくなる、そんな作品です。


【男性へのガイド】
→ジーンでなくとも、違和感ない内容。男性も是非、というか、男性に向いてると思ってます、はい。
【感想まとめ】
→女性向けという枠で見たときの物珍しさからプッシュではありますが、全方位でのマンガ作品として捉えた時も、これはかなり好みの内容。絵柄は安定せずではありますが、その初々しさもまた初々しい二人を彩るのに一役かっている感あり。2巻が楽しみです。オススメ。



作品DATA
■著者:U-temo
■出版社:メディアファクトリー
■レーベル:ジーンシリーズ
■掲載誌:月刊コミックジーン
■既刊1巻
■価格:533円+税


■試し読み:第1話(pixiv)

カテゴリ「ジーン」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。