このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2014.02.02
作品紹介→東村アキコのルーツが赤裸々に:東村アキコ「かくかくしかじか」1巻
2巻レビュー→後悔先に立たず…なのですが:東村アキコ「かくかくしかじか」2巻


1106359657.jpg東村アキコ「かくかくしかじか」(3)



両方は 無理なんだ


■3巻発売しました。
 美大を卒業したあと、就職せずに宮崎に帰った明子。日高先生に再会し…。少女漫画家を夢見たあの頃を描く、ドラマチック・メモリーズ第三弾!!
 

〜3巻です〜
 3巻発売しました。なんかすげーふざけた格好した表紙ですが、これちゃんとした思い出のひとつなんですね。枇杷も、ウサギの被り物も。
 
 

かくかくしかじか3-1
物語中では、先生と一緒に採った枇杷が思い出の一つとして語られるのですが、確かに年上というか、年配の人との思い出ってのは割と果物とか植物とかが絡んでいることが多いような気もします。


 私の場合、祖父母との思い出は、庭になっているプルーンの収穫と、くるみの収穫がそれ。特にくるみは思い出深くて、下から木の棒でばさばさとふるい落とすのですが、アスファルトにくるみが当たって割れる音と、周りをつつむ実の青臭い匂いが、今も仄かに思い出されます。そのくるみの木は、祖父が亡くなった後、周辺整備の一貫で切られてしまったのですが、その時は思い出が一つ失われたようで、すごく寂しかったのを覚えています。対象物こそ違えどくすぐられる感覚は主人公・明子と同じようなもので、自伝と言えど結構感動のスイッチが入ってしまいがちで怖い。


〜忙しいから出来る〜
 さて、3巻では主に大学卒業後の彼女が描かれます。ニート期間を経て、とある通信会社に入ることに。はい、ちょうど「ひまわりっ!」で描かれた頃と被ります。
 
 入社してから、多忙を極めた明子。しかしこの多忙が功を奏して、大学時代に一向に描くことのなかったマンガを仕事と絵画教室の合間に描き上げ、投稿。見事入賞し、デビューへと漕ぎ着けることになります。忙しいから出来るってのはなんとなくわかる感覚で、自分も残業しまくってる頃の方がちゃんとブログ更新してたし、資格の勉強とかもしていた気がします、今振り返ると。「仕事は忙しい人に頼め」とは仕事でしばしば聞かれる言葉ですが、不思議とそういう時の方が敏速に動けたりするのですよね。


〜その源泉がなんとなくわかった気がする〜
 さて、2巻のレビューの時に、「なんでこう言ったのか良くわからなかった」と言ったシーンがありました。それが、これ。
 
10年目くらいに子供のことを描いたマンガがポンっと売れて
私の口座に大きなお金が振り込まれた時
私は悔しくて悔しくて
しばらくそこから動けなかった


 感情の沸き立ちは、行動と結果を起因として沸き立つものですが、上記のシーンでの印象は、割となんてことない(簡単な)ことをやったのに大きなお金が入ってきたことへの違和感といった印象でした。そして3巻では、似たような状況が起こっているのです。それが、一気に書き上げたマンガが入賞して、9万円も入ってきたというもの。入賞をきっかけに、漫画か絵画かを選びとるという一つの転換点に明子は差し掛かるわけですが、そこで語られる絵画と漫画の対比が非常に印象的。


かくかくしかじか3−2
マンガは気楽で、絵画はしんどい。体力的にも、時間的にも、そしてお金的にも。大変さで言ったら、完全に絵画>マンガ。


 ここで先の2巻のシーンに立ち返ると、なんとなく合点がいくというか。こんなにも苦労して作り上げる作品(=絵)はこんなにも評価されないのに、絵ほど労力のかからない作品(=漫画)はこんなにも評価されるという状況への悔しさなのかな、と。もちろん明子自身はマンガの世界を自ら選びとったわけで、彼女のみが素直にその感情を感じるのは変な話。どちらかといったら、悔しいと感じるべきは絵画側の人であって、むしろ明子が感じるべきは「申し訳なさ」だったりします。けれどもここで敢えて「悔しい」と表現しているのは、それくらい相手の立場に立てる(想いを込められる)人が、あちら側(絵画の世界)にいるということで、それは他でもない日高先生のことなのでしょう。日高先生のような人こそもっと報われるべきといった感情が、そこにはあるのかな、と。また最序盤から匂わせている、先生の死と照らし合わせると、「このお金で孝行できた」みたいな感情もあったりなかったりするのではなかろうか、とも。

カテゴリ「cocohana」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

油絵のような古典アートな世界と決別して生きていく。それを多額の漫画収入というATMからの紙上の数字で認識した場面と捉えました。作者は恩師にも古典アートで生きて欲しいと期待されていた。美大受験、美大生活、宮崎での教室でのバイト講師といった日々。それらとの断絶の実感と恩師への申し訳なさ、期待に応えなかった自分自信への後ろめたさ。などと解釈しました。作者が真意を何処かで語ったそうですが、私は色々想像して楽しむために見ません。
From: たくや * 2014/12/27 13:13 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。