このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2014.02.04
1106359178.jpg羽柴麻央「星の子」


実は見えていなかっただけで
案外
後ろ向きに前進していたのかもしれない



■人生のひとかけらたちをつなげた、珠玉の物語。
人生は、星のように輝く。
ときに鮮やかに、ときに柔らかに…。
めぐりつながるいのちのものがたり。

 「私日和」(→レビュー)や「宵待ちブルー」(→レビュー)を描いた羽柴麻央先生の新刊です。先月に「花と天秤」(→レビュー)のほか、「箱庭ヘヴン」(→レビュー)の2巻が発売されており、まさに新刊ラッシュといったところ。どちらかというと遅筆な印象のある先生だけに、こうして新しいお話を連続して読めるのは、非常に嬉しいところであります。
 
 物語で描かれるのは、とある男の子の人生の各地点。主人公は路加(ルカ)と名付けられた男の子。そして、そんな彼を優しく、時に元気に育てるのが、母のあかり。この二人を中心に、どこにでもいるような普通の男の子の誕生と成長の節々を、静かな語り口で描いていきます。

 物語の詳細について書いていきたいのですが、ありふれた日常と成長の中に、一つの大きな転換点が訪れるというもので、そこを明かしてしまうと一気にネタバレ感が強くなってしまうので、そこは避けたいという。そんな中でどう語ろうか思案してみるのですが、なかなか難しいですねー。
 

星の子
 一つ、視点的なお話で描くとしたら、これは親にとっての物語であり、子にとっての物語でもあるということでしょうか。「星の子」とタイトルがつけられた物語が、本作では5編収録されているのですが、メインストリームとなるのは序盤3編。主人公・ルカの年齢で言うと、赤ん坊、高校生、そして大学生という地点で、どれもルカ視点で描かれています。けれども感覚としては、母→息子→息子という印象。なんでしょうね、子供がふと見せる不思議な表情だったり行動に理由付けをして、それを読んで嬉しくなる感情というか。「こう思っていたら、こう感じていたら嬉しいな」ってものを、落し込んでくれている喜びというか。私自身、子供はいないのですけれども。


 2話目以降は、自我の芽生え・確立と共に一気にルカ視点に。思春期真っ盛りであり、母親との距離の取り方もイマイチわからない頃(私は社会人になっても未だにわからんです)。それでもそんな中にふと感じることのある、変わらぬ親子の絆というか、親の愛というものが、くすぐったくも愛おしい感覚で心の中に沁みてきます。このお話を読み終わったあと、ちょっと親に会いたくなるかも、もしくは、子供に。


 本作ですが、表題作の他2編の読切りが収録されていました。中学生と高校生のある夕方のひと時を描いた「afterglow」と、地元に突然帰ってきた兄と過ごす妹の数日を描いた「眠れる森の少女」。


星の子2
どちらも心地よい余韻を残す良いお話だったのですが、個人的には俄然「afterglow」がお気に入り。中学3年のヒロインが、ひょんなことから高校1年の先輩と放課後を過ごすお話。何か起こりそうで起こらない、うら若き男女のやりとりが妙に甘酸っぱくて。で、最後が結構ビターというか。こういうラストだからこそ、余計に余韻に浸ってしまって、印象に残るという。何はともあれ羽柴麻央先生の作品ということで、オススメです。



【男性へのガイド】
→人と人とのつながりを描いた静かで温かい作品が読みたいという方に、ぜひ。男の子の人間臭さも売りの一つで、キャラに共感しやすい部分もあるかもしれません。
【感想まとめ】
→これまでの作品に比べて小手先でなく、なんとなく心の奥に響く感覚が強かったです。もちろんオススメ。


作品DATA
■著者:羽柴麻央
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット
■全1巻
■価格:400円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2014/02/07 21:54 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。