このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2014.02.09
110635940711.jpg氷堂涼二「切っ先3寸」


毎日みんなで
一緒に帰れるぞ!



■女の子の言うこと聞いちゃうドレイ体質だけど、剣道大好きの初心者・ヤサオ。剣道系美少女、鈴音と出会い、地味な同級生・佐々の正体を知った時から本気の「ブカツドウ」が始まった!天才剣士の出現に、たった5人の高校男子剣道部が本気になる夏がくる。ひと夏に懸けた、剣道部ボーイズグラフィティ。

 氷堂涼二先生の別冊花とゆめ連載作になります。氷堂涼二先生というと、新書館(ウイングス)のイメージが強いのですが、白泉社でも描かれております(「はらぺこバンピーノ!」全3巻)。本作は、とある普通の高校の剣道部の奮闘を描いた青春グラフィティでございます。
 
 主人公は女好きで軽いノリのヤサオ。放っておけば女の子と遊ぶ道に進んでしまいそうな彼が、高校では剣の道と出会い、それに夢中に。初心者なので当然ヘタクソ。けれどもへこたれず、日々部活に打ち込んでいました。そんな中出会ったのは、謎の剣道美少女と、そんな彼女が憧れる、元天才剣士のクラスメイト・佐々。剣道からは距離を置きたがっている佐々を、その積極さから半ば強引に剣道部に誘い出し、一緒に剣道をすることに。一人の初心者と、一人の実力者の1年生コンビによって、剣道部に思わぬ変化が…。人数はギリギリ5人、弱小剣道部のアツい夏が始まる…的なお話。


切っ先3寸
孤高の剣士・佐々。とはいえ気難しいというよりは、内気で人との距離の取り方を良くわかっていないというタイプ。ゆえに心に飛び込まれると、こんな反応に。これが魅力でもあるのですが、この赤面シーンだけやたらBL臭いっていう(笑)


 とある事情から剣道から距離を置いた孤独な実力者の心を、何も知らない明るい性格の初心者が掴み、一緒に剣道に打ち込むというストーリー。剣道部という題材もそうですが、男だらけで結構汗臭いストーリーでございます。とはいえキャラクターは割と爽やかだったりひ弱っぽい感じの男の子が多く、無骨な印象の男子はほぼゼロ。その辺でバランスをとっているのかもしれません。またマドンナチックな女の子も登場。しかし彼女は主人公には目もくれず、孤独な実力者・佐々に惚れているという。そのため青春ならではの恋愛の甘酸っぱさはほぼ無し。あ、でも先輩同士の恋愛めいた関係、結構良いです。

 弱小剣道部と言いつつ、5人のうちひとりは最強クラス(佐々)。先輩3人のうち2人もそこそこの実力者ということで、チームとしての力はそこそこあったりします。そのため初心者の主人公が育つ下地もあり、加えて人数も少ないので居心地が良いという。割と憧れる部活風景です。
 

【男性へのガイド】
→BLめいた感じとかは、ちょっと匂いたつかも。ただ基本的に間口は広く、とっつきやすい内容だと思います。あとはキャラ萌えできるか。
【感想まとめ】
→緩くも真剣ないい塩梅の部活もの。そんな力加減の青春モノがお好きな方は、是非どうぞ。


作品DATA
■著者:氷堂涼二
■出版社:白泉社
■レーベル:別冊花とゆめコミックス
■掲載誌:別冊花とゆめ
■全1巻
■価格:429円+税

カテゴリ「別冊花とゆめ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。