このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2014.02.12
1106368486.jpg唐々煙「シニガミ×ドクター」(1)


くたばれ
シニガミ



■満歴252年。植物が絶滅し、土が荒廃するこの時代、正体不明の奇病が発生した。人に巣食い、宿主の命と引き換えに大輪の花を咲かせる、悪夢の花。その名も、「死神の花」…。無能、ヒイキと周囲の評判は最悪の問題ドクター・一之瀬宗馬と対・「死神の花」専門の国家医療団=極楽苑の人々の活躍を描く近未来医療アクションファンタジー!!

 唐々煙先生のITAN連載作になります。近未来医療アクションファンタジーということで、この言葉だけだとよくわからないと思いますので、あらすじ紹介をば…。舞台となるのは近未来の日本(っぽい所)。この世界では植物が絶滅し、草木は一切存在していません。そん中、唯一生き残っているのが、人に寄生し死に至らしめる死神の花。その花を「奇病」とし、感染者の治療・(場合によって)駆除にあたるのが、「極楽苑」と呼ばれる医療組織。主人公は、そんな極楽苑でドクターをしている青年・一之瀬相馬。実力派揃いのドクター達の中、一人仕事が回ってこず、元気を空回りさせてトラブルばかり起こしている彼の「死神の花」との戦いの日々を描いたアクション作品となっております。


シニガミドクター1−1
咲く死神の花は一輪。ただし大輪。人をゆうに飲み込むほどの大きさとなります。風貌はグロテスクではなく、割と美しさもあるような…。


 人間に寄生し花を咲かす、さながら人間版冬虫夏草のような存在は、SFやホラー作品ではしばしば描かれる題材です。自分の記憶に強く残っているのは、「他純人格探偵サイコ」に出てきたやつでしょうか。あれはグロかった…。さて、本作で登場する死神の花は、患部や枝葉が伸びゆく様子はそこそこグロいものの、感染者は苦しみを感じることは無く、また大輪の花を咲かせるというところから、グロいというよりは不気味さが先行する印象。見ため結構手遅れじゃねーのってレベルでも、花を燃やせば助かったりするので、思いの外我慢出来る病気なのかもしれません(何を?)。
 
 そんな病気に立ち向かうドクターが、主人公の一之瀬相馬。問題児だけど自分なりのポリシーはしっかり持っている熱血漢というのは、いかにも少年漫画の主人公然としたキャラクターで、アクションが多分に含まれる物語において、その存在感を如何なく発揮します。こういうキャラはエリート揃いの中、雑草魂でのし上がる…というのがセオリーですが、彼の場合、極楽苑の院長の孫という出自である点が、面白い所。なので、周囲からはかなりやっかまれているという。そのせいか仲間も少なく、天然ボケっぽい看護師のひよちゃん(カワイイ)と、クソ真面目なお目付役の北城の3名と、割と少なめなチームで行動します。


シニガミドクター
北城さんがやっぱり抜群の存在感。怖いオッサンが、一つ物語にアクセントを加えてくれます。


 唐々煙先生の作品は様々な要素を落としこみつつもカッチリ魅せてくる安定感が魅力で、今回もさすがの仕上げよう。あと特筆すべきなのは、つかみと次巻への切り方が毎度秀逸という。今回もスタートから「『死神の花』ってなんだろう?」と興味を惹かせるような幕開けで、ラストではこれまでの流れからガラッと変わるであろう出来事を投入して幕引きさせるという。これは続きが気になるし、上手い。ただ番外編がその後載っているのですが、そこと本編の切れ目が分かり辛かったのがちょっともったいなかったかな、とも。ともあれ非常に読みやすい作品に仕上っております。


【男性へのガイド】
→お色気要素が少なめなぐらいで、エッセンスは少年漫画のソレかと。男性でも割と取っつきやすいのではないでしょうか。
【感想まとめ】
→さすがの安定感。こういった設定のお話が好きな方であれば、まず満足出来る内容かと思います。


作品DATA
■著者:唐々煙
■出版社:講談社
■レーベル:KC ITAN
■掲載誌:ITAN
■既刊1巻
■価格:581円+税

カテゴリ「ITAN」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。