このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2014.02.16
作品紹介→乙橘「少年メイド」
2巻レビュー→千尋の意見を尊重すること《続刊レビュー》 乙橘「少年メイド」3巻
4巻レビュー→赤面する男の子女の子がかわいすぎるっ…!:乙橘「少年メイド」4巻
5巻レビュー→まったく…かわいいなぁおい!:乙橘「少年メイド」5巻



1106364289.jpg乙橘「少年メイド」(7)


…円
ありがとう



■7巻発売しました。
 「オカン」な、ちーちゃんがビシバシ、ドタバタ大活躍する待望の第7巻が登場!掃除・洗濯・料理が完璧な優秀メイドが男子小学生だなんて、可愛すぎるに決まってる!!夏祭りに修学旅行、楽しい事をみんなで過ごす中で、千尋はもどかしい気持ちを抱えて「おばあちゃん」との距離を少しずつ縮めていく。


〜夏祭りで恋祭り〜
 7巻発売しております。なかなか進まない本作ですが、そもそもゴールが明確でないので、問題ないのです。というわけで、7巻も日常的なコメディがメイン。夏祭り、修学旅行とイベントは意外にも豊富でございました。特に印象的だったというか、楽しかったのが夏祭り。
 
 夏祭りと言えば、恋ですよ、恋。はい、乃村さんです。今回は周囲の協力なプッシュによって2人きりになるという、彼女にとっては思っても見ない展開に。しかしこのチャンスをあざとくものに出来るほど、乃村さんにはテクニックはありません。せっかく2人きりになったというのに…
 

少年メイド7−1
無理ー!!!


 この反応が可愛い。良いですね、初々しいです。そしてもう一つ驚くのが、千尋の反応。普通小学生の男子だったら、意図的に女の子と2人きりにさせられているのを察したら、恥ずかしがって冷たい態度を取ってしまったりするではないですか。そんな状況に気づいていないというのもあるのでしょうが、実に自然に、そして時に気遣いすら見せるという、その大人な反応に感心し通しでした。この子は良い子ですよ、ほんとに。乃村さんは男見る目あると思う。うん。


〜日野くんがオトナすぎてビビる〜
 さて、大人っぽいと言ったらこっちでも。日野くんです。乃村さんと千尋が2人きりになっている一方で、日野くんも美耶子ちゃんと二人きりに。美耶子ちゃんが「日野くんは他の誰かと一緒になりたかったのでは!?」なんて想いを抱えていたところ、


少年メイド7−2
この反応


 お上手すぎるだろ。「こんな男子小学生いないぞ、おい」と思わず突っ込んでしまったのですが、スマートすぎてビビります。これ、美耶子さんを安心させるための言葉であり、同時に彼女をエスコートするためにお手を拝借しようとしている図ですからね。言葉でも行動でもカッコイイ。この作品の少年達はオトナすぎて、素敵であると同時に、もっとダメな子が居てもいいんだよ、とかちょっと思ったりします。なので、久々に登場した竜児が好き放題やっていたのを見て、不思議と安心してしまったのでした。


〜離れてわかるつながり〜
 7巻は今まで以上に、千尋と円のつながりの強さを再確認させられた巻だったかな、という印象が強いです。祭りの後のシーンから、修学旅行でのやりとりも。日がな二人の絆は深くなっていっているんでしょう。そしてそれをちゃんと自分達で認識出来ている、その事実が大事なのだと思います。
 
 しかし円と千尋の関係を見ていると、完全に母と息子ですよね。息子は母の愛を時にうざがるわけですが、円の場合はそれはなし。与えられる愛をありのままに受けているという。これぐらいの素直さをもって接する事ができれば、親子はもっと良好な関係を築けるんじゃないかと、少し思いました。

カテゴリ「B's LOG」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。