このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2014.02.22
1106368449.jpg葉月かなえ「好きっていいなよ。」(12)


確信なんてものはないけど
決めて
前に進むしかない



■12巻発売しました。
 高校1年から付き合いはじめた橘めいと黒沢大和は、3年に進級。将来を真剣に考えはじめるめいたちだけど、なにやら大和の様子が…。一方、新入生の双子、凛と蓮はめいやみんなになじみ、それぞれの想いが大きく動きはじめる…。
 

〜安定と不安定が入り交じる12巻〜
 12巻発売しております。付き合って結ばれて、引き続き二人の仲は盤石。安定した二人です。二人の仲が恋愛絡みで危機に陥ることは、この先まずないと思われ、物語は「二人の成長」というところに専らスポットが当てられて来ています。今回も、二人にとっての“課題”が浮かび上がり、それに対してアプローチしていくという内容でした。


〜めいが彼のために動く番〜
 これまでは、めいはどちらかというと受動的で、自ら誰かのために積極的に動こうとする人ではありませんでした。これまでの一番の頑張りってなんでしょうかね。あの文化祭のミスコンに出た事でしょうか。あれも彼女なりに頑張ったイベントでしたが、出るきっかけは周囲の推薦によるもの。彼女自ら全てを決めて…というアプローチではありません。それが今回、彼女は自ら動くことになります。
 
 きっかけとなったのは、もちろん大和。「自分の進むべき道」「やりたいこと」を模索し、写真に手を伸ばしてみるも、イマイチ納得のいく写真が撮れず思い悩む彼を案じ、取った行動は…
 

好きっていいなよ12-2
めぐみにカメラマンを紹介してもらえないか頼みに行く


 なんだかんだ長い間大和と付き合ってきましたが、めいが本当の意味で「彼のため」に行動したのって、何気にこれが初めてなんじゃないか、と思います。もちろん色々大和のためにしてきたわけですが、それはある程度答えが見えていたり(確実に喜んでもらえるとか)、彼への恩返しのような位置付けの行動が主。今回は、答えが見えない中で「なんとか彼の力になりたい」と、保身も何もなくただただアクションを起こすというもので、これまでの行動とは若干毛色が異なる印象がありました。
 
 またすごいのは、彼女が頼りにしたのが、かつて恋のライバルであっためぐみであるというところ。この年頃(てかこの年頃じゃなくても)、一時でも恋で争った相手を頼りたいとは思わないんじゃないかなぁ、普通。でも彼女は、そんなことお構いなしにめぐみに一直線。きっとそんなこと意識するまでもなく、大和のことが心配で仕方がなかったのでしょう。
 

好きっていいなよ12−2
 切羽詰まっためいは、想いがあふれて涙を浮かべてしまうのですが、彼女の一生懸命さが伝わってきて、グッときました。


 最初の頃は「誰にも頼らない」といった姿勢がありありと見えていた彼女が、大好きな人が出来ることで、誰かのために懸命に行動することもできるようになるし、誰かを頼るということもできるようになるという。そして、相手がどんな状態になって受け入れるという、器の広さまで。これまでの歩みは非常にゆっくりではありますが、振り返ってみれば大きく成長していることに気づき、驚かされます。


〜良い身長差です〜
 大和とめいがこんな感じではあるのですが、きちんと恋愛面でも物語の補強はあります。それが、前回から引き続いて、海と凛の二人。凛ちゃんは相変わらず強烈なキャラをしております。とにかくゴーイングマイウェイで、非常に人生が楽しそうです。傷を傷とも思わなそうな彼女が、ある種傷だらけの海に惹かれるというのは面白いですよね。なかなか噛み合なそうな二人ですが、12巻後半のツーショットの身長差が実に丁度良い塩梅で、「あー、この二人良いわ」と、妙に納得してしまったという(笑)
 
 でも海はやっぱりめぐみが良いと思うのですよ。お互いを理解しあえる関係にあると思うんですけどねぇ。しかしめぐみは恋愛よりもモデル業に重きが。しかも海外へ行くということで、なかなか厳しいのかも。もし仮に凛とくっついたとしたら、モデルでも恋愛でも良い事尽くめで、幸せしか知らない羨ましいキャラになってしまうではないですか…!って所から、両取りってパターンはそんなにないと思うんですよね(葉月かなえ先生の作品に出てくるキャラは、ビターな経験を経てこそ魅力が増しますし)。それがモデルなのか、恋なのかは分かりませんが、どちらかでめぐみが笑ってくれていると嬉しいですね。


【関連記事】
作品紹介→葉月かなえ「好きっていいなよ。」
3巻レビュー→根暗と幼女とヤリマンと・・・ 葉月かなえは計り知れない 《続刊レビュー》 「好きっていいなよ。」3巻
4巻レビュー→まだまだ幅を見せつける,どんどん面白くなる 《続刊レビュー》葉月かなえ「好きっていいなよ。」4巻
5巻レビュー→努力をしてきた子は美しい:葉月かなえ「好きっていいなよ。」5巻
6巻レビュー→弱い心が人を傷つけてしまう:葉月かなえ「好きっていいなよ。」6巻
7巻レビュー→あたしは表で生きていきたいのよ:葉月かなえ「好きっていいなよ。」7巻
8巻レビュー→自分の中に“女の子”が満ちていくとき:葉月かなえ「好きっていいなよ。」8巻
9巻レビュー→自己評価の低い女の子との付き合い方:葉月かなえ「好きっていいなよ。」9巻
10巻レビュー→体に触れて、心に触れる。:葉月かなえ「好きっていいなよ。」10巻
11巻レビュー→見なくてはいけない未来:葉月かなえ「好きっていいなよ。」11巻
関連作品レビュー→葉月かなえ「堀高ハネモノレンジャー」 葉月かなえ「あれもしたい、これもしたい」

カテゴリ「デザート」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。