このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2014.04.03
1106377852.jpg芦原妃名子「Bread&Butter」(1)


“出逢い”って
奇跡だな



■そのひとの焼くパンは、しあわせの味がしました。
 柚季は、ある事件をきっかけに教師を辞め、婚活をはじめるがうまくいかない。自信をなくしかけた矢先、文具店の片隅でパンを焼く風変わりな洋一と出会う。少しずつ優しく分かり合っていく、大人の恋の行方は?

 「砂時計」や「Piece」などの芦原妃名子先生のCocohana連載作です。ついに芦原妃名子先生までもCocohanaですか。実績ベースの連載陣の豪華さで言えばflowersが一歩抜きん出ている感がありますが、ここ最近のCocohanaの追い上げっぷりがすごいですね。
 
 さて、今回のお話はCocohana連載ということもあって、ヒロインの年齢がちょっと上がっています。主人公は、とある出来事がきっかけで小学校の教師をやめた34歳独身の柚季。何か計画があって辞めたわけでもないので、とりあえず婚活をしてみることに。しかし出会う相手の誰もがしっくり来ず、落ち込み気味に…。そんななか柚季は、手作りパンを売る文具店という奇妙な店を営む、洋一に出会います。風変わりな彼に、最初はたじろいだ柚季ですが、彼の作るパンは、彼女の心をフッと軽くさせる優しい味が…。


breadbutter1-1.jpg
その味に心ほどかれたからか、柚季はふと洋一に「私と結婚しませんか?」と口走ってしまいます。思わぬ失言に自分で焦る柚季でしたが、洋一の返事はまさかの「OK」。出会って間もない二人が、結婚を前提にお付き合いしていくのですが…というお話。結婚からはじまる恋です。


 30も半ばの男女が出会い、紡ぐ恋。この歳になれば、恋愛の一つや二つ経験し、人生の甘みも苦みも十分に知り、心にも無数の傷がついています。そんな中で描かれる、お互いの傷に知らずに触れ、時に癒し合うような、優しさと遠慮が混ざり合う温かい恋模様。たぶんその裾野は決して「恋」だけに留まらず、その人の人生といった所まで広がるのでしょう。「再生」と「やり直し」の物語とでも言いましょうか。年を重ねる毎に、純度の高い「恋心」を抱くのは難しくなり、自身を構成する様々なファクターが恋愛感情と同居するようになるじゃないですか。そういった所もきちんとすくいとっていますよ、と。
  
 本作のキーアイテムとなるのは、タイトルにもなっているように“パン”です。パンを食べて救われる…というのは女性向け作品でしばしば目にする気がするのですが(「てのひらのパン」とか)、これってあんまり男性にはない感性だなぁ、と。私もパンは好きなのですが、かといってパンを食べて人生救われるかというと、そんなことはなく。男はもっと肉々しいものとか好きですよね(偏見かもですが)。こうして物語で扱われるパンは“食べる”だけでなく、“作る”過程も重要視されていることが多いです。また本作のメロンパンのように、菓子パンという“甘いパン”もバリエーションとして取り得るため、パン作り+甘味という組み合わせがより女性に親しみやすいものになっているのかな、と。


breadbutter1-2.jpg
パンの味だけじゃない、作り方からもその人の性格や人柄が見え隠れする。パン作りは奥が深いのですよ(作ったことないですけど)。


 本作では早々に「結婚」というワードが飛び出すのですが、出会ってすぐに結婚という流れは、「砂時計」でも描かれているんですよね。あちらは一時の癒しは生んでくれましたが、結局その関係が成就することはありませんでした。果たして今回はどう描き、どう落してくるのか、「砂時計」との比較でも楽しみであります。
 
 芦原妃名子先生の作品は、どれも設計図を元に作られているような「計算してます」感が感じられるのですが、本作はこれまでに比べるとそういう感じが薄いです。というのも、最後に飛び込んで来た要素が突拍子もなさすぎてですね…。恋愛に仕事に、結構欲張りに伏線のタネを詰め込んだ形になっているのですが、しっかり回収出来るのでしょうか。これが実績のない新人漫画家さんだったら不安になるのですが、芦原妃名子先生なので大丈夫かな、という想いもあり。これをどう料理していくのか、単純に興味があります。ひとまず、ありふれた男女の等身大の恋…という所には落ち着かなそうですね。


【男性へのガイド】
→芦原妃名子先生の作品は、テーマ云々おいておいて、すごく読みやすいし、読み応えがあります。本作も大丈夫。
【感想まとめ】
→先の連載2作に比べると「これは名作になるで!」という感じは弱いのですが、とはいえ1巻しっかり読ませてかつ面白い。1巻ラストで投入されたネタをどう転がすのかも興味があります。


作品DATA
■著者:芦原妃名子
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックスCocohana
■掲載誌:Cocohana
■既刊1巻
■価格:419円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「cocohana」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。