このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2014.04.29
1106368473.jpg北駒生「あさめしまえ」(1)


ごちそうさまでしt
おいしかったね



■日高元、20代男子。子供のころ食堂「アサメシマエ」に救われ、料理人の道へ。食堂の閉店を知り、「アサメシマエ」の一人娘・早夜子に店の再開を申し入れるも突き放される。悩んだ元はようやく朝ご飯の意味をみつけ……?土鍋ご飯&白身のスープ、肉ジュワーな生姜焼き入りのピタパン、二日酔いに効く中華粥などなど垂涎のメニューはもちろん、心と体を満たす朝ご飯の物語を収録。

 北駒生先生のデビュー単行本になります。「甘々と稲妻」や「いつかティファニーで朝食を」に代表されるよう、ここ最近なんだかご飯マンガや朝ご飯フィーチャーの作品が、なんだか人気。BE・LOVEで料理マンガというとあまり印象がありませんが、果たして本作は定着できるでしょうか。
 
 主人公は20代の料理人・日高元。子供のころに空腹で苦しんでいるところを、食堂「アサメシマエ」を経営する一家に救われ、以来そこの朝ご飯を食べ育ちました。料理人となり数年経った頃、そのアサメシマエの旦那さんが亡くなり、食堂は閉店することに。そこで一悶着ありつつも、アサメシマエを継ぐことになった彼は、朝ご飯を通して様々な人と触れあうことになるのですが…というお話。


あさめしまえ1-1
美味しいものを食べた時の、この表情。あさごはんから、こういう表情をしたいものです。


 非常にオーソドックスなスタイルの料理マンガ。1話完結方式で、そこには悩みを抱えるご近所さんがいて、料理をきっかけにその悩みが解決するというもの。特徴はタイトルにもある通り、料理でも朝ご飯にスポットを当てているという。一応食堂でメニューも固定的ではあるのですが、引き継いで間もないこともあり試行錯誤の段階で、また町の食堂らしく自由度は高めです。登場する料理の方は、場所が場所だけに和食に偏りがちかと思いきや、息子の健康を案ずるお母さん向けにピタパンが登場したりと、意外性もあったりします。
 
 朝ご飯って、学生時代はなかなかそのありがたみがわからなかったりするじゃないですか。高校までは当たり前に出てくるもので、大学で親と離れて暮らしても、別に食べなくても大丈夫じゃん…と。ただ社会人になってみると、痛いほどそのありがたみがわかるという。朝ご飯食べると食べないとじゃ、日中全然違いますし、あとは温かみを感じつつ一日をはじめられる素晴らしさというか。朝ご飯は朝ご飯でも、温かいのが俄然嬉しいのは何故なんでしょうね。そしてこういった料理マンガも、一人暮らしが長引くと余計に心に響くようになるのです…。


あさめしまえ1-2
料理マンガでは定番の土鍋ご飯。表紙で卵かけご飯をピックアップしているように、意外とシンプルな料理も登場してきます。朝なので、そう手間はかけられないということでしょうか。


 主人公の日高元は、女性向け作品としてはどこに訴求してくるのかわからない人物と言いますか、共感性を有無同年代の同性でもなければ、イケメンでもなければ、しっかり者でもないという。むしろ人間的には中途半端な感じで、それが個人的には非常に親しみやすい感じはあります。大きな枠としての物語は、彼の成長と共に、アサメシマエを営んでいた親父さんの娘・早夜子(年上バツイチ子持ち)との関係醸成といったところがありますが、メイン読者はこの早夜子側からの視点で物語を見ているのかも。


【男性へのガイド】
→料理マンガがお好きならば、まず間違いないところです。
【感想まとめ】
→最近料理マンガがやたら沁みてきまして。読むと食欲と元気が湧いてきますね。余計なものを足さず引かずの、安定の朝ご飯マンガでした。


作品DATA
■著者:北駒生
■出版社:講談社
■レーベル:KC BE・LOVE
■掲載誌:BE・LOVE
■既刊1巻
■価格:581円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「BE・LOVE」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。