このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2014.07.05
1106402485.jpg鈴木有布子「箱の中のいつかの海」


生と死は波のようやね
繰り返し
繰り返し…



■実家の仏壇の片付けをしている最中に見つけたひいばあちゃんの手紙。二重になっている底を外すと、古い婚姻届と木の箱があった。婚姻届にある見知らぬ名前。それはひいじいちゃんのものではない。いてもたってもいられず、謎を探りにあかりは四国へ。遠い親戚の亮とともに、先祖の秘密に近づいていく…。

 「星川万山霊草紙」(→レビュー)などを描かれている鈴木有布子先生のBE・LOVE連載作です。とあるOLの、長期休みを利用した自分のルーツ探りの旅を描いた1巻完結もの。物語は、実家の仏壇を片付けているところからはじまります。片付けで見つけたのは、ひいおばあちゃんの名前が書かれた婚姻届。しかしそこに書かれていた相手の名前は、ひいおじいちゃんのものではなく、見知らぬ男性のものでした。賢妻で恋患う印象など一切ないひいおばあちゃんと、どうしても結びつくことの無いその婚姻届に興味が湧いたあかりは、そこに記された住所を頼りに、一路四国へ向かうのでした。しかしその先で出くわすのは、ひいおばあちゃんの名前を出すと顔をしかめる人たちばかり…。謎だらけの祖先の出自を、一つずつ紐解いていくのですが。。。というお話。


箱の中のいつかの海
向かった先で出会ったのは、親戚にあたる男の人。どうやら彼も、色々と事情を知っているようで…。


 祖父や祖母の出自が自分の思っていない所にあり、興味を持って調べ始めるも、そこでつきつけられるのは「裏切り者」や「気狂い」といった思いもよらない評判で…という流れは、最近だと「永遠のゼロ」が思い起こされます。あちらは孫が祖父のルーツを追い求めたお話ですが、こちらはひ孫が曾祖母のルーツを追い求めたもの。働き詰めから解放され、また男女関係で少し傷ついた直後のアラサー女子が主人公ということで、アプローチこそ似てはいるものの、描かれる物語は全く異なるものになっています。
 
 今自分が存在しているということは、脈々と血が受け継がれて来たということに他ならないのですが、一般人の代重ねなど実にはかないもので、2代3代となるとそのルーツはわからなくなり薄れていくものです。私も祖父母はすでに他界しており、あくまで父母から伝え聞いた程度しか知らないのですが、確かに話を聞くとなかなか興味深いものではあるんですよね。例えば私の母方の祖父は富山の薬売りだったらしいのですが、薬売りに来た先で祖母に一目惚れし、長野に永住してしまったという。父方の祖父も割と惚れっぽい性格だったようで、どうやら私には女好きの血が色濃く流れているみたいです。少なからずその人の血が入っているわけですから興味も湧くもので、もし自分にも時間があったら、ちょっと調べてみたいものです。
 
 なおこのお話が「物語」として成り立つのは、思わぬ「悪評」が先祖を取り巻いているからであって、その揺り戻しが感動につながるわけですから、実際に自分達がやってみてもこんな風にはならんのでしょう。大きな物語がそこにあるわけではありませんが、過去と現在をそれぞれ丁度良いバランスで描き展開させる所はさすが読んでいて安心感のあるところ。良いお話でした。


【男性へのガイド】
→この物語に出てくるひいおばあちゃんに共感できる感性を持っていると、より感動は増すのだと思います。となると、やはり女性の方がそこは。
【感想まとめ】
→無理なく1巻にキッチリ収め、最初から最後まで澱みなく読ませる安定感。大きな感動のあるお話ではありませんが、読み終わった後の満足感は確かかと思います。


作品DATA
■著者:鈴木有布子
■出版社:講談社
■レーベル:KC BE・LOVE
■掲載誌:BE・LOVE
■全1巻
■価格:580円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「BE・LOVE」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。