このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2014.08.01
1106422116.jpg大久保ヒロミ「人は見た目が100パーセント」(1)


知らなかった…
世の中の女の人ってこんな大変な思いして
オシャレしてるの!?



■真面目で優秀な研究員・城之内、佐藤、前田。「一応服は着ているから」「ちゃんとお風呂には入っているから」と自分に言い訳をし、「女子力」や「美」に背をむけた人生を歩んでいた。が、このままではいけないと、就労後に「美」の特別研究をし始めて!?「女子」になりたい、けれどなれない「女子モドキ」たちが、美と価値観を問いかける抱腹微苦笑ビューティー研究ギャグ、実験開始!

 「人は見た目が9割」という本が一時期ブームとなりましたが、こちらはもっと強気です。なんせ100%ですから。というわけで、「人は見た目が100パーセント」のご紹介です。タイトルは似ている(というかパロっている)のですが、先述の啓発本のような内容ではなく、むしろ本作では自虐めいた側面が強いです。
 
 主人公は表紙に描かれている3人の女性。某製紙会社に研究員として勤めている彼女たちは、左からそれぞれ40歳、30歳、25歳。世代は違えど、抱える悩みは同じ…それは、身なりを気にしないでよい職場にいるがゆえに抜けてしまった「美」や「女子力」といった意識。気がつけば女子ではなく、女子のような風貌の「女子モドキ」となってしまった彼女達は、業後研究室に残り、日々美の研究をするのですが…というお話。


人は見た目が100パーセント1−1
「自撮り」での一幕。知識はネットや雑誌で手に入るけれど、いざテクニックとして身につけるまではハードルが高いのです。試行錯誤の過程が、笑いのポイント。


 女子力を失った女子達が、最近の流行りものに挑戦していくというギャグコメディ。連載誌はBE・LOVEですが、こちらはBE・女子とでも言いましょうか。取り上げるテーマはどれも女子っぽいもので、男性からすると「縁遠すぎてよくわからん」という感じでもあるのですが、女性の中にもハードルはあるようで。栄えある第1回は「つけまつげ」、以降「柄パン」「ナチュラル太眉」「自撮り」「ネイル」「オシャレ下着」と取り上げられる題材は多岐に渡ります。テレビや女子の会話でなんとなく耳にするけど、自分がやるにはハードルが高い…だったらみんなで一緒に飛び込んでみればいいじゃないという精神で、女子モドキ達がやりたい放題。みんな知らないから、無茶な提案しがちという。
 
 キャラ分けも上手いこと出来ていて、25歳の佐藤さんは見ての通りのぽっちゃりタイプ、30歳の城之内さんはメガネスレンダー、そして40歳の前田さんは子供もおり非モテというわけでもないのですが、なんとなくバブルの匂いを引きずっているという。それぞれ年代もタイプも異なるので、ネタのアプローチは様々。すごい個人的な好みで言うと、城之内さん、好きなタイプです。奥ゆかしさがあって良いじゃないですか。


人は見た目が100パーセント1−2
「ネイル」での一幕。こういうチャレンジでは意味がわからない言葉が出てきがち。これとか割とありそうなネタですよね。ちなみに「オフあり」とは既にしているネイルを取ることを言うようです。


 男には直接関係のないネタなので普通に笑っているのですが、ふと冷静になると、女子って本当に大変だなぁ、と思わされます。見える所、見えない所、色々と気を遣うポイントがあるんですよね(そしてお金もかかる)。ただ男性も同じ話で、こういうの気をつけないと私服とか本当に酷くなりがち。私はシステム系の部署にいるのですが、普段スーツな分、休日出勤などで私服になったりすると「お前ら大学の時から服変わってねーだろ」みたいな人が高確率でいるという。明日は我が身でございます。

 ちなみにこれらの題材は全てが「男ウケ」ありきじゃないという所もポイントかと。例えば「ネイル」なんかはあんまり男性は好まないですが、女子は大好きというシロモノですよね。自分のためにするもの、女子同士での牽制、男子ウケ…様々なファクターが絡んで、女子のオシャレというものは出来上がっているのですね、複雑です。逆に男性はこの辺を敏感に察知して褒めればモテたりするのでしょうか。


【男性へのガイド】
→女子は色々と努力しているんだということを知ることが出来るので、勉強のために如何でしょうか。こういう所に気づいて褒められると、なかなかポイント高いような気がします。
【感想まとめ】
→ネタは流行りものなので、基本的に賞味期限は早そう。柄パンとか来年にはもうどうなっているかわからないですし。旬がわかりやすいからこそネタも美味しく(面白く)なるわけで、読むならまさに今。


作品DATA
■著者:大久保ヒロミ
■出版社:講談社
■レーベル:KC BE・LOVE
■掲載誌:BE・LOVE
■既刊1巻
■価格:580円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「BE・LOVE」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。