このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2014.08.04
1106422083.jpg江本晴「恋のウニフラ」(1)


私と恋愛してくれませんか?


■恋を忘れた少女漫画家、キクコ。26歳、彼氏ナシ。そんなキクコが運命の出会い!?久しぶりのトキメキを感じた相手は恋を知らない少女マンガ編集者・瑞江(28歳・童貞)だった!しかしマンガ業界において、マンガ家と編集者の恋は御法度!どうなる2人の恋…禁断のラブコメのスタートです!

 江本晴先生のKISS連載作になります。「恋のウニフラ」というタイトルなのですが、“ウニフラ”とは“ウニフラッシュ”の略で、マンガで心情を現す時に登場するウニみたいな吹き出し的なあれ。下の方に画像出していますので、ご覧ください。なんでウニフラかというと、ヒロインが少女漫画家さんで、そのお相手となるのが編集者だから。
 
 主人公は主に売れっ子のアシスタントで生活費を稼いでいる売れない少女漫画家・キクコ。作品は描けども、担当編集からはダメ出しの嵐で、未だ先は見えません。26歳、そろそろイイ歳、けれども仕事は不安定で、頼れる恋人もいない…沈んだ彼女でしたが、一人の男性との出会いが彼女の心を復活させるのでした。後日ひょんなことから再会してびっくり。なんと彼は、彼女がお世話になっているマンガ雑誌の編集者だったのでした。しかも何故か、女性と付き合ったことがなく未だ童貞という彼から「私と恋愛してくれませんか」とお願いされて…というストーリー。


恋のウニフラ
これがウニフラ。タイトルに使っているだけあって、作品中でも度々力の入ったウニフラが登場します。


 28歳で女性経験ナシ、しかも掲載誌の編集部員…収入こそ良いものの、26歳女子としてはなかなか手を出し辛い相手でございます。けれどもヒロインのキクコは彼の「恋愛」のお願いを受け入れてしまうんですねー。それは単純に心ときめいたからだけではありません。初々しい彼とのやりとりをそのままマンガにしてみたところ、担当編集から好評だったため。長らく恋愛から遠ざかっていたため、描くマンガも薄っぺらかった彼女。ゼロから何かを生み出すほどの才能もなく、キャリア的にもラストチャンスの気配…もうここにすがるしかないという背景もありました。久々の恋のトキメキに加え、仕事も好調に働く気配…一石二鳥な恋愛に見えますが、とはいえ相手は編集者なので周囲には絶対に言えないですし、何より童貞なので女性の扱いに慣れておらず、相手の言動に落ち込むこともしばしば。決して楽な道ではないのです。
 
 編集の瑞江さんは28歳童貞ということですが、すごい性格が捻くれているとかそういうことはないのです。中高男子校で、大学は理系、社会人になってからは「自然研究」という雑誌一筋で仕事に明け暮れていたよう。いわゆる草食系の理系男子で、人柄は真面目で誠実。但し女性と関わる機会が殆どないので、女性に対する細やかな気遣いはできないというアレ。一方のキクコもしばらく恋愛から遠ざかっており、男子に対する免疫力は低下中。ということで、お互い20代中盤〜後半という年齢にも関わらず、「大人な恋愛」といった雰囲気は皆無の実に初々しい光景がそこに。当人達は必死なんでしょうけど、時に滑稽、時に羨ましい恋模様が繰り広げられます。
 

恋のウニフラ1−1
バレたらいけないので、変装してのデート。その真面目さに、ヒロインは惹かれていく。あとちょっと恋愛経験あるぶん、こちらの方が優位に立てる感覚も新鮮のよう。


 ヒロインは先述の通り才能に溢れた漫画家ではなく、崖っぷちで、自分切り売りでなんとか食いつないでいけそうという状況。編集のダメ出しにもめげずに描いてやる!といったガッツもなく、「この瑞江との恋にすがる!」というある種の開き直り感すら窺えます。一応漫画家漫画ではあるのですが、この恋愛を通して彼女が漫画家として成長するといったストーリー展開は可能性としては低そうです。あくまでメインは恋愛であり、マンガは恋愛を進めるためのアイテムといった位置付けで読むのがちょうど良さそう。
 
 ちなみに本作の表紙デザイン、先日ご紹介した「海とドリトル」にすごく似ている気がするのですが、これはわざと似せているのでしょうか。背表紙とか、レーベルで統一したのかな?とか思ってしまうほどで、表紙もなんとなく構図が似ている感があるという。もしまだ見ていない方がいらしたら、書店に行かれた際に見てみてください。


【男性へのガイド】
→瑞江さんは鼻にかからないタイプの男性で、応援してあげたくなります。男性ウケ良さそう。
【感想まとめ】
→面白かったです。「ラブコメ読んでるなぁ」という感じのする純度高めのラブコメ作品でした。割とあれこれ急展開するのですが、余計な要素を詰め込んでいないのですんなり内容が入ってくる、読みやすい作品でございました。


作品DATA
■著者:江本晴
■出版社:講談社
■レーベル:KC KISS
■掲載誌:KISS
■既刊1巻
■価格:429円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「Kiss」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2014/09/11 19:15 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。