このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.17
1106433471.jpg夏目ココロ「わたしと繁殖いたしましょう」





■ハレンチ美女・乙姫、降臨!!
 合コンで出会った美女は、地球人の繁殖相手を捜しにきた地球外生命体だった!そんな乙姫のモーレツ♥な求婚に、カズキの男心はぐらつきまくる。だが、乙姫と恋愛成就しSEXすればなんと、もれなく「地球滅亡」になるらしく!?それっていったいどういうこと!!?
 
 夏目ココロ先生のITAN連載作になります。「平安女子部!」(→レビュー)は平安時代に女子高生がタイムスリップしてファッション革命を起こすというもので、「黒鉄ガール」(→レビュー)は女子高生と巨大ロボットを描いたお話。どれもSFチックな要素が強いのですが、今回もファンタジックな要素を絡めたお話となっています。
 
 なんというか、ダイタンな表紙ですこと。ただ中身も負けず劣らずという感じです(エロいってワケじゃないんですが)。主人公は女の子よりも見た目がカワイイのがちょっとしたコンプレックスの大学生高校生・カズキ(高校生だったようです申し訳ありません)。そんな彼が合コンで出会ったのは、フェロモンムンムンな美女・乙姫。合コンから抜け出してなんとなくいい雰囲気になったと思ったら、彼女からまさかの「繁殖しましょう」との言葉が。そして気がつけばUFOっぽいものに吸い込まれてしまうではありませんか。ワケが分からないままに話を聞いてみると、どうやら乙姫は地球外生命体で、地球には繁殖相手を求めてやってきているらしいとのこと。ただし繁殖したが最後、その地球外生命体は地球を乗っ取り、人類は死滅してしまうというのだ。絶対にHはしちゃいけない…けれども乙姫は実に魅力的。。。時折暴走しがちなアツい乙姫からのアタックを、カズキは躱しきることができるのか…というコメディ。
 

わたしと繁殖いたしましょう
色恋的な感情はあまり持ち合わせておらず、とにかく繁殖が第一。なのでかなり大胆な迫り方になります。そこに主人公は戸惑いまくり。ちなみにおっぱいはたびたび登場します。表紙でも脱いでますしね。ただシチュエーション的にエロい形での露出ではないので、そこはご了承頂きたく(何が?)。


 地球侵略を目論むセクシーな宇宙人から熱烈アタックを受けるというシチュエーションは、「うる星やつら」を彷彿とさせるものがあります。そこに浦島太郎の要素をミックスして昇華させたストーリーです。熱烈アタックの方法は地球外生命体ということもあってどこかズレがちというのもお約束。それに主人公のカズキは振り回されるのですが、そう言いつつもなんだか気になってしまうというジレンマを抱えています。それに何より、結ばれたら地球滅亡ですから、本当は気にしちゃった時点でアウトなんですけれども。


わたしと繁殖いたしましょう1
 ヒロインの乙姫は可愛いのですが、無条件で可愛いかというとそんな感じではなく、物語が進むに連れて、その背景と共に魅力が補強されていく感じです。そんな乙姫に対して、無条件でかわいいのが、女装したカズキ。もう反則ってレベルで可愛くて、そしてそれを本人も自覚しているという。ズルいですわ。


 SFの匂いを強く感じさせる物語設定ではあるのですが、SFとしての緻密さよりも、大まかに整合性を合わせてあとはパワープレイでつっきるというような印象。悪く言えば粗いのかもしれませんが、この物語の魅力はだからこそ生まれているのだと思います。最初の設定を受けて、「アタックを躱す日々を繰り返すニヤニヤ&ドタバタコメディかな」とか思っていたのですが、中盤から後半に思わぬ物語展開を見せ、良い意味で期待を裏切られることに。めちゃくちゃ展開早いので、人によっては忙しない印象を受けてしまうかもしれませんが私はもうこの流れに乗れてしまったので、もうひたすらに流され楽しみたいところです。もう何でも来いです。

 目まぐるしく物語は移ろっていきますが、どれも少年漫画とかで馴染みのあるような展開で、男性も比較的親しみやすいのではないかと思います。そういうものがあるから、これだけ忙しく物語が動いてもすんなりとついていけるのかも。しかしこのペースだと、そんなに長く続かなそうなんですが、先々どうなるのでしょ。正直結末が想像できないので、2巻は迷わず買ってしまうと思います、はい。


【男性へのガイド】
→先述の通り、割と親しみやすいエッセンスが落し込まれているかと思います。おっぱいあるし(結局そこ)
【感想まとめ】
→夏目ココロ先生の作品は設定がどれも奇抜で注目しているのですが、本作がこれまで読んだ中で一番好きかも。面白いと思います。


作品DATA
■著者:夏目ココロ
■出版社:講談社
■レーベル:KC ITAN
■掲載誌:ITAN
■既刊1巻
■価格:円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「ITAN」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いづきさん、こんばんは。
久し振りにコメントさせていただきます。

主人公のカズキ、可愛いですよね〜。外見と違って中身は男らしく、しっかりしてるという所がこれまたいいと思います。
もしかしたらですが、たぶん、カズキは高校生なのではないかと思うのですが・・・。合コンで、17歳と自己紹介していましたし、学校で制服を着てましたので。

私も続きが気になるので、きっと次巻も購入すると思います!
From: Candy * 2014/08/17 22:16 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。