このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.07
1106422854.jpg慎本真「SSB―超青春姉弟s―」(4)



その人が
本当はそういう風に一人で色々越えて来てること
俺は知っててあげたいんだ




■4巻発売しています。
 なかよし姉弟2組、ちょうど良かった4人の関係。なのに「親友の弟」にキュンとしちゃう…なんて。……不覚。ドキドキの「ダブルデート」編に、姉弟シャッフルお泊り会の「夏休み編」―――と、SSBの夏は無敵のキュンがいっぱい!


~ドキドキデート~
 毎回カラフルな表紙ですが、今回はライムグリーンな爽やかな色合いですね。3巻では思い切ってマオが新本姉・チコをデートに誘うという幕切れとなったワケですが、4巻ではのっけからそのデートですよ、デート!しかし案の定、周囲にはマオの気持ちは汲み取ってもらえず、なんだかちょっとしたイベントめいた扱いに。チコはどうしたのか、今回のデートを完全プロデュースするという意気込みっぷり。大人のお姉さんとして、さぞすごい世界を見せてくれるのかと思ったら…


Scan0002.jpg
別の意味ですごい世界
デートの舞台は池袋でしょうか?


 しかしながら「マオの人生初デートを、一生の思い出になるように。」と意気込んでのこれ。いや、ある意味一生の思い出にはなると思うのですが、これ本気でやってるとしたら、チコちゃん絶対モテないだろうなぁ。これってやっぱり過去のデート経験から「いける」と踏んでるものなんでしょうか。4巻ではマコが意外と恋愛経験ないことが明らかになりましたが、さすがにチコは多少はあると信じたいところ。だってなんもなければ、ここまで自信を持ってプロデュースなんてできないはずですもの。とはいえ内容がこれなんで、そんなに経験はないのかな、とか色々考えてしまうデートプランなのでした。

とはいえ、マオからすれば諸々決めてくれる楽さに加え、楽しんでいる姿を間近で見れるという眼福っぷりで、デートとしてはなかなか嬉しい内容なのかも。何気に合っている二人だと、改めて思うのでした。


~さりげなく競馬ネタが…~
 そうそう、本編全然関係ないのですが、思わぬネタが仕込まれていて個人的にはニヤリとしたという。二人が映画館に行く際の背景に上映作品が描かれるのですが、そのタイトルが昨年の競馬のクラシック戦線を盛り上げた4強になっているという。


Scan0001.jpg
キズナ(ダービー馬)、エピファネイア(菊花賞馬)、ロゴタイプ(皐月賞馬)、コディーノ(タイトルなし)。ちなみにエピファネイアの裏切りと書いてありますが、私はダービーと大阪杯でエピファネイアに裏切られました。


 女性向け漫画で競馬ネタを仕込むというその遊び心が好きですねー。最近はなかなか活躍できず、低レベル世代なんて言われていたりするのですが、どの馬もキャラが立っていて個人的には好きな世代です。ちなみに無冠のコディーノは、先日お亡くなりになられまして……合掌。しかしどういう経緯でこのネタ仕込んだのか、気になるところです。



~終わりの来る象徴的な存在「夏休み」~
 さて、だいぶ話は逸れてしまいましたが、本編に戻りましょう。今回はデート編の後に夏休み編に突入していきます。楽しい楽しい夏休み…なのですが、楽しいだけじゃありません。

 本作は終わりなき日々を繰り返す日常マンガではなく、はっきりとした時間の流れがあるお話で、いずれ来るモラトリアム期間の終わりに自覚的になった4人の心情描写が肝のマンガだと思っています。で、夏休みですよ。
 夏休みって必ず終わりが来るんですよね、当たり前ですが。いわば「終わりあるもの」の象徴的存在で、ここでこうして「夏休みです」って描かれるってことは、「はいもうすぐ終わりですよー」と言われているかのような切なさがとやるせなさが感じられると言いますか。楽しそうに過ごしている中で彼らは、静かなる「人生の岐路」に差し掛かっているのだなぁ、と。そしてそれに自覚的になれているマオはきっと振り返って今いる場所に悔いを感じることは無いでしょうし、無自覚ながらも着実に歩を進められているチコも先々は明るいのかな、と。


Scan0012.jpg
 心配なのはマコちゃんとチカですよ。特にマコの方。前々から“終わり“には殊更敏感であったように見受けられるマコですが、現状まだ何も出来ていないですし、学生でもないので外部からの強制的な区切りを受けることがないのがまた辛いところ。あるとしたらバイト先が潰れるぐらいかな(ひどい)。でも店長可哀想だし閉店はないでしょう(と信じたい)。なんだか一番飄々と器用に生きている気がするマコでしたが、ここ最近はなんだか見ていてとっても心配なキャラで、もう養ってあげたい(でもあんまり感謝とかしてくれないんだろーなー)


【関連エントリ】
作品紹介→変わらないユルい日常が愛おしい:慎本真「SSB-超青春姉弟s-」
3巻レビュー→もっともっと悩めばいい:慎本真「SSB-超青春姉弟s-」3巻

カテゴリ「ポラリス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。