このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.10
1106413058.jpgおざわゆき「あとかたの街」(1)



今日も一日がはじまっている



■太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。優しい父と強い母、そして四姉妹の女系家族。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった―――。しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、いったい何だったのだろうか。少女・あいの目を通して描かれる、名古屋大空襲の真実。

 このマンガがすごい!Webの8月の月間投票でこの作品に入れていたのですが、レビューをしていなかったのでここでお届けです。というか最近そういうの多いですね、いかんいかん。本作はオンナ編で1位でした。全体的に小粒な感のあった月だったのですが、その中で本作は存在感を放っており、1位も納得です。

 ということで、ご紹介するのはBE・LOVEで連載しているおざわゆき先生の「あとかたの街」です。みなさんは名古屋大空襲ってご存知でしょうか?私はこの作品を読むまで全く知らなかったのですが、本作はその時代に生きた一人の少女の目を通して、実際にあった名古屋大空襲を描き出します。舞台となるのは昭和19年の名古屋。太平洋戦争の戦況も苦しくなり、国民たちもみな苦しい生活を余儀なくされていた頃。青春真っ只中の学生であるはずのヒロイン・あいの日常にも、戦争の影が着実に忍び寄って来ていました。校庭では野菜を育て、授業では竹槍を使っての軍事訓練をし、やがて授業はせずに軍事工場での労働を強いられるように…。


あとかたの街1-2
戦時中とはいえ、やっぱり欲はあるし文句も言いたくなる。友達もいるし、基本的な部分は現代の女の子たちと変わりはないのです。


 本作は、実際に名古屋大空襲を体験したおざわゆき先生のお母さんから聞き書きする形で生まれています。ちょっと前に「聞き書き」という活動が話題になった記憶がありますが、マンガとして残すという形もあるのですね。聞き書きは単純に話を聞くだけでなく、聞いたことを後世に伝える異世代コミュニケーションも目的の一つですので、若い世代が受け取りやすい形で形に残すというのは、一つ有効な手なんじゃないかと思いました。

 どの作品も基本的には史実に沿って描かれていると思うのですが、本作はその時々にヒロインが感じた事も生の声が元になっていますので、その辺りが実にリアル。戦争に参加しているなんて実感はないんですよね。普通に一人の女の子で、やりたいことが色々ある。1巻は実際に空襲が始まる前の様子が描かれるのですが、ベースは生活が苦しいながらも楽しんで毎日を生きようとする少女のありふれた日常の風景なんです。そしてそんな中にふと戦争というものを強く意識せざるを得ないような出来事が挟み込まれるのですが、それがやけに生々しくて怖いのです。絵柄も可愛らしいんですけどね。


あとかたの街1-1
戦況が悪化するごとに、戦争というものがより間近に自分の目の前に迫ってくるように。ここだけを抜き取ると、ブラック企業とかぶるような印象がありますね。この時は、国自体がそういう状態になっていたという。


 主人公のあいの家は女系家族ということで、兄弟が出兵しているといったことはありません。大黒柱の父も名古屋に残っています。そのため残された女の悲しみ的な側面は描かれません。その辺もちょっとありがちな戦争ものとは異なる所でしょうか。男がいないということで、色々と言われることもあるんですよね。こういうのもあまり知ることのなかった事実だったりします。

 2巻ではいよいよ名古屋大空襲に巻き込まれていきます。1巻とはまた違った様子が描かれると思うのですが、非常に続きが気になります。色々な人に読んでもらいたい、そんな作品でした。

 
【男性へのガイド】
→大人も子供もお姉さんも。たくさんの人に読んでもらいたい作品です。
【感想まとめ】
→戦争ものって読むときにエネルギーを使うのですが、本作はそこまで。日常と戦争の描かれるバランスのためか、すんなり読みやすい内容となっていました。オススメです。


作品DATA
■著者:おざわゆき
■出版社:講談社
■レーベル:KC BE・LOVE
■掲載誌:BE・LOVE
■既刊1巻
■価格:580円+税


■試し読み:第1話
カテゴリ「BE・LOVE」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。