このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.23
mainimage01-crop.jpg
わたしのマーガレット展 公式サイト



■先週の土曜から六本木ヒルズで催されている、私のマーガレット展に行ってきました!男性限定で入れる日があるということだったのですが、時間があったので日曜日に行ってまいりましたよ。六本木ヒルズに来るのは、某サイトの管理人さんとスカイアクアリウムに行って以来なので、3年ぶりぐらいでしょうか。。。六本木は道行く人が皆オシャレぶってる(偏見)ので、個人的にはなかなか行きづらい場所でした…。

 さすがに開催2日目ということで混んでいるかと思ったのですが、意外にも行列は出来ておらず、スムーズに見ることができました。しかしいるのは女子女子女子女子……やはり男性は少ないようで、驚くほどのアウェー感でした(笑)

 男性もいるにはいるのですが、彼女に連れてこられた付き添いさんという感じの方が多いようで、ちょっと温度差を感じるという。

 まず最初に通されるのが、シアタールームのような場所(カレイドスコープシアター)。ここでは、マーガレット掲載作の名シーンを美しいピアノの旋律と共に振り返ることになるのですが、これが結構泣かせるのですよ。名シーンだけをつまみ食いする、4番ばかり集めた一時の巨人打線のような構成なのですが、読んでいる人にはそこを見せるだけでその物語の全容を思い出させるには十分。実際に涙を流している方も何人かいました。。。私も結構来たのですが、さすがに女性だらけの中泣くのはあまりに恥ずかしいので、スクリーンの銀色の枠に反射した自分の浮きっぷりを見て冷静さを保ちました、はい。

 その後は原稿などの展示。創刊当時の作品から、最近の作品まで様々飾られていました。来場者のスピードを見ると、若い世代は後半にゆっくりになり、年上の方は序盤で歩みがゆっくりになっているような感じが。個人的には2000年前後がドストライクで、高梨みつば先生の「悪魔で候」の原稿があったときは結構テンションあがりました。あと「花より男子」のF4は花がありますわ。もうイケメン揃いの中でも、やっぱり存在感が抜けてますもの。入江君も、春山も、風早くんも、連くんもカッコいいですけれど、1作品であの4人っていう贅沢感。


IMG_0094.jpg
メインプッシュはベルばらと紡木たく(ホットロード)。いずれも最近では最も話題の作品です。ちゃんと写真撮ってきました、はい。


 おみやげブースも非常に活気がありました。一工夫された面白いグッズもあり、全部欲しいくらいでした。結局アオハライドのマグカップ(結構いい値段する)とカタログ、それから付箋を買ってきました。カタログを読み返しているのですが、ボリュームもあって良いです。

 マーガレット展は10月まで開催されているようです。正直また行きたいぐらいなのですが(笑)気になる方は是非行ってみると良いと思います。男だから行きづらい…という人も大丈夫!9/29[月]、10/6[月]の閉館後の20:00~21:00は男性のみ、もしくは男性同伴の女性のみが入れるというハッピーマンデーという企画が。デートの誘いに、単身乗り込みたいあなたに、いかがでしょうか。

カテゴリ雑記コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

どんなマグカップを買われたのかすごく気になります。
From: りーこ * 2014/09/27 15:11 * URL * [Edit] *  top↑
お久しぶりです。
私も、先日この展覧会に行ってきました。

最初のカレイドスコープシアターは、私も感動しました。素晴らしかったです。

原稿の展示も良かったですね。往年の名作「ベルばら」「エースをねらえ!」「ホットロード」「花より男子」などの展示は、存在感がありました。もちろん、「アオハライド」などの現役作品の展示にも感激しました。

この展覧会で改めて思ったのは、「長い間マーガレットの漫画を読んできたんだなあ」ということです。

「ホットロード」や「アオハライド」など、女子中高生向けの作品にもかかわらず、大人の男性が読んでも感動したり、共感したりすることが多いというのが、長い間読みつつけている理由のひとつなのでしょうね。
From: シャドー * 2014/09/28 21:09 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。