このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.11.03
1106451972.jpgかねもりあやみ「この街は神さまの庭~四神の京都・町家暮らし~」(1)



きっとこの時が
いつか美しい思い出になるはずだ




■京都の街は、東西南北の四方を四人の神様に守られている。そんな青龍、白虎、朱雀、玄武の四神が京都の町家で念願の人間暮らしを始めたら?ある日、光熱費を取立てに来た大家の宮子さんに一目惚れした朱雀は、酒屋でバイトしながらデートを夢見て彼女を祇園祭に誘うのだが……!?京都の神様と人間の女の子たちとの恋を描いた、愛しくも切ない、恋愛ファンタジー第1巻!

 京都の街で4人の神様が人間暮らしをしながら送る、日常&恋愛ラブコメディ。山で遭難していた男を助けた京都の4神(青龍、白虎、朱雀、玄武)は、助けたお礼にと人間として暮らすことを望み、以来京都のとある場所にある家で4人同居しているのでした。時は流れすっかり人間としての暮らしに慣れた4人は、俗世の欲にまみれた神様らしからぬ暮らしぶりをするように。さらには人間の女の子とも、なんだかいい感じに。。。けれども神様と人間の恋は、許されない関係。さてさてどうする!?というお話。


この街は神さまの庭1-2
こんな緩さ。完全に人間として日常に溶け込んでます。でも一応、行事の際などは神様としてお仕事するんですよ。


 神様が人間の姿で日常生活を送るというと、「聖おにいさん」が思い出されますが、本作もあちらと同じくらい緩い雰囲気が流れる日常ものとなっています。ただ本作の場合、軸となるのは神様と人間の女の子との恋愛であり、いい塩梅でシリアスシーンも落とし込まれます。緩くなり過ぎず、かといってシリアスになり過ぎず、このバランス感が結構難しいと思われ。

 神様と人間の恋愛は禁止されているわけではないのですが、人間は神様に比べ寿命が短く、また過去に「神様をやめる」という選択をした者がいたため、暗黙の了解的に人間と関係を持つのは避けられています。けれども長く人間界で暮らしていると、人間とかかわりを持たないわけにもいかず、期せずして急接近してしまう場合も。そうした中でわたわたする4人の姿が面白いのです。


この街は神さまの庭
長い年月暮らしていていきなり集中的に恋愛イベントが起こるのかとも思われるかもしれないですが、あらすじ紹介にあった通り、背景を知らない大家の娘・宮子が家賃(正確には光熱費)を取立てに来るようになり、その工面のためにアルバイトを始め、その結果出会いが増えるという寸法。また表紙に大きく描かれている男子・朱雀はあろうことか宮子に恋をしてしまい、唯一積極的に人間に近づいていくという状態で、彼が一番微笑ましくも危なっかしいという。


 4人はそれぞれキャラ分けがきちんとされており、朱雀は真っ直ぐな体力バカ系。メガネの玄武は家事全般をこなすしっかり者のオカン系。表紙左下の白虎はチャラいオネエ。右上の青龍はとにかく働きたくない怠け者ショタ。個人的に好きなのは青龍ですかね。神様らしからぬ欲にまみれた姿が素敵すぎます。あとあんまり何事にも動じない姿とか、いいですね。

 先ほど「聖おにいさん」と言いましたが、シチュエーションが似ているだけで、作品の雰囲気的には全く異なります。むしろファンタジックな要素に加えて、京都という場所柄を存分に活かしたお話作りは、同じ秋田書店から出ている「京都ゆうても端のほう」(→レビュー)に通じるものがあるかもしれません。あちらが好きな方はこちらも気に入ると思いますし、逆に本作が気に入った方は、「京都ゆうても~」も気に入るかと思いますので、ぜひダブルチェックをば。しかしながら秋田書店の謎の京都押し、素敵です。

 
【男性へのガイド】
→神様は女子受けしそうなキャラで、また物語も割と恋愛特化な感じもあるので、そこがどう出るか。
【感想まとめ】
→面白かったです。日常コメディ、恋愛、ファンタジーとどれもちょうど良い塩梅でMIXされていて、ものすごく読み心地が良かった。


作品DATA
■著者:かねもりあやみ
■出版社:秋田書店
■レーベル:プリンセスコミックス
■掲載誌:プリンセスGOLD
■既刊1巻
■価格:429円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「プリンセスGOLD」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2014/11/06 10:53 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。