このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.11.04
1106432484.jpgわんにゃんぷー/からて「青空嫌いの嘘つきセミ子」



ありがとう
ずっとずっと
大好きだよ




■主人公は、友人も彼女もいない小説家志望の大学生。彼は別大学への入学と小説の完成を目指し、孤独でつまらない日々を送っていた。そんなとき、突然押しかけてきたのは「セミ子」と名乗る女の子。毎晩、なかば強制的にセミ子と過ごす時間が、次第になくてはならないものになっていく。そんなある日、彼はふと気づく…。「なんでセミ子は夜にしか来ないのだろう」。せつなくて、ほろ苦い、珠玉のハートフルコミック。

 一応刊行当時は女性向けという触れ込みだったのでジーンシリーズをご紹介しているのですが、これはもう作品的に男性がメイン層の雑誌に掲載されていても違和感ないぐらいの内容。鬱屈した毎日を送る大学生の男の子の元に、謎の女の子が押しかけてくるという、一夏の不思議な体験を描いた1巻完結の物語です。

 主人公は別の大学を再受験しようとしている大学生(ちなみに最後まで名前が明かされません)。そのことを決意して以来、周りと馴染もうともせず、孤独な毎日を送っていました。そんなある日、いきなりセミ王国からやってきたという、「セミ子」と名乗る謎の女の子が押しかけてきます。過去に助けられた恩を返すため、願いを叶えに来たという彼女に、思わず「友達が欲しい」と言ってしまった彼は、以来彼女と「友達」に。毎夜やってくる彼女を不思議に思いながらも、だんだんと居心地よく思い始めた矢先・・・。


青空嫌いの嘘つきセミ子
世間知らずでお金も持っていなくて、「セミ王国からやってきた」なんていうセミ子。もうこんな訳わかんない人が突然夜中にやってきたら、怖すぎて逃げ出す勢いなんですが、主人公は体調不良と一抹の寂しさからつけこむ隙を与えてしまい、関係を築くことに。セミ子は終始アホ子なわけですが、そんな明るさに救われる主人公という図式。願いを叶える力などないセミ子ですが、その明るさや前向きさが作用して、結果的に夢に向かって動き出す原動力となっていくわけです。その関係が、優しく温かい。


 物語は基本的にこの2人で閉じていて、また舞台も基本的に主人公の部屋と、人間関係もフィールドも狭い中で展開します。また「セミ子」という名前からもわかる通り、時間的にもリミットがあることが容易に想像がつくかと思います。人、場所、時間とコンパクトに収まっており、1巻完結ながらも無理なく十分に描き切られております。
 
 タイトルと表紙からは判別がつかないと思いますが、少なからずファンタジックな要素が含まれている内容となっています。また、いわゆる感動もの路線を真っ直ぐベタに進む感じの作品で、そういった「おとぎ話」的な話が好きな方にはうってつけかと思います。そういう意味で、「ひねり」を期待して読み始めると肩透かしを食らってしまうかもしれませんので、ご注意を。ともあれ非常に優しい作品でございます。

 
【男性へのガイド】
→冒頭にも書いた通り、男性向けの媒体に掲載されていてもそんなに違和感なさそうな。
【感想まとめ】
→思いのほか王道と言いますか、ヘンに気取らずに感動的な話が描かれており、好印象の一作でした。


作品DATA
■著者:わんにゃんぷー/からて
■出版社:メディアファクトリー
■レーベル:ジーンシリーズ
■掲載誌:コミックジーン(?)
■全1巻
■価格:533円+税


■試し読み:pixiv

カテゴリ「ジーン」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。