このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2015.01.24
1106481972.jpg葉鳥ビスコ「ウラカタ!!」(1)


おまえの才能は今!!
ここで発揮されるためにあったんだからな…?!



■超ネガティブ思考の七石大学一年生・蘭丸は大学構内で映研が撮影中のゾンビに遭遇!血糊に驚いて気絶した蘭丸が目を覚ましたのは「美研」こと映研の美術製作班の部室。個性的な美班メンバーに出会い、蘭丸の日蔭生活が一変することに!!とびっきりのハイパー☆青春DAYS、待望の第1巻登場!!

 「桜蘭高校ホスト部」の葉鳥ビスコ先生の新連載です。今回の舞台は大学。そしてスポットが当てられるのは、大学の映像系サークルを裏で支える「美術製作班」ということで…。ではではあらすじをご紹介しましょう。
 物語の主人公は、大学に入学したばかりの内気な青年・栗栖蘭丸。とにかく日々静かに“日蔭”で生きていたいと願っていたのも束の間、映研の撮影現場に迷い込むというハプニングに見舞われ、紆余曲折あり美術製作班(通称:美班)の部長に目をつけられることに(いい意味で)。美術製作の資質を部長に見いだされた蘭丸は、気弱なところに付け込まれるようにして、半ば強引に美班の活動に参加するようになるのですが…というストーリー。


ウラカタ1-10002
当たり前ですが、割と体力系のサークル。部長はかなり体育会系の匂いを感じさせる人物で、一方の蘭丸は体力なしで気弱。これくらい強引なほうがちょうどよいのです、たぶん。


 前作は華やかな印象のあるホストをネタに使っていたわけですが、今回はホストとは真逆の、裏方的存在にスポットを当てています。なかなかコアなところを攻めて来ていますが、こういった変わり種のコミュニティを描く作品は最近割と多く、むしろ同時に専門的なネタを交えつつ間を持たせることができるので、割と手堅いといった印象があったり。また今回は大学ということもあってかなり自由度は高まっているため、フィールドとしてはなかなか楽しそうですね。

 この毛糸のお話では当たり前ですが所属メンバーはいずれもキャラ濃いめで、それぞれに得意分野があります。一応まとめて「美術」とされていますが、そのカバーする領域は非常に広く、セットや衣装のほか、特殊メイクやミニチュアといった特撮チックな分野にも手を伸ばしています。そんな個性派ぞろいの中で、主人公は割とキャラ薄めに設定されており、上手いこと彼らとバランスが取れているという感じでしょうか。とはいえ主人公は何もできないわけではなく、抜きんでて手先が器用で、また周囲を観察する力に長けているという、美術にはおあつらえ向きな能力が備わっています。

 技術的な面では主人公はもう十分に通用するレベルにあるので、特殊テーマでのスキルアップ的な方向には進むことはありません。主として描かれるのは、彼の精神面での変化・成長だと思われます。先述のように、彼は手先が器用(かつ不運)なことであらぬトラブルを招き、自分に自信がない状態に陥っています。そんな彼が、自分を必要としてくれる“居場所”と見つけ、その中で人間的成長をしながら、これまで味わうことができなかった青春を楽しむ、そんな所が一つ物語の核となるのではないでしょうか。


ウラカタ
 1巻はまだまだ自分の居場所を見つけ始めたというレベルでの幕引きで、友情や恋愛と言った要素はこれから徐々に動き出していくことになるのでしょう。そこは実績のある漫画家さんゆえの、長期連載を見据えたゆったりとした組立て。おそらくサークル内での矢印が飛び交うことになるのだと思うのですが、一つあざといのは、蘭丸は実はいとこの家に下宿をしており、そこに高校生のツンツンな美少女がいるといういかにも何かありそうな人物配置。いやいや、色々と先が楽しみですとも。


 
【男性へのガイド】
→桜蘭高校ホスト部って割と男性受けいいんですよね。本作もノリはそこまで大差なく、また主人公は男の子ですから、当然本作もとっつき易いのではないでしょうか。
【感想まとめ】
→1巻時点ではガッツリ心つかまれるという感じはないのですが、巻が重なるにつれ面白くなりそうな予感はものすごくしています。これは外さない感じがビシバシと。



作品DATA
■著者:葉鳥ビスコ
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめCOMICS
■掲載誌:LaLa
■既刊1巻
■価格:429円+税


■試し読み:第一話

カテゴリ「LaLa」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。