このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.01.27
1106451396.jpg九段そごう「俺とヒーローと魔法少女」(1)



魔法少女じゃない!!(涙目)



■憧れのヒーローの力を手に入れたハヤト。しかし、返信した姿はなぜかキラキラ衣装の魔法少女だった。敵の怪人も思わずキュンとしちゃう、勉強や仕事に疲れたあなたをさらに疲れさせるかもしれない新ヒーロー爆誕!

 ポラリス発の、ヒーローコメディ。主人公は石原軍団な香り漂う青年であり、ちっこい見た目の少女でもあり…。真っ直ぐで熱血な性格を見込まれてヒーローになってみたハヤトでしたが、道具を使って変身をしてみると、なぜか姿は魔法少女。変身の前後を見られるものですから、せっかくヒーローを倒しても人々は困惑の余り反応は薄く、時に変態認定すらされ辛い状況に。「もうヒーローやめよう」そう思うハヤトでしたが、なぜだかなかなかヒーローをやめることができず、今日も今日とてスカートをフリフリさせながら怪人と戦うのでした…というお話。

 最近「俺、ツインテールになります。」がアニメ放送され、またマンガとしても「魔法少女俺!」が話題を集めるなど、なんだか最近流行している感がある、性別転換変身もの。男が変身したら美少女っていう、ただそれだけのコメディ。そして、ただそれだけなんですが面白いっていう。


俺とヒーローと魔法少女
自信たっぷり決めまくりなヒーローは多数いるのですが、こういう戸惑いや恥じらいを持ちつつ闘う姿というのは実に味わい深くてですね、あと3巻ぐらいはこのパターンで大丈夫です、はい。魔法少女な見た目ですが、中身は格闘系な男性だからなのか、割と物理で攻撃するという。声は非常に可愛らしいらしく、またパンツの柄もいかにもな。。。


 この世界では、ヒーローという存在は普通に認知されていて、対して悪役となる怪人も普通にいるという。そもそもなんで怪人が存在しているのかとか、怪人の目的は何なのかとか、ヒーローはどうやって収入を得ているのかとか、色々謎は多いのですが、おそらくその辺はあんまり設定されていないものと思われます。とにかく「美少女に変身して恥ずかしい」と恥じらう主人公を愛でるための作品であり、細かいことはいいんだよ、と。コメディですから。なので1巻終わったところでどこに落としどころを持っていくのかも謎なのですが、ちょうど良い所に着地するのでしょう(適当)。


俺とヒーローと魔法少女1-20003
作中では途中で本当の女の子のヒーローと出会うという展開が。さてこの子がこれからどう絡んでくるのか。


 なんか色々書けるかと思っていたのですが、現時点でわりと書ききった感があり、つまるところ「革ジャン男が魔法少女に変身する」というそれ以上でもそれ以下でもないという清々しいシンプルさということでしょうか。この設定が気になるという方は、もうそれだけで買いだと思いますので、ぜひ。

 
【男性へのガイド】
→これは男性も好きなやつじゃないっすかね。(適当)
【感想まとめ】
→この設定だけでどこまで突っ走れるか。初速MAXな1巻は心底楽しむことができました。2巻も楽しみですね。


作品DATA
■著者:九段そごう
■出版社:ほるぷ出版
■レーベル:コミックポラリス
■掲載誌:ポラリス
■既刊1巻
■価格:570円+税


■試し読み:各話掲載(Webコミック)

カテゴリ「ポラリス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。