このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2015.01.30
1106462177.jpg西炯子「姉の結婚」(8)



「あの人と一緒に生きていてよかった」と
お互い思って人生を終えられるような
そんなつながりをつくりあげていくことを
「結婚」というのだと思います




■8巻発売、完結しました。
 離婚が成立した真木誠から、正式に結婚を申し込まれた岩谷ヨリ。だが、離島での開業準備を進める真木に、一度はあきらめたはずのドイツ留学の話が舞い込んでくる。再びのすれ違いと別れを経て、ヨリが最後に選んだものとは…!?大人の純愛ストーリー、感動の完結巻!!

~完結です~
 8巻で完結しました。無事…とはいかず、最後の最後までドラマが待っていましたが、何とか終幕です。正直8巻の展開は全く想像していなかったので、最後まで手に汗握ると言いますか、まんまとしてやられた感がありました。まさかこんなにド直球な物語で来るなんて、思いもしませんもの。


~二人を隔てる最後の壁~
 flowersでの前作「娚の一生」では、最後に大災害が起きることによって二人の間に危機が訪れました。この抵抗不可能な圧倒的な力によって翻弄されるという展開は、個人的に望んでいた形でなかったので、どこか消化不良的にもやもやとしたものがずっと残っていました。そして本作、同じように突拍子もないラストを迎えると思いきや、二人の行く手を阻んだのは、

aneno.jpg
一人の女だったという。


 しかもその手口が実に古典的で、一昔前の韓流ドラマや昼ドラを彷彿とさせるものだったのですから、驚くほかありませんでした。これまで真木の周りにあったしがらみは、この比でなく複雑で規模の大きなものだったのですが、一人の情念によってここまで追い詰められるというのは、ある意味とてもリアルであり、女性の執念の恐ろしさみたいなものを強く感じさせられます。怖い怖い…。かくして物語はクライマックスを迎えるわけですが、これによって、「娚の一生」で抱えていたモヤモヤも合わせて供養されたような感覚があり、個人的には大満足の幕切れでした。


~ラストなんかベタ王道すぎて…!~
 ラストなんかもう、ベタ中のベタ、王道中の王道すぎてよだれ出るほどでした(笑)。たとえば最後の間などは特に素敵で、お見合いに向かう直前での一幕…


姉の結婚8-1
ふと引いた引き出しの中に、指輪の入った袋を見つける


 この何かを暗示するような意味深なコマ割り。セリフで散々真木のことを愛しているってことは語りつくされていたのですが、こうしてビシっと現物を見せられると、より納得感があるといいますか。彼女の心情をよく描いている感があります。

 また最後に助け船を出す天野さん、カッコいいです。正直もう登場しないと思っていて、「人物紹介になんでいるんだろう?」なんて考えていたのですが、ちゃんと意味があったってことですね。すみません、てか天野って名前もこれ見て思い出したってくらいなんですが。

 これで面白いのが、「女性の知り合いは裏切る」ってネタの後に、「男性の知り合いは助ける」ってネタになっているってこと。考えすぎ、単なる偶然なのかもしれませんが、ともあれ捨てる神あれば拾う神あり。本当に仲を深めるには、一緒にラブホテルに泊まるくらいしないといけないのかもしれないですね。(結論)


■関連記事
1巻レビュー→自分が幸せになれないと決め込んでいるあなたへ:西炯子「姉の結婚」1巻
2巻レビュー→“なりたい自分”と“なりたくない自分”:西炯子「姉の結婚」2巻
3巻レビュー→“どうすべきか”と“どうしたいか”:西炯子「姉の結婚」4巻
5巻レビュー→唯一傷つけ合える関係:西炯子「姉の結婚」5巻
作者他作品レビュー→笑いと涙の芸道一直線コメディ!:西炯子「兄さんと僕」
崖っぷち28歳とロリふわ22歳の凸凹婦警コンビが行く!:西炯子「ふわふわポリス」
オトナの情事×コドモの事情:西炯子「恋と軍艦」1巻
「娚の一生」2巻
恥ずかしい青春全開の弓道部ライフ:西炯子「ひらひらひゅ~ん」

カテゴリ「flowers」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。