このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2015.02.06
1106491297.jpg都陽子「地下アイドル、職場の男にバレまして」



また踊ってみせてよ
俺のために



■田中桐子、27歳。平日は“派遣の田中さん”、週末は“地下アイドルのキリちゃん”として2つの顔を持つ彼女は、ある日、路上で撮影イベントをしていたところを職場の性悪男・平野に見つかってしまう。平野は「バラされたくなかったら俺のいうこときいてよ」と言い出して……?いじめっ子サラリーマンと卑屈なアイドルの脅し口説かれラブコメディ!

 「彼は女とシたことない」の都陽子先生のフィール2作目の単行本になります。あらすじはもうタイトルを見れば一目瞭然ですので説明は不要でしょう。それ以上でもそれ以下でもありません。それぞれの登場人物に触れておくと、ヒロインは27歳の派遣OLさん。アイドルになりたいという夢を捨てきれず、この年になっても地下アイドルとして活動を続けています。職場ではメガネで地味めに過ごしていますが、ひとたびアイドルにギアチェンジすればキラキラ輝き、地下ではある程度人気を博しているようです。そんな彼女に気づいちゃったのが、同僚の平野という男。顔が良く、仕事もできる、若手の中では一番の出世頭という優良物件ですが、そのハイスペックが災いしたのか、歯に衣着せぬ物言いで敵も非常に多い人物です。加えてドSの気があり、ヒロイン・桐子のアイドル姿の写メをネタに、アレコレと彼女に要求するようになります。


地下アイドル、職場の男にばれまして0001
ヒロインの地下アイドル業に対する心持ちは、非常に気高いものがあります。ファンには全力でサービスをし、身体のコンディションは常に最高の状態をキープできるよう、手入れに余念がありません。ちょっとイタめのヒロインなのかと思っていたのですが、彼女がアイドルを目指した背景を知れば知るほど応援してしまいたくなる不思議。あー、こうしてアイドルにはまってしまうのか……と、ふと読み終わりに気づいたのでした。


 「彼は女とシたことない」は童貞男が相手役でしたが、今回はハイスペックイケメンを据えてきており、全く異なるタイプ。また前回はメインの2人がぶつかり反発し合いながらも、それを越えて距離を縮めるという関係構築を見せていたのに対して、こちらは全く軸がぶれない相手役にヒロインが振り回されながらも、なぜだか心開いてしまうという展開で、キャラもアプローチもだいぶ異なる内容で、作者さんの引き出しの広さが垣間見えます。どちらも面白いお話だと思うのですが、私はこちらの作品の方が好きですかね。

 俺のいうこときいてよと脅されるわけですが、具体的にどういうことをさせられるかというと、休日に家に呼び出されて踊らされたり、仕事をあれこれ頼まれたり、一緒に食事させられたり…。普通であればうんざりするはずなのですが、時折キュンとするような言葉やしぐさを織り込んでくるので、嫌いになりきれないという。冒頭では「性悪」と紹介されていましたが、悪意あるタイプではなく、自分の興味や感動に非常に素直な性格であるというだけかと思います。結果的にドSであることには疑いの余地はないのですが、いわゆる圧をかけるタイプではなく、どこか物腰柔らかくズケズケと物言う不思議なジャイアンという感じでしょうか。


地下アイドル、職場の男にばれまして0002
二人だけのやりあいではそこまで急に仲が進展するわけではないので、そこに色々なトラブルを投入してくるわけですが、それもアイドルならではのもので、ちょっと普通の恋愛ものとは違ったテイストで楽しむことができます。ストーカーだったり、スキャンダルだったり、ライバルだったり、実際の地下アイドルってのもやっぱりそうなのでしょうか。大変です。

 長年こうして意識高く続けていると、これが彼女のアイデンティティになってきますので、普通の女としての自分と、アイドルとしての自分の間での揺らぎが生まれ、彼女を思い悩ませることになります。元々はアイドル活動こそ全てで、そこがメインだったわけですが、平野の登場により、普通の女性としての自分が少しずつ大きくなるという。アイドルであれば当然恋愛は禁止なのですが、一人の女としては恋愛もしたい。そうした葛藤の中で、本作は最後に収まるべきところに収まるのですが、これがなかなか心地よく泣かせるんです。



 
【男性へのガイド】
→キャラ配置とか見るとまさに女性向けという感じなのですが、アイドルを応援する気持ちがいつしか生まれていたので、割と男性もいけるんじゃねーかと思ったり。
【感想まとめ】
→面白かったです。出オチ系・おバカ系かと思っていたのですが、なんだか思いのほか良い話で、読み終わりにすごく得した気分に。オススメです。



作品DATA
■著者:都陽子
■出版社:祥伝社
■レーベル:FC swing
■掲載誌:フィールヤング
■全1巻
■価格:680円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「フィール・ヤング」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。