このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.02.08
1106476671.jpg深水チロリ「春待ヴァルツ」(1)



青春が季節のように また巡ってきたとしても
同じ春は二度とこない




■今カノと元カレの間でワタシは揺れてる
 女子高生・三澄糸は三年生になった春、親友の加古川莉緒に告白されて付き合い始める。女の子同士だけど「好き」をかみしめる二人。そんな中、新しく赴任してきた非常勤講師の男性を見て糸は驚く。彼は、かつて糸と付き合っていた年上の幼なじみ・佐倉巴だった……。心ざわめくラブ・アンサンブル第1巻!

 深水チロリ先生の、コミックスピカ連載作です。あらすじは冒頭の通りで、ヒロインは普通の女子高生・糸。そんな彼女は女子高に通い、今好きあっている相手は同じクラスの女の子・莉緒です。ささやかな幸せをかみしめていた中、非常勤講師として赴任してきたのが、中学生の時に付き合っていた幼馴染の男の人・佐倉。冷たくフラれ、軽くトラウマとなっていた相手が現れたことで、糸の日常は不安定に揺れ始めます。どういう魂胆なのか、ヨリを戻したいと思っているように受け取れる彼の言動の数々に糸は動揺し、そんな彼女の様子をつぶさに感じ取り、焦り同じく動揺する莉緒。二人の間で揺れる、難しい年頃の女の子の心情を、繊細に描き出します。


春待ヴァルツ0001
こんな百合っぽいシーンも。ごちそうさまです。置かれているシチュエーションとは裏腹に、ヒロインの糸はその年なりの繊細さを持っている、普通の女の子なのですよね。気が強く誤解を受けがちな中、一番の理解者である莉緒に全幅の信頼を置いています。


 選択肢は“現状維持で女の子同士”か、“元さやで教師と生徒”か、というどちらもタブーという複雑な状況。こういう設定はメジャーな少女漫画では難しく、スピカのような媒体ならではという感じがしますね。ヒロインの気持ち的にはもちろん今の相手を選択したいと思っており、何もしなければ変化は起こるはずもないのですが、そうは問屋がおろしません。偶然絡みが生まれてしまうだけでなく、佐倉は明確に糸に対して好意を抱いており、あれやこれやと糸との接点を作ってきます。

 さらには二人の過去を糸の母親がなんとなく気づいており、不必要に二人を会わせようとするなど、まぁ何かと糸の思惑とは逆の方向に流れるという。またそんな状況に莉緒は焦り、自ら自滅する流れもあるなど、決して二人の関係は盤石とは言えなくなってきます。加えて物語が少し進むと、大学時代の佐倉の元カノが臨時講師として学校に出入りするようになり、関係は一層複雑に。こんな一か所に集中するかいというツッコミは置いておいて、複雑ながら非常に面白い様相を呈してきます。


春待ヴァルツ0002
頭では「相手にしちゃいけない」とわかってはいても、気持ちがどうしても反応してしまう。


 読んでいて思うのは、とにかくヒロインに優しくない展開が続く、ハードモードな物語だなぁということ。ヒロインにも色々と考えがあるのですが、それ以上に周囲の大人たちの意思が強く働き、それに抗いきれずに翻弄されてしまうというきらいがあります。この年頃の女の子が抱えるには、あまりに大荷物で、潰れてしまわないか心配になるくらい。何もしなければこのまま莉緒と…という路線になるのですが、周りがそれを許さない状況に追いやり、結果的に明確に糸の意思をもって「決断」しなければ状況は打開できないのです。そのため読んでいて一切気持ちよさはなく、むしろモヤモヤとしたものが残る後味の悪い類の物語にも思えるのですが、それを余りある繊細な雰囲気で補い読ませてしまう、絶妙なバランスの上に成り立っている作品と言えましょう。

 どのキャラも脆さを抱えているタイプに思われ、実に扱いにくそうな面々が揃っていますね。そんな中唯一の良心とも言えるのが、教師の惣田先生でしょうか。最近の若者然とした佐倉にも根気よく付き合い(巻き込み)、彼の気持ちに気づきつつ、彼の元カノを学校に呼び寄せるという野次馬根性の塊(あれ、この人もダメな人だ……)。登場回数が多い中で、唯一複雑な輪の中に入っておらず、ある程度冷静に状況を見れているという安心感があるからですかね、この人見るとホッとするんです。ほかの人たちはバイアスかかってて、どうにも。これ、読者の置かれている立場によって、肩入れするキャラが相当違いそうで面白そうですね。


【男性へのガイド】
→百合的な要素は百合男子への訴求効果は抜群では。普通の恋愛ものとして見ても、こういった繊細な雰囲気が好きな方はそれなりにいると思われ、設定に抵抗がなければいけるかと思います。
【感想まとめ】
→いかにもマンガ読み受けしそうな内容だなぁと読んでいて思ったのですが、あんまり周囲で反応がないような気がするのは気のせいでしょうか。オススメです。



作品DATA
■著者:深水チロリ
■出版社:幻冬舎コミックス
■レーベル:BIRZ COMICS SPICA
■掲載誌:コミックスピカ
■既刊1巻
■価格:630円+税


■試し読み:第1話


カテゴリ幻冬舎コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。