このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2015.02.24
1106442683.jpgシナガワ「俺の作ったゲ―ム、クソだってよ。」



デートしたければ投獄に気を付けてください
投獄に気を付けてください




■あっ、これクソゲーだ。
 ゲーム業界で彼らの名を知らないものはいなかった。天才ディレクター率いる彼ら最強開発チーム「チームナイン」。彼らが世に送り出す作品は……筋金入りのクソゲーばかりだった!!

 ゼロサムオンラインで連載されていた、シナガワ先生の作品です。私もゲームはやるのですが、比較的メジャーな作品をちょっとかじるくらいで、たぶん習熟度的には矢口真里さんぐらいのレベルだと思います。とはいえクソゲーの情報を見るのは好きで、毎年ネットを賑やかすクソゲーオブザイヤーの発表は楽しみだったり。すっかり「クソゲー」という存在も言葉もメジャーになっていますが、本作はそんな「クソゲー」の制作についてスポットを当てた作品となっています。

 舞台となるのは「チームナイン」という制作会社。ドラクエや妖怪ウォッチなどを手がけているレベルファイブを意識したネーミングでしょうか。優柔不断でアホなディレクターを筆頭に、残念な面々が送り出すのは、間違いのないクソゲーたち。しかも男だらけの制作陣で、BLゲーという領域で勝負をしています。今日も今日とて売れるゲームを作るために奮闘するスタッフたちなのですが…というお話。


俺の作ったゲーム、クソだってよ。0001
残念な要素は枚挙に暇がなく、作画にストーリー、システムに至るまで様々。


 作中では度々、世に送りだされたゲームを購入者がプレーしてツッコミを入れるという話が挿入されてくるのですが、個人的にはそちらがお気に入り。恐らくインスパイア元にもなっているんでしょうが、同人ゲーム的にありそうなネタが多々。BLゲーでツッコミどころ満載という所で言えば「学園ハンサム」が有名ですが、おそらくインスパイア元の一つとなっていると思われます。

 メインはゲーム制作日誌的な所にあるのですが、変なキャラが変に動いているだけでゲームは全く作っている感が見えないという。キャラ達がそれぞれ個性的でぶっ飛んでいたり、各ストーリーに一貫性がなくとっちらかった印象を受けるのですが、それはある意味でこの作品自体が狙った同人クソゲー的な作りとなっているからで、どこかメタ的な風合いを感じることができます。


俺の作ったゲーム、クソだってよ。0002
どのキャラもいまいちピンとこなかったのですが、事務兼カスタマーサポートのマリさんは素敵です。チームナイン制作のゲームに登場する不知火というキャラに相当に入れ込んでおり、同人活動までしているのですが、興味のない人に対しての冷たさが本当に素敵でした。彼女のネタだけ同人方面に飛ぶのも面白いところ。


【男性へのガイド】
→ネタ的にはBLゲーと言えど大丈夫かと思うのですが、いわゆる「狙ってやってるクソゲー」を楽しめるかってのがポイントになるかもです。
【感想まとめ】
→作品としてのまとまりは一切ないんですが、ところどころツボになるネタがあり、結構けらけら笑いながら読んでいました。


作品DATA
■著者:シナガワ
■出版社:一迅社
■レーベル:ゼロサム
■掲載誌:ゼロサム
■全1巻
■価格:600円+税


■試し読み:第1話(pixiv)

カテゴリ「ZERO-SUM」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。