このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2015.03.15
jyuuyousannkounintantei.jpg絹田村子「重要参考人探偵」(1)



よし!
重要参考人として身柄を確保!!




■弥木圭は、なぜか死体を見つけてしまう体質の男性モデル。そのせいで、しばしば犯人だと疑われ、殺人事件の重要参考人に!?自らにかけられた容疑を晴らすため、推理オタクの周防斎、ナンパ好きのシモン・藤馬の2人のモデル仲間とともに、圭は今日も難事件に立ち向かう!本格推理コメディ、待望の第1巻!!

 「さんすくみ」(→レビュー)の絹田村子先生の新連載です。今度はなんと、推理モノです。「名探偵コ○ン」が代表格とも言えるでしょうが、推理モノの主人公が出先で異常なほど殺人事件に遭遇するというあの現象、ありますよね。コナンなどは過去にどれくらい死んでいるかという数が集計されていたりと、こいつらが疫病神なんじゃないかっていう風潮すらあります。本作は、そんな推理モノの難点を逆手に取ったとも言うべき設定のキャラが主人公となっています。

 主人公の弥木圭は、探偵……ではなく、モデル。彼は幼いころからある特異体質に悩まされています。それは、行く先々で死体と出会ってしまうというもの。それも必ず第一発見者で、死に方も様々。余りの遭遇率に死体を見ること自体には慣れてしまったものの、困っているのが犯人と間違えられてしまうということ。自らにかけられた容疑を晴らすために、必死になって真犯人探しをするのですが、、、というストーリー。


重要参考人探偵0002
死体との出会いは日常。


 どうしてそういう体質になったのか、どうやらきっかけはあるらしいのですがそれは1巻では明かされず。恐らく先々明らかになってくるのでしょう。当人ですが、この体質は嫌ではあるものの引きこもりになるわけにもいかないので「仕方ない」として片づけて普通にモデル業をこなしています。容姿は優れているものの、頭脳の方は良いのかよくわからず。ただ自分が無実の罪を着せられたらたまったもんじゃないと、火事場の馬鹿力的に集中力を発揮します。

 探偵ではありませんから、当人だけで問題を解決するのは難しいです。そこで手を貸してくれるのが、同じモデルで度々現場に出くわす、推理マニア・周防とナンパ好きのシモン。結果性格バラバラの3人でどこか緩くトラブルを解決するという構図は、「さんすくみ」と同じですね。ただこちらはモデルなので、男としてのランクはグイっと上がっているわけですけれども。周防は推理マニアといえども洞察力はまるでなしで、あまり役に立つ印象はありません。シモンはナチュラルボーン・ナンパ野郎という感じで、そのテクを駆使して女性から様々な情報を引き出す役目を負います。


重要参考人探偵0001
周りの仲間もそれを知っているので、比較的慣れている。周防に関しては、待ってましたと言わんばかりにノリノリ。


 トリックはそんな突拍子もないものはありません。そこはあくまで、素人たちでも解決できるレベルのもの、という位置づけですから。難易度的には、「ぼくらの推理ノート」ぐらいでしょうか(恐らくほとんどの人には伝わらないであろう例え)。そう考えると、ミステリーという枠で捉えるよりかは、男3人のやり取りを楽しむコメディという方が正しいかもしれません。「さんすくみ」が好きだった方は、まず同じテンションで読んでもらって普通にそのまま楽しめるような感じだと思います。



【男性へのガイド】
→男子たちのゆるいやり取りは割ととっつきやすいとは思うのですが、モデルになったぶん「さんすくみ」よりかはハードル上がった感もあります。
【感想まとめ】
→表紙とタイトル見たときはものすごい方向転換だなと思っていたのですが、中身を読んで安心、これは「さんすくみ」の流れをくむ安心の絹田村子作品です。



作品DATA
■著者:絹田村子
■出版社:小学館
■レーベル:flowerコミックス
■掲載誌:flowers
■既刊1巻
■価格:429円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「flowers」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。