このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2015.03.16
indensanto.jpg小糸さよ「印伝さんと縁結び」(1)



君と居たら
俺は変わるかもしれん




■平凡な大学生・美山くくりは、ある日突然、京都・名家のカタブツ御曹司・印伝織之助と不思議なご縁で結ばれることに。だけど印伝さんの性格はかなり難があり、結婚や恋愛を仕事のように考えていて……。そんな印伝さんに振り回されっぱなしのくくり。しかし結婚に向けて一緒に過ごすうちに、印伝さんは人の気持ちがわからないのではなく、真面目すぎて不器用なだけだと気づいて……。ピュアな大人の初恋ラブコメ!

 NEXTコミックスをご紹介するのは初めてになりますかね。実は結構単行本も出ており、書店でも平積みされているところをよく見かけるようになりました。本日ご紹介するのは、小糸さよ先生の「印伝さんと縁結び」です。

 物語の舞台となるのは京都。普通の大学生だった彼女はある日、神の使いとかいう謎のウサギを連れた初対面のイケメンから、いきなり(嫌そうに)結婚してくれないかと言われます。いきなり何を言ってるんだと思ったくくりですが、話を聞くとうも彼は京都の名家・印伝家の御曹司とのこと。印伝家は代々縁結びの神を祀って栄えている関係から、ご縁結びの相手は神が選び認めなければならず、くくりがその相手として選ばれたという。突拍子もない話であることに加え、まるで恋愛のことをわかっていない織之助に、不信感ばかりが募るくくりでしたが、ひょんなことから彼の優しい心に触れ、結婚することを決意するのでした。結婚に向けて準備をする二人でしたが、恋愛オンチな織之助とは何かとぶつかり合う事ばかりで、その前途は多難……?というストーリー。


印伝さんと縁結び0001
このうさぎっぽいのが神の遣い。結構使い勝手よさそうなキャラなのですが、後半割といなくなりがちっていう。


 神の使いが認める、、、という設定からもわかる通り、ちょいとファンタジックな要素を織り込んだ世界観となっています。織之助はシャーマンの力を継いでおり、不思議な力を使うことも出来ます。ただそれらはあまり本編においては重要な要素ではなく、1巻読んだ感じでは、ラブイベント起動と二人を強引にくっつけるネタとして使われているぐらいという印象でした。

 では何がメインになるのかというと、恋愛もまともに知らない二人がいきなり結婚をして、後追いで恋を知っていくという初々しい恋愛模様になります。織之助は名家の跡取りで結婚というプレッシャーがあったからか、とにかく形式ばった結婚ありきで、恋愛なんて二の次。それゆえにこの歳までまともに恋愛らしい恋愛をしたことがなく、女性の想いを汲み取れない残念な男という感じになってしまっています。それがくくりと出会うことで、少しずつ変化が見られるわけですが、それがまあ初々しいという。

 くくりも恋愛経験は浅いようで、お互いが恋愛初心者。二人ともそれなりにいい歳なのですが、驚くほどにピュアでプラトニックです。婚約しているにも関わらず、1巻での一つの山場は手をつなぐとかそういうものですから。ちなみに1巻終わった時点でキスすらしてないです。素晴らしい。


印伝さんと縁結び0002
手をつなぎたいというだけでこれです。ピュアピュア。

 投入されるイベントは京都の名家らしい、ちょっと変わったものなのですが、正直あんまり深く語られることもなく、重苦しさがあるものでもなく。やはりどこまでもこの二人のウブさを楽しむ作品なのだな、と。で、全然それで持っちゃうのが良いところ。肩ひじ張らず、素直に楽しむことが出来る良ラブコメだと思います。


【男性へのガイド】
→女性向けのラブコメですが、このピュアっぷりはある意味とっつきやすいかと思います。
【感想まとめ】
→ラブコメ以上でも以下でもない、純度高めのラブコメだと思いました。


作品DATA
■著者:小糸さよ
■出版社:宙出版
■レーベル:NEXT COMICS F
■掲載誌:Next Comic ファースト
■既刊1巻
■価格:619円+税


■試し読み:第1話

カテゴリその他のレーベルコメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。