このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2015.04.24
1106512720.jpg高木しげよし「いつかの青春」



いつか追った夢はつかめなくても
今君は
確かにまばゆく輝いている




■古都・金沢から少し離れた温泉街。高1・結衣のクラスに現れたのは、昭和生まれの25歳の“同級生”井塚だった……!ふたりが作った“ルール”とは――!?他、世界に色を与える人たちが住む島のお話、傑作ファンタジーよみきり「イロトリドリの世界」も併録。

 高木しげよし先生の別冊花とゆめ連載作です。「いつかの青春」というタイトルですが、青春と書いて“はる”と読みます。高校に入学したら、クラスに25歳の新入生がいたというお話です。主人公は少しマイペースで、何かと事を押し付けられがちな女子・結衣。高校に入学してみたら、クラスにはなんと25歳の新入生・井塚が。担任の中学時代の先輩ということもあり、初日からかなりの浮きっぷりを見せる彼は、無口でなかなか群れようとしないことから、あっという間にクラスメイト達との溝を深めていきます。「井塚のことを頼んだ」と先生から言われた結衣は、見かねて声をかけるのですが、話を聞くと、思っていたよりも優しくしっかりした人で……というストーリー。


いつかの青春0001
結衣のこの一言で、井塚との青春づくりが始まる。


 いきなり25歳で高校というと不良組でやり直しとかを想像するのですが、井塚の場合はちょっと違っていて、実家の醤油屋を急きょ継ぐために高校に行かなかったという背景があります。弟が高校を卒業し、醤油屋に入るということで、未練が残っていた高校に入ることを決めたのでした。周囲と群れないというのは別に彼自身が壁を作っているのではなく、年相応に動きたくなかったり、遠慮をしていたりと、実にフラット。そういった誤解が解ければ、その余裕や姿勢は大人の魅力に早変わりするわけで、ヒロインの結衣もいつしか彼に惹かれるようになっていきます。

 物語の軸は、結衣が井塚に青春を楽しんでもらえるよう奔走するというものになるのですが、彼女が頑張れば頑張るほどに、彼の魅力に気づく女子が増え、複雑な気持ちが生まれだんだんと大きくなっていくわけですな。1巻完結ですので、劇的な展開というのはないのですが、短い中にもそれ相応に青春の楽しさや辛さみたいなものが落とし込まれており、満足度は高めです。井塚の青春を後押しするという体ではあるのですが、どちらかというとそれを通してヒロインの結衣が青春していくという感じが強いですかね。

 また同時収録されている「イロトリドリの世界」がなかなか良かったので、こちらについても触れておきたいと思います。世界の片隅にたたずむイロトリドリの島が舞台のこのお話。島民は何かしらの色を持ち、世界に色彩を与える仕事を請け負っています。そんな島には、すべてを飲み込んでしまう漆黒を持つ“黒”という男の子がいるのですが、そんな彼に“ピンク”の女の子が興味を持ち近づいていくという物語。典型的な禁断の恋物語なのですが、世界観とオシャレな雰囲気の絵柄・作風も相まってなかなかにロマンチック。


いつかの青春0002
いつかの青春がまさに青春を押し出した、少し汗臭いというか、青春の匂い立つ話であったので、そことの対比も良かったのかもしれません。短いながらも綺麗にまとめ上げており、読後感が非常に良かったです。こちらはファンタジックでロマンチックなストーリー。


【男性へのガイド】
→少女マンガ感は強いのですが、比較的地に足ついた物語展開ですので、男性も抵抗なく読めるのではないかと思います。
【感想まとめ】
→振り返れば収録されていたどちらの作品もしっかり着地でその読後感やよし。オシャレ感漂う良い雰囲気の作品でした。


作品DATA
■著者:高木しげよし
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめコミックス
■掲載誌:別冊花とゆめ
■全1巻
■価格:429円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「別冊花とゆめ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。