このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2009.04.12
jikannnoarukikata.jpg榎本ナリコ「時間の歩き方」vol.1


時間を変えてしまったんです
そして   
あたしは
時間の流れから
はみだしてしまったのです



■扉を開けると勝手にタイムスリップしてしまう特異体質を持つ果子。けれどそれ以外は、先輩に恋する普通の中学生。そんな彼女の目の前に、突然西暦2446年からやってきた時間旅行者の遇太が現れる。彼は彼女が時間旅行者ではないと知ると、すぐに帰ってしまう。しかし、彼が忘れていった未来の本がきっかけとなり、想いを寄せる先輩が事故で死んでしまう。先輩の死を止めに行く!果子は本を取りに戻ってきた遇太を捕まえ、無理矢理過去に戻ったが   !?

 榎本ナリコが贈る、本格タイムスリップ・ファンタジーです。過去に戻って先輩の死を止めようとする二人でしたが、何度やっても死を止めることはできません。それは、先輩の死が決められたものだからで、どうあがこうと"時間"によって邪魔されてしまいます。それでもなお先輩を救おうと試みる果子は、最終的に、未来の自分が死ぬことで先輩を救うことに成功。しかしそれによって果子と遇太は、時間の流れからはじき出されてしまいます(死なないのは、その日の果子ではなく、未来の果子が死んだため、矛盾が起きるから)。どうすることもできなくなった二人は、とりあえずタイムトラベルをしてみることに。


時間の歩き方
時間に深く干渉したとして、時間から締め出されてしまう。


 "時間"には様々なルールがあって、それを犯すと時間の流れからはじき出されてしまいます。具体的には、「その人自身が存在及び干渉した時間軸にアクセスできなくなる(=ホールド)」という現象が起きます。それ以外は自由に行き来できるので、トラベル自体は続行可能。物語の目標は当然「元時軸に戻る」という所になるワケですが、それを可能にするのが果子の能力(道具に頼らない、生まれ持ったタイムスリップの能力)と、二人が個別にホールドがかけられている(=果子は遇太の時軸に行ける)という設定。ファンタジーではありますが、「都合の良い不思議な力で元通り!」なんてことはなく、あくまで時間のロジックで話を展開させます。だからこそ、面白い。
 
 榎本先生は前作の「世界制服」で針が何本かぶっ飛んだような変貌を見せたのですが、今回は心の準備ができていた分入り込みやすかったです。「世界制服」でも、ギャグとはいえSF的な話を描いており、さらにここにきて本格挑戦ですか。いや、これがなかなか良い出来で驚きでした。
 
 このテの作品といえば「時をかける少女」が有名ですが、こちらの方がよりSF的。設定もしっかりしています。ただかなり時間が入り組むので、消化するのに時間がかかるかもしれません。解説とかあると分かりやすいかもしれませんね。誰かやってくれんだろうか。
 

【オトコ向け度:☆☆☆☆ 】
→タイムトラベルとか、ロジックとかそういう話が好きな方は。ノリ自体は女性向け、けれども男性でも十分楽しめると思います。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→一歩間違えればイタい感じになりそうですが、しっかり面白いラインをキープ。さすがです。テクニックだけでなく、物語としてどれだけ味付けできるかが、今後の面白さを左右する鍵になりそう。


作品DATA
■著者:榎本ナリコ
■出版社:朝日新聞社
■レーベル:朝日ソノラマ 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス
■掲載誌:ネムキ(2007年7月号~連載中)
■既刊1巻
■価格:700円+税

カテゴリ「ネムキ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。