このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.06.19
orangechocolate.jpg山田南平「オレンジチョコレート」(1)


「ちろ
 りっちゃんになりたい」
「じゃ おれも
 ちろになりたい」



■呼水千尋(ちろ)と、姫野律(りっちゃん)は、お隣さん同士の幼なじみ。ごくありふれた一般家庭に生まれ育ったちろとは違い、律は日舞の家元育ち。幼くしてその才能を見出された律は、まだ16歳という若さでありながら行谷流の名取になり、また天才女形として大ブレイク中。小さい時からずっと律に憧れてきたちろの願いはただひとつ「りっちゃんになりたい」。その願いが、まさかあんな事態を引き起こすなんて…!?

 幼なじみの純和風LOVEライフ♡なんて裏表紙に書いてありますが、説明不足っすよ。さて、ちろの“願い”が引き起こした出来事とは…なんとちろと律の入れ替わり。男女の体が入れ替わる話ってのは結構使い古された手法なんですが、まさかそれを使ってくるとは…完全に裏をかかれました。しかしこの機能、ずっと入れ替わっているというわけではなく、一定時間経つともとに戻ります。ではどうすると入れ替わるのか、それはちろと律のどちらかが「相手(ちろなら律、律ならちろ)になりたい」と願うことがきっかけとなります。ちろは中学生で、律は高校生。学校自体は同じでも、校舎は違います。ましてや律は売れっ子芸能人。度々起こる入れ替わりに何とか対応するため、今まで以上に一緒に行動するようになります。


オレンジチョコレート
この展開には度肝を抜かれた。


 結局落としたいのは入れ替わりを使ったラブコメってことなんですかね。ただ律視点での、売れっ子女形としての苦悩や意識の描写が丁寧だったので、ここでの展開にも注目。ちろを妹のように慕う律ですが、そこに恋愛感情があるのかは不明。ま、それはちろも同じですが…。ただ“憧れ”の感情があるのはお互いに確か。ちろは律を、お金持ちの家に育って売れっ子女形でなんでもできるスターのような存在として。一方律は、ちろを妹のように慕うと同時に、女形で踊る際の手本(イメージ)として捉えており、その延長で「ちろになりたい」という発言をしています。ここをきっかけに恋愛に発展していくのですが、脇を固める人物が結構多いので、話は長めに続きそう。『紅茶王子』(25巻)までとは言いませんが、『空色海岸』(6巻)ぐらいまでは余裕で続くんじゃないですか?


【オトコ向け度:☆☆   】
→男性向きって感じは受けないです。ただベテラン作家さんの作品は総じて読みやすいですから。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→果たしてこの「入れ替わり」の設定を上手く使いこなせるのか。別に律メインで「3月のライオン」のようなガチンコスタイルでも良かったと思うんですが、ラブコメ描いてこそ活きるって感じもあるし、良いのか。唐突に「3月のライオン」が出てきたのは、ちろが『ハチクロ』のはぐちゃんに似てたから、羽海野繋がりで。


作品DATA
■著者:山田南平
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめCOMICS
■掲載誌:別冊花とゆめ(平成21年2月号~連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「別冊花とゆめ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。