このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [新作レビュー] 2009.06.20
kiminotenjyouhabokunoyuka.jpg鴨居まさね「君の天井は僕の床」(1)


マルサンビル302号室
「オフィス とりだまり」
部屋からステキな屋上へ出られます



■様々な職業の人が集まる雑居ビル・マルサンビル。その302号室に事務所を構えたのが、デザイナーの鳥田まり(トリさん)と潮田茅子(ウシちゃん)。決め手は開放感と風通しの良さ。屋上への出入り口からは、猫が顔を覗かせ、こちらが屋上に出てみれば、そこには隣の隣のビルの持ち主・本間さんがいたりする。そんな緩~く心地よいビルを舞台に、なんともビミョーな恋愛模様が始まったり…!?

 とある雑居ビルを中心に繰り広げる、ご近所さんオムニバスシリーズです。最初に言っておきます、これスゴく面白い。いやココまで私のツボにはまるとは…ビックリしました。ではこのお話を彩る登場人物達をご紹介いたしましょう。まずは302号室のデザイナー二人、トリさんとウシちゃん。トリちゃんは若く見えるもすでに42歳、ウシちゃんももう良い歳ですが、二人とも独身。将来の身を案じるウシちゃんに比べ、この歳になっても恋愛にシフトできず、もっぱらの興味は猫にあるトリさん。そんな二人と屋上でしばしば交流しているのが、隣の隣のビルの持ち主・本間さん。結構なオッサン面ですが、一応41歳で、こちらも独身。そんな彼が想いを寄せる相手は、恋愛に疎いトリさん。もうね、トリさん相手に年甲斐もなく健気に頑張る本間さんが可愛いのなんの。


君の天井は僕の床
本間さんとトリさんの噛み合ないやりとりがたまらない。本間さんだけでご飯3杯いけますよ。


 この物語の主役は間違いなく本間さんでしょう。表紙はメインヒロイン2名が描かれていますが、タイトル自体は本間さん視点。君(=トリさん)の天井は僕(=本間さん)の床。なんか詩的で、気どってるでしょ?でも41歳のオッサンがこれを考えてると思うと、途端に愛おしくなるから不思議。40過ぎてもこんな人でありたいなぁと、密かに憧れる管理人でした。てか40にもなって何やってんだ、と。登場人物達は軒並み40前後ですよ、でもそれがいい。
 
 ストーリーはオムニバス形式で進みます。メインキャラ3人と、雑居ビルに軒を連ねる面々との触れ合いを通し、それぞれの生活と想いを描き出していきます。スタンスはホームコメディかな。ラブコメって捉え方でも良いですが、日常色が非常に強く出ているので。それぞれのキャラが非常に立っている…というよりも味があるので、普通のやりとりですら面白い。

 日曜の夕方に東京FMで「あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE」というラジオドラマがあるのですが、私大好きなんですよ(最近は微妙ですが…)。この作品もそんな感覚で楽しんでいるように思います。まだ20代なんですが、若さと渋さの間で揺れる心情というのは、下の世代にも伝わってきますよ。そんな歳になっても恋愛は全然ダメで、一生懸命で。その辺がスゴく笑るのですが、同時に心に響くというかね。


【オトコ向け度:☆☆☆  】
→この描き方なら男性もいけるはず。
【私的お薦め度:☆☆☆☆☆】
→個人的にはホームラン。面白かったです。40代の日常に、初心者のような恋愛という、ギャップのある要素を落とし込んだ所がスゴいというか、素敵。


作品DATA
■著者:鴨居まさね
■出版社:集英社
■レーベル:クイーンズコミックスYOU
■掲載誌:YOU(2008年No.17~連載中)
■既刊1巻
■価格:419円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「YOU」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。