このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.06.26
syounenhakaryudo.jpg喜久田ゆい「少年羽狩人」(1)


俺はな
「自分の心を決して裏切らない」
お前を信じてるんだ



■3巻発売になりました。
 見目麗しく、美しい羽根を持つ貴重な種族「妖精族」。その羽根を手に入れると、幸せが掴めると言い伝えられており、裏では高い価格で取引されている。彼ら妖精を狙うのは、妖精ハンター。どんなことをしても羽根を手に入れようとする、非道な存在。そして、ハンターに対抗するのが、有志によって設立された、妖精保護団体。そのメンバーの一人である青年・シエルは、ある日一風変わった妖精ハンター・レンに出会う。監視の名の下に、彼の旅路についていくのだが…!?

 相対する存在である妖精ハンターと、妖精保護団体。その二人が出会い、行動を共にすることから始まる、ファンタジック妖精物語です。ファンタジック妖精物語ってなんだろう…。さて、このお話のミソですは、妖精ハンターのレン自身が、実は妖精であるというところにあります。なんで妖精ハンターを名乗っているのかというと、過去に故郷の村を壊滅させた、ある仲間の妖精を殺すために行動しているから。故に狩りの対象となるのはその妖精のみで、他の妖精に対してはむしろ保護的ですらあります。そんな彼に不思議な魅力を見出したのか、妖精保護団体のシエルは勝手に彼の後をついてくるように。妖精ハンターを名乗っているレンからすれば、非常に迷惑な話ではあるのですが、なにかと役に立つ機会が多いので、甘んじて行動を共にしているという状態。最初はギクシャクしている二人の関係の中に、時を経るごとに“絆”が生まれて行く様を見守るというのも、この作品の楽しみの一つ。


少年羽狩人
最初は食えないキャラでいくのかと思いきや、シエルとのやりとりによって崩れていくレン。そこもまたカワイイのですけどね。


 妖精はただ存在が貴重だというわけではなく、魔法のような不思議な力を使うことが出来ます。羽根を手に入れた人間も、同様に不思議な力を使うことが出来るため、「幸せになる」と言い伝えられているようです。物語から、他者の不幸によって手に入れた力では、幸せになんかなれないよ、というメッセージが含まれているようにも感じたのですが、それだったらもっとメイン以外のイベントが多くなるのか。話は基本的に、レンの敵討ち中心に進んでいきます。ま、それだとシエルの存在は?ってことになるのですが、ちゃんと彼に関するストーリーも用意されており、そのへんは抜かりない感じ。メインキャラにどれだけ感情を持っていけるかがこの作品を楽しむための鍵をなるので、基本は女性向けでしょうね。


【オトコ向け度:☆☆   】
→一迅社のファンタジーでも女子向け感が強い作品。
【私的お薦め度:☆☆   】
→この設定のみでひっぱっていくのは結構辛いんじゃなかろうか。キャラに魅力を見出せない限り、このお話は楽しめない。だからといって特徴的なキャラってワケでもないですし、どこか既視感の漂う作品だな、という印象。ファンタジー好きで、そういう楽しみ方ができる人は。


作品DATA
■著者:喜久田ゆい
■出版社:一迅社
■レーベル:ZERO-SUM COMICS
■掲載誌:ZERO-SUM(平成18年8月号~連載中)
■既刊3巻
■価格:各552円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ZERO-SUM」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。