このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.06.29
piececover.jpg芦原妃名子「Piece」(1)


"知りたい"なんて
思ったのが間違いだったんだ
その言動の裏側を
彼を構成する
パーツを 色を 成分を
ほんの欠片でも   



■2巻発売しました。
 高校を卒業して数年、水帆の元に突然、高校時代の同級生・折口はるかの訃報が舞い込む。地味で目立たないはるかとは、さして仲が良いわけではなかった。しかし葬式で、はるかの母親から、なぜか自分がはるかと仲良しだったことになっており、さらには彼女が妊娠していたという事実を知らされる。「その子の父親を探してほしい」そう母親に頼まれ面食らう水帆だったが、気まぐれから引き受けてしまう。とはいえ手がかりはほとんどない。心当たりのある人物と言えば、成海皓ぐらい。しかし彼女は恐れていた。、高校時代キスを交わした彼に、再び関わることを…

 層の厚いベツコミの連載陣ですが、4番を選べと言われたら、間違いなく芦原妃名子先生だと思います。和泉かねよし、小畑友紀、桜小路かのこといった実力派の作家さんもいらっしゃいますが、ここまで確実に長距離打を量産できる先生はそうはいないんじゃないかな、と。3ヶ月に一度の掲載ですが、その存在感は圧倒的。今作も、「砂時計」に引けをとらない中身の詰まった良作になっています。

 さてお話ですが、かなり冷めた性格(異様なほどに冷静)なヒロイン・水帆が、亡くなったかつての級友の過去を探ることを通して、自分自身を見つめなおすという、サスペンス要素のあるラブロマンスです。物語の中心となるのが、ヒロイン・水帆と、高校時代のクラスメイト・成海皓。人間観察には自信のある水帆が、唯一全く理解できなかった人物で、同時に最も興味を引かれた人物でもあります。とにかく食えない彼は、すんなり水帆にパーソナルスペースに入り込み、彼女の心をかき回します。まぁ高校時代に色々あったらしいのですが、その辺はまだ明らかになっていないという状況。タイトルの「Piece」があらわすように、物語が進むにつれ、折口はるかや、水帆、成海、さらには脇役たちの過去と想いが明らかになり、パズルが完成されていくという構成になっています。


piece.jpg
軸は「折口はるかの死」ですが、最終的にはこの二人についての物語になると思われる。


 ヒロインの水帆が思考型のキャラということもあり、物語が非常にわかりやすくなっています。全体を見ると、パズルのピースは全く埋まっていないという状況なのですが、ヒロインの心情がかなりわかりやすく描かれるので、物語にすんなりと入り込むことができます。またサイドを固める人物たちの描写も秀逸。ある程度重要なキャラに関しては、しっかりと心情描写がなされるので、一層物語の説得力を強めることになります。なんというか、各人物が「ルール」に従って動いている感覚があり、それを読者はなんとなく感じることができるので、安心して読めるという。そんな中にひとりいる、とにかく読めないキャラ・成海。この対比が実に際立っていて、面白い。なんかラブストーリーっぽくないですが、作者さん曰く全力でラブストーリーだそうで、これから一気恋愛色が強くなってくるのでしょう。折口はるかの死を通して、最終的には水帆と成海の恋愛模様に持っていくのかな、と。しかし当たり前ながら、明るい話ではないよね、この展開だと。


piece2.jpg
瀬戸内円さん。以下説明・・・


 さて、2巻に登場する瀬戸内円というキャラについてひとつ。いやね、すごいんですよ、この子。位置づけはクラスのアイドル。カワイイのはもちろんなのだけどほかのかわいい子を差し置いて圧倒的に男子に人気があり、同時に女子からも好かれるという存在。かわいさの上に、周りを明るくするような、不思議な魅力があるキャラとして描かれるのですが、こういう存在、確かにいたなぁ、と。もうね、作り出す空気が違うというか。見た目だけじゃなくて、雰囲気にやられてしまうんですよね。少女マンガではあんまりこういう子が描かれないので、ちょっと取り上げてみた次第。こういうキャラを描けるってのも、芦原先生の魅力。各人物が本当に説得力に溢れてる。いや、単純に私がこういう子好きってのもあるんですけどね。


【オトコ向け度:☆☆☆☆ 】
→「砂時計」もそうですが、芦原先生の作品は理路整然としているので、男性にも結構読みやすいんじゃないでしょうか。ま、好き嫌いはあるとは思いますが。
【私的お薦め度:☆☆☆☆☆】
→読み応え抜群。明るい話ではないですが、ドロドロした感じもなく、適度な重さのある作品に仕上がっています。途中で話が緩まないのがすごい。ぜひチェックしていただきたい作品です。


作品DATA
■著者:芦原妃名子
■出版社:小学館
■レーベル:ベツコミフラワーコミックス
■掲載誌:ベツコミ('08年5月号~連載中)
■既刊2巻
■価格:各400円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ベツコミ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。