このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.07.06
07124947.jpg時計野はり「お兄ちゃんと一緒 」(1)


おばあちゃん

家族を
見つけたよ



■11巻発売、ついに完結しました。
 3歳の時に両親は他界、そしてこの春、育ての親である祖母も亡くなった。わずか14歳で、桜は一人ぼっちになってしまった。一人でなんて、やっていけるのかな…そう不安を募らせ、誰もいない家に帰った彼女だったが、何故かそこには謎の男たちが4人。とりあえず話を聞くと、どうやら腹違いの兄らしい。一人身になった桜の面倒を見るため、4人揃って越してきたというのだ。「これからは、兄妹仲良く暮らしていこーね♡桜!!」新しいお兄ちゃんたちとの、賑やかな毎日が始まった…!!

 母親違いの兄4人との生活を描いた、賑やかホームコメディです。白泉社らしく、一話目で舞台設定は完了。後は兄たちとの触れ合いをメインに、ちょっと賑やかでちょっと変わった桜の日常を映し出していきます。
 4人の兄たちは、作家で女装癖のある長男を筆頭にみなキャラが立っています。逆ハーレムではイケメン揃いというのがデフォなのですが、4人の中でソレっぽいのは次男ぐらい。多分一番のイケメンは長男なんでしょうけど、いかんせん女装癖があるのでね…。ま、とにもかくにも非常に親しみやすいキャラが揃っています。


お兄ちゃんと一緒
桜の破壊力。4対1ですが、キャラの魅力という面で、戦闘力はほぼ互角。


 腹違いの兄妹とありますが、実は後妻さん(桜の母)は別の相手の子供(桜)を身ごもりながら(兄たちの)父親と結婚したという経緯があり、桜と兄たちの間に血の繋がりは全くありません。そのことは1巻で早くも明らかになり、以降それを踏まえた上での同居生活となります。…と、いうことは、ですよ。当然「ラヴ」な展開があるわけで…単なるホームコメディでは終わりません、はい。個人的には恋愛展開いらなかったと思うんですけど、どうでしょうか?あくまで疑似家族ものを貫いて欲しかった…恋愛展開は、鈴木くんとなら許せた…。

 さてさて、この作品の魅力といったらもう全力で桜ちゃんなワケですが、桜ちゃんを見る度に「妙にエロいな…」と。でよーく考えて、やっとその理由がようやくわかったのですが、関谷あさみ先生や岡田コウ先生(どちらもロリ系のエロマンガで有名)といった作家さんの作品を勝手に想起していたみたいです。エロいのは私の頭の中でした、と。サーセン。いや、でもロリコン層のファンは確実にいると思うんだ。


【男性へのガイド】
→桜ちゃん一択。しかし関谷あさみ・岡田コウの名前を出したのはこのブログ的にOKだったのだろうか…なにか大切なものを失った気がする。とはいえこの例えは決して的外れではないはず。あ、疑似家族ものが好きな方にもオススメですよ。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→個人的に、兄と桜の恋愛展開はいらなかったと思ってます。とはいえ疑似家族ものとしても、恋愛展開にしても、一定のクオリティは保っており、無下に貶める理由は全く見当たらない。ラストもなかなか良い締め方だったので、オススメで。


作品DATA
■著者:時計野はり
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめCOMICS
■掲載誌:LaLa(平成15年7月号~平成21年5月号)
■全11巻

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「LaLa」コメント (3)トラックバック(0)TOP▲
コメント

エロ乙w 確かに恋愛余計だと思う作品もあったりして、作品の要素のバランスって大事だよなと感じました。
From: 遠藤 * 2009/07/07 16:40 * URL * [Edit] *  top↑
ロリコン乙wというツッコミじゃなかったので一安心(笑)

この作品に関しては、バランス自体は悪くないと思うのですが、血が繋がっていないとはいえ歳の離れた兄妹で…っていうシチュがどうも好きではなくて…。とはいえそれが良いって人もいるわけで、なかなか難しいところです。
From: いづき * 2009/07/07 23:07 * URL * [Edit] *  top↑
中盤から面白さが下降してたにも関わらず
なぜこの作品が妙に好きだったのか長年の疑問が解けました>関谷あさみ、岡田コウ
From: siro * 2012/07/26 22:04 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。