このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.07.07
作品紹介はこちら→緑川ゆき「夏目友人帳」


natumeyujintyou.jpg緑川ゆき「夏目友人帳」(8)


慣れないことを
積みかさねて
進んでいく
小さいとしても
一歩ずつ



■気がつけば8巻ですか。
 7巻ではまるまる、的場一門との攻防戦が描かれ、今後に向けて大きく関わってくると思わせる形で終了。さて、8巻ではどんな展開が…!?と思いきや、的場一門は全く出てこず。夏目が藤原家にお世話になることになった経緯や、文化祭参加などの話が描かれ、妖ではなく、人との関わりにフォーカスされた内容となっています。成長記的に見れば良いのかもしれませんが、うーん、これは長期化フラグ?

 夏目の人格形成についてレビューしても良いのですが、それだとまるまるストーリーをあげることになるので、やめておきます。ということで今回は、夏目の友人で、この物語の紅一点・多軌透について少しお話を…


夏目8笑顔が素敵なタキ。
「ごめんね」という台詞も、この笑顔で言われればむちゃくちゃ印象が良い。ちなみに「久しぶりに人と話した」というのは、いじめられてたとかではなく、妖怪に「名前を呼んだ相手が食べられてしまう」という呪いをかけられた事情から。その結果、学校での彼女のイメージは「無口でおしとやか」。密かに憧れている男子もいる模様。

 夏目と同じ学校に通う多軌透(通称タキ)は、ご先祖様が陰陽師のような仕事をしており、陣を描くことで妖怪を見ることができる不思議な能力を持っています。その能力から、すぐに夏目と仲良くなり、よく一緒にいるように。8巻では田沼くんとも友達になり、すっかりレギュラー化。恋愛云々な気配は今のところ全くありませんが、期待したい所。
 
 妖怪を視ることができるという時点で、なんとなく人付き合いが苦手な一風変わった子だというイメージを勝手に作り上げていたのですが(私服も変だし)、実は結構な世話焼きで、かなり「良い子」なんですよね。こんなお姉さんが欲しかった…。


夏目9
出会って間もない少年のために、わざわざクッキーを焼く。買わずに焼くってところが良いですよね。って何より料理(少なくともおかし作り)ができることが意外だった。


夏目7
8巻では動き出しの早さを披露。


 これ以外にもかなり親切さを発揮しているシーンがあります。責任感が強いというのもあるのでしょうが、タイミングの良さがスゴい。夏目が森に迷い込めば、何故かその場所にたまたま居合せ、森の外まで連れて行き、ケガをしていればハンカチで手当てしてくれるし。一緒にいても、いなくても、(役に立つかは別として)絶妙なタイミングで登場するんですよね。登校の時も、夏目の姿を見つけると走って来るんですよ、かわいいじゃないですか。

ここで夏目に一言…なぜ惚れない!?
なんで…なんでなんだよ…

 今後ラブな展開は…あるんだろうか?夏目の心にも成長が見られるので、その可能性はなきにしもあらずですが、案外田沼くんに持ってかれるなんて事もありそう。てかタキの真意はどこに?そういえばタキは、ニャンコ先生が超絶かわいく見えるほど目が悪い(失礼)ので、一般的な普通~イケメンゾーンに属する男性には興味を持たないかもしれません。
 
 あ、これ(→今度はニャンコ先生抱き枕!応募者全員サービス)応募しちゃいました。久々にLaLa買ったんですが、表紙は「会長はメイド様」で、男性にはかなりハードルの高い絵でございました(笑)


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「LaLa」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。