このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.12.25
当ブログはリンクフリーです。連絡なども必要ありません。相互リンクは行っていません.
が、当ブログと内容的に関連のあるサイト様の場合は、こちらからもリンクを貼らせていただくかもしれません。順次増やしていければ…いいな。

素敵バナー(※持ち帰り推奨)
バナー
コミックホームズの斎藤さんが作ってくださいました!ありがとうございます!


■リンク先ご紹介
以下敬称略で失礼します。


Special Thanks(相互みたいな)
comic
ヤマカム
きなこ餅コミック
遠藤ってば!
テニス漫画レビュー
Lovely Complex Love
マンガがあればいーのだ。
空夢ノート
日常散策
Vent Celeste
黒猫コミック館
海星屋
水星さん家
ボーイズラブを読む!
マンガLOG収蔵庫
プリン味サワー
正直どうでもいい
マンガのおかげでした
素晴らしい日々
酔いどれ眼鏡の漫画居酒屋
BLUE-本の扉-*
腐女子の読書記録。
今までに購入した漫画、ゲームのメモ



news
無気力通信↓
mkt_banner.gif

痕跡症候群
えたーなるむーん

2ch
にくろぐ。

database
コミックホームズ
コミックホームズ



Favorite&Respect
comic
マンガ一巻読破
幻想のさ・く・ら
幻想

百合な日々
DAIさん帝国
無駄話
defeated.

ilust
サイコウキオン-35℃
サイコウキオン-35℃

めだかんぱにー
めだかんぱにー



News
ふぇいばりっとでいず
ゴルゴ31
MOON CHRONICLE
mc_bn.jpg

萌えプレ
日々俺酔狂
すくぅうみうぎ


Database
コミック発売一覧(太洋社)


Sozai
2dogs


カテゴリ未分類コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。