このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.08.05
■先週色々報告してしまったので、特にお知らせすることもないのですが、一応形式は重んじたいということで…。

7月オススメ更新しました→今月のオススメ 厳選8タイトル 【'09年7月】
雑記更新しました→【月一雑記】 男が少女マンガを買う際の壁


■新テンプレ移行しました
 がっつり変更してみたのですがいかがでしょうか?青を基調として涼しげな雰囲気をイメージしてみたのですが、若干見づらくなってしまった気も。ただあまり気にしても仕方ないので、このままで行くつもりでございます。
 
 Macに関しては各ブラウザで動作確認してますが、MacIEではレイアウトが崩れてしまいます。ってMacIE使ってる人はまずいないと思うので、放っておきますけど。Windousに関してはFirefox3とIE8で動作確認しました。その他のブラウザでダメだったと言われてもすぐには対応できないので、ご了承ください。不具合報告はまだまだ募集中ですので、その際はメールないしコメントにて教えていただければありがたいです。一応まだ「テスト中」ということで、少しずつ修正していきたいと思います。


■リンク先ご紹介
Lovely Complex Love
…先月の雑記が各所で反応があったというコトをお話したのですが、その雑記を書くきっかけとなったのが、yuyuさんの運営するこちらのブログ。主に別冊マーガレット連載作の感想を書かれており、視点的にはまさに女性の感想という感じ。男向け云々なんていうブログをやっていると、人とは視点がずれていってしまうように感じているので、こういう女性視点のオーソドックスな感想は、個人的にありがたかったりします。


■ピックアップ
少女マンガ界隈での気になる動きを、主にコミックナタリーさんからピックアップ。
森博嗣が書く「トーマの心臓」が7月31日に発売
…店頭で見てとっても気になっていたのですが、実際どうなのでしょうか。どちらも好きな先生なので、買わない手はないのですが、読む時間が確保できなそう。お盆にでもゆっくり読むかな。

松本夏実「夢色パティシエール」がTVアニメ化
…アニメ化には驚きました。そんなに人気あったんですか。コレを見てパティシエを目指す子がまた増えるのかな。(レビュー:松本夏実「夢色パティシエール」

「しゅごキャラ!」10巻はなんとミュージカルDVD付き
…大きなお友達を巻き込まない限り、少女マンガでこんな動きはまずありえない。すごいです。(レビュー:PEACH-PIT「しゅごキャラ!」

りぼん小学生まんが大賞:“史上最高”の約900件が応募 ハイレベルで2人が受賞(毎日jp まんたんウェブ)
…受賞した二人には、担当さんが付くそうです。「小学生に担当さんって…」と思ったのですが、上の子とかめちゃくちゃ絵上手いですよね、二人ともトーン使ってるし、スゴいな。茶畑るりや津山ちなみ、春田ななの例もありますし、近いうちにデビューなんてこともままありそう。(レビュー:津山ちなみ「HIGH SCORE」,春田なな「スターダスト★ウインク」

渡辺ペコ新作「あに・いもうと」フィーヤンで連載開始
…さすがフィーヤン、抜け目がない。「ランダバウト」がなかなか面白かったので、こちらも期待。というか「キナコタイフーン」が微妙で、「にこたま」がモーニングツー連載という状況では、この作品に期待するしかないのです、ウチのブログ的には。

小玉ユキ「坂道のアポロン」のジャズ・サントラ発売決定
…売れるのか?アニメ化ドラマ化した「のだめ」とは違うし…と思ったものの、ビジネス的な側面は薄いのかも。(レビュー:小玉ユキ「坂道のアポロン」)

ファン待望「溺れるナイフ」8巻でジョージと荒木がコラボ!?
…今月「溺れるナイフ」発売です。楽しみで仕方ないです。

りぼんにまゆたん襲来!新連載「ハートのダイヤ」開始
…マーガレットとのダブル連載。ちなみに短期でジャンプSQでも描くそうで、すごいですね。正直新條まゆ先生とりぼんって、水と油みたいなイメージがあるのですが、果たしてどういったシフトチェンジを見せてくれるのでしょうか、楽しみ。ブログでの「リボンっ子でした!」というのには驚きでしたけど。(レビュー:新條まゆ「あやかし恋絵巻」



■8月に向けて
 ここ1週間かなり立て込んでいて、レビューが疎かになってしまっていたので、今一度心を引き締めたいと思います。それと続刊レビューをもう少し増やすのが目標。通常レビューは明日から再開します。では今月も宜しくお願いします。
カテゴリお知らせコメント (4)トラックバック(0)TOP▲
コメント

テンプレ、本格的に変わったんですネ!(^-^)

私のブログの紹介、本当にありがとうございます!
私のブログのリンク集に追加させていただきますネ(^o^)

私のブログで、先日いづきさんのブログをご紹介させていただいたところ、興味深かったためか、いづきさんのブログのリンク先へクリックしていかれた方が沢山いらっしゃいました。

話は変わるんですが、「となりの怪物くん」かなり面白いです!
上半期オススメに入っているのは、うなずけます!
From: yuyu * 2009/08/05 21:48 * URL * [Edit] *  top↑
お久しぶりです。こちらもリンクに追加させていただきました(完全な事後報告ですが)

その節はご紹介くださってありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

そういえば「となりの怪物くん」のレビューされてましたね!ろびこさんのファンが増えてとっても嬉しいです。同じ作者さんの「ひみこい」も素敵な話なので、もし良かったら読んでみてください~
From: いづき * 2009/08/06 00:06 * URL * [Edit] *  top↑
いづきさん、リンク、どうもありがとうございます!(^o^)
こちらこそ、よろしくお願いします。

「ひみこい」、機会があったら、読んでみますネ!

From: yuyu * 2009/08/06 00:21 * URL * [Edit] *  top↑
どうもです~
From: いづき * 2009/08/06 01:02 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。