このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.08.11
作品紹介はこちら→葉月かなえ「好きっていいなよ。」


07225858.jpg葉月かなえ「好きっていいなよ。」(3)


人を知って……
恋を知れ



■3巻発売しました。
 学校一のモテ男・黒沢大和とお付き合い(仮)を始めて早半年。一応キスはしたが、それっきり。いまだに呼ぶときは「黒沢くん」だし、なかなか自分の気持ちを素直に出せない。いや、この気持ちが何なのかさえ、よくわからない。そんな中、やたらとめいに突っかかってくる子が。どうやら彼女も黒沢のことが好きらしい。思わぬ恋のバトル勃発に、めいは・・・?

 なんか凄いタイトルになってしまった…。別に狙った訳じゃないんですが(何を)。というわけで、「好きっていいなよ。」3巻です。なかなか素直になれないめいと、その隙を突いて黒沢にアプローチをかけてくる女の子たち。黒沢くんって本当にもてるんですね。これだけモテキャラにしたのだから、相手のめいも、それに耐えうるだけの魅力を出していかなければならないでしょうから、これから大変だぞー。

 さてこの3巻なのですが、恋のライバルとして登場した女の子・愛子がとっても印象に残りました。黒沢とは中学からの付き合い。今ではキツめの風貌と、そのスタイルの良さで男子の目を集めている彼女ですが、中学時代は太っていて、さらに彼氏に裏切られ身も心もボロボロになっていたという過去があります。そんなときに、黒沢から優しい言葉をかけられ、以来黒沢のことを想いつづけているという状況。ってこれだけ書くと、とっても一途な女の子のように思えるのですが、実は不特定多数と関係を持っているという、ちょっとだらしない子だったりします。いや、だらしないって表現は違うか。この愛子が、タイトルの「ヤリマン」になります、はい。


好きっていいなよ①
彼女なりの、精一杯の告白。


 誰よりも大和を想っている→大和を想ってダイエットをした、きれいになりたいって改めて思えた→色んな男とHしたけど、いつも大和を想ってた(←これがわからないんだ)。どうして大和を想ってダイエットをして、見事に痩せることができたのに色んな男とセックスしてしまうのか。普通だったら、痩せた私の体は大和にしか許さないって発想に行くんじゃないんですかね。そこがとにかく不思議だったのです。
 確かにダイエットに成功したものの、急激な体重変化に耐えられず、お腹にはいくつもの皺が残ってしまいました。ひとつコンプレックスが消えたと思ったら、またひとつコンプレックスが。その体を彼女自身は「嫌だ」と思っており、また同時に、この“傷”を受け入れてくれるのは大和だけだと思っています。だったらなお更何故、と。ダイエットに成功したものの、新たにコンプレックスができてしまった、その空虚感を埋めるために、セックスという手段を選ばざるを得なかったのか。はたまた生まれ変わった自分の価値を確認するために、セックスをし続けたのか。愛子は一体どういった心持ちだったのか、男の私にはうかがい知ることはできません。なんとなく、自分のレビューの限界、男が少女マンガをレビューする限界のようなものを感じてしまいました。とはいえラストは明るい形で締めてくれて良かった。こういう終わり方をさせるから、葉月先生って素敵です。


 愛子と同時に、もうひとりこの巻で非常に印象に残ったキャラが・・・

好きっていいなよ②大和の妹・凪(10歳)


 葉月かなえが・・・幼女・・・だ・・・と…!?いや、別に出てきても全く問題ないのですが、葉月かなえ先生と幼女って全然結びつかなくて。いるじゃないですか、年齢的にも見た目的にもそういう話があってもおかしくないのに、どうしても結婚というものがイメージできない女の人って。で、そういう人から結婚の話を聞かされるとものすごく驚いちゃうっていう。いや、この例え、たぶん違う。さて、凪の紹介に戻りましょう。上の画像の通り、強気な女の子で、お兄ちゃんが大好きなブラコン少女。初対面のめいを「ブス」の一言で一蹴するなど、かなり強めのお姫様。その一言では飽き足らず、「こんな人が兄ちゃんの彼女なんてがっかり」と、容赦ないです、すごい。そんな傍若無人なお姫様ですが、実は不登校児だったりします。クラスメイトとの折り合いがつかず、気がつけば孤立。兄だけが心の拠り所でした。そんな兄が連れてきたのが、ぱっと見地味すぎるめいじゃあ、そりゃがっかりもするわな。しかしそれだけで終わらないのが、めいの凄いところ。彼女自身もクラスで孤立していた過去があり、そのつらさを知る彼女は、凪に優しく歩み寄ります・・・


好きっていいなよ③
他人からの優しさに、初めて触れた凪。気がつけば打ち解けていた。


好きっていいなよ④
彼女なりの、精一杯の歩み寄り。言葉で上手く伝えられなくとも、行動でその想いを伝える。この姿勢はめいも少しは見習ったほうが良いんじゃないんですか?


 もうなんかね、葉月先生らしからぬハートウォーミングなストーリーだったのですよ。本当に、恋愛抜きの、優しさだけに溢れたお話で。エロティックなティーンズラブ一辺倒の先生かと思っていたので、この変わり身には驚き。葉月先生、本当に計り知れないです。しかもこの凪、かわいいから困る。こりゃあもう全力でプッシュせざるを得ないでしょう。どうやら一発キャラで終わらずに、これからもちょくちょくストーリーに絡んでくる模様。やや気だるげな雰囲気になりがちなこの話で、一服の清涼剤となってくれるのか、期待しつつ見守りたいと思います。


好きっていいなよ⑤
基本はこんな感じですけどね。またこれもかわいい。


 とりあえず4巻への展望を書きつつ締めたいと思いますが、次巻でついにめい初体験か!?正直そこがこの物語の一番の見所であると思われるだけに、期待大。果たしてどんな心情描写がなされるのか。3巻ではペッティング(でもないか・・・)止まりだったので、このステップアップのペースでいくとそろそろ。とはいえまたしてもライバル登場で、すぐにってことはなさそう。今度は読モですよ読モ。気がつけば話が飛躍している感もありますが、めいが自分のフィールドでどっしりしていてくれればそれで大丈夫!次も楽しみですね。あと凪の登場回数がちょっと多くなってくれるといいなぁ。



■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「デザート」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

最近アニメを見て興味を持ちまして、コメします。

知り合いでダイエットに成功してめちゃめちゃモテ始めた女子がいます。太っていた時は当然ながら男子にはモテない訳ですが、その反動か、彼氏がいても他の男子とsexにおよぶ事が多々ありました。知り合にも「抱いた」と言う人がいましたね。

その後、もともといた彼とは別れる事も無く結婚までこぎ着けましたが、好きな相手がいて心ココにあらずでも別の男性とsexすることってあるんですよ。気持ちいいからとかでもなく。

愛子の場合は満たされない思いを他の男で埋めたと言う事も考えられます。別の知り合いの女子は失恋がきっかけで数人と関係におよびました。人肌恋しい時もあるってやつですかね。

好きな男がいるからその男だけにしか抱かれたくないっていう発想は、現実離れした理想をもつ男子だけですよ。男性作家の描く女子像と女性作家の描く女子像の大きな違いの1つと言えますね。

あたしもそう言う意味で何人かと関係をもちましたが「何で」と聞かれたら「そう言う気分だった」としかいいようがありません。
From: 0048 * 2012/12/11 00:44 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。