このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [新作レビュー] 2009.08.19
07225622.jpgミユキ蜜蜂「姫君と三匹の獣」(1)


宝物を探している
ひとつめに見つけたのは     
「仲間」という宝物。



■アルバフォレスト王国の王宮に届いた、一通の予告状。そこには、今は亡き国王が、愛娘・バイオレットに遺した財宝を頂くとの内容が記されていた。送り主は、巷を騒がせている3人組の盗人連中“三獣士”。財宝に心当たりの無い女王と側近は、疑問に思いつつも警備を固めるも、そんなことはお構いなしに、姫・バイオレットは城内を闊歩する。父が亡くなって以来、何かにつけて部屋に閉じこめられるようになった彼女は、毎日が退屈で仕方ないのだ。そんな彼女の前に、三獣士のひとり・鴉が現れる。彼との出会いが、その後の姫の運命を、大きく変えることになるーーー

 作者さんの初コミックスとなります。帯には「超大型新人、誕生!」の文字が。これはまた強気に来ましたね~。こんなの単なる宣伝文句でしょ?なんて思われるかもしれませんが、やっぱり自信が無ければここまで堂々とは書いてきません。どの程度下駄を履かせているのかは知りませんが、私は基本的にこういう言葉は素直に受け取るようにしてます、はい。さて、じゃあ実際中身はどうなんだ、ということですが、宣伝文句に違わない画力と話運びでございますよ。
 
 ストーリーは、姫と盗賊のファンタジック冒険ロマンス。冒険家だった父の血を引く姫・バイオレットは、盗賊を目の前にしていても立ってもいられず、ついつい後をついていってしまいます。盗賊からすれば迷惑千万なのですが、三獣士のひとり・鴉は、過去にバイオレットと会っており、その時のことを今でも大切な思い出として覚えているなど、まんざらでもない様子。その他の二人も、なんだかんだでバイオレットのことを気に入ってしまい、結局盗賊3人、姫1人という奇妙な組み合わせの珍道中がスタート。三獣士は各地の財宝を手に入れるため、姫は見聞を広めるために、一緒に各地を回っていきます。


姫君と三匹の獣
一緒に行動するが、泥棒には加担させない。それが彼らなりのルール。バイオレット、大事にされてます。


 恋愛に関して言えば、バイオレット×鴉の一択。他の二人(鍵開けを得意とするぶっきらぼうな朽縄,女性の扱いに長けた百面相のルナール)はあくまで保護者兼良い仲間という感じで、これまでも、これからもバイオレット争奪戦に加わってくることはないんじゃないかな、と思われます。じゃあ無風のままゴールインだね、なんて思ってしまうのですが、王家の従者・シドがどうもバイオレットに気があるようで、王国に連れ戻すという名目で執拗に4人の後を追ってきます。作中だと空気読めない存在として捉えられてしまうような気もするのですが、こういうキャラ大好きです、はい。人一倍純粋で、人一倍真面目だからこその行動、萌えるじゃないですか。またヒロインのバイオレットは15歳。その年齢に加え、ずっと城内に閉じこめられていたために、恋とは無縁の生活。そのため鴉への気持ちを恋と自覚するまでには少々時間がかかりそう。その辺もまたなかなか進まない恋路を良い意味で盛り上げる要素に。

 ゴールが特に設定されていないので、比較的自由に話を展開できるのは良い所。「盗賊についていって、世界を知る」というスタートのさせ方は、ありがちでありながら、結構強い動機付けとして最後まで効いてきます。また話もわかりやすくなるので、これは上手。キャラクターもそれぞれ立っているので、読みやすいです。


【男性へのガイド】
→少女マンガらしさが出た冒険ロマンス。受ける印象ほど読みにくさはないと思いますよ。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→クセもそれほどないですし、物語の流れ・キャラの個性もわかりやすくて面白い!白泉社のファンタジーはそれほど得意ではないのですが、これは次も買いたいです。


作品DATA
■著者:ミユキ蜜蜂
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめCOMICS
■掲載誌:ザ花とゆめ(平成21年2/1号~連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「花とゆめ」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

このお話、すごく面白かったです!
私的には、『朽縄もバイオレットのことを好きになる』という展開もアリだと思うのですが…。

あと同じく昨日買った『JIU JIU(獣従)』も、すっごく面白かったですよ!!雪っていう男の子が可愛くって格好良くって…!

『オトコでも読める』なのに、女でスイマセン…。(苦笑)
From: ソウ * 2009/09/23 14:35 * URL * [Edit] *  top↑
『朽縄もバイオレットのことを好きになる』という展開も、もしかしたらあるかもしれませんね。ただその場合、想いは報われなさそうですが(笑)

トビナトウヤ先生の『JIU JIU(獣従)』はオススメにはしなかったのですが、ヒロインと2匹との掛け合いがとても可愛らしかったので、2巻も購入しようと思っています。

女性でも大歓迎ですよ~。実際女性の訪問者の方も多いようですし、メインの読者層の感想を聞けるというのは、とてもありがたいことです。
コメントありがとうございました。
From: いづき * 2009/09/23 17:36 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。