このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2009.09.05
作品紹介はこちら→藤原ヒロ「会長はメイド様!」


07227184.jpg藤原ヒロ「会長はメイド様!」(8)


なんでそんなに
可愛いの



■祝!アニメ化!!ということで、8巻の発売ですよ~。正直「7巻終了時点で終わりにしちゃっても良かったんじゃね?」とも思ったのですが、まだまだ続くようで、それならばこちらもとことん追いかけてやろうじゃないか、と。

 めでたく前巻にてカップルが成立したわけですが、嬉しい気持ちと同時にとある懸念が。それは、「このままじゃ、会長がド直球ツンデレを繰り出すだけの、単なるニヤニヤ漫画になってしまうのではないか!?」というもの。カップル成立明けの第33話では、その予想を遥かに上回るようなニヤニヤ展開を用意してきました。
 

会長はメイド様!
(・∀・)ニヤニヤ。33話この回だけで、美咲の赤面シーンが実に27カットも描かれています。ニヤニヤが止まらない。

 
 いやね、それでもいいんですよ、「素直になれない会長可愛いなぁ…」っていうだけでも。でもそれだけだと、ワンパターンにはまり込んで、結果としてストーリーが食傷気味になっちゃうんじゃないかという想いもあったりして。けどそこは藤原先生。しっかりと話を展開する種を用意してあります。それが、碓氷の本心と出自について。今までは、ただがむしゃらに走り続ける会長を、自らのペースにはめ込み、余裕を持って手のひらの上で転がすというような、いわば碓氷>美咲というようなパワーバランスだったわけですが、その関係性に、8巻では若干の変化が。
 
 今までも、会長に不測の事態(物が倒れかかってきたり)が起きた時に、心の乱れを見せることはあったものの、それ以外では基本的に心は鉄壁ガード。そんな彼の余裕を崩したのが、鮎沢家の人々と、陽向でした。生活レベル的にはかなり恵まれた状況であると思われる碓氷ですが、その佇まいはどこか寂しげ。自ら望んでそういった状況になったのか、はたまた望まずしてそういった状況に陥ったのかはわかりませんが、鮎沢家にあるような、家族の温かさは、彼の心に何かしらの影響を与えたようです。そして、そんな鮎沢一家に溶け込む陽向を見て、さらに拓海の心は揺れ動かされます。


会長はメイド様!2
美咲の前で、ほぼ初めて余裕のなさをみせた拓海。果たしてこれからどんな展開が待っているのか…。


 これから先、拓海がどんどん自分の弱さを見せ、ありえないぐらい日和っていくなんてことはさすがになさそうですが、それでもある程度の“弱さ”は見せていくことになるのでしょう。というか、そうじゃなきゃ困るし、それでこそ対等な関係が作られるんじゃないかな、と。というか、ここまで彼の出自についてはほぼ明らかになっておらず、どうしたって気になる事柄を、「変態宇宙人」の一言で片付け続けてきた藤原先生って何気に凄いですよね。詰め方次第では、1巻でカップル成立まで持っていけなくもなかったお話を、ここまで引っぱったのですから、これからも引っぱること必至。8巻もちょいちょい横道に逸れて、「一本道でなんていかせるか!!」という、編集さんだか作者さんだかの意思が見え隠れしてます。まだまだ二人が真のカップルになるのには、長い時間がかかりそうですね。ま、それでこそこの作品だと思うので、個人的にはバッチコイという感じでございます。適度にニヤニヤしつつ、適度にシリアスで、ちょいオーバーに横道に逸れる、「会長はメイド様!」をこれからも追いかけ続けますよ、私は!

 ちなみに8巻は、陽向メインのお話が中心。彼の、真剣さに溢れた実に清々しい想いが、ひとつの見所になっています。また学校では選挙が開示。盤石の体勢を築く鮎沢政権に対抗してきたのは、思いもよらない人物で…?
 また今回は3バカの番外編も収録。コレを読めば、あなたもきっと3バカがもっと好きになるはず。加えて鮎沢妹も登場。一発キャラの気がしなくもないですが、なかなか可愛らしいので、こちらも必見です。


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「LaLa」コメント (0)トラックバック(1)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
会長はメイド様!~8巻~
※新刊レビューの決まり事をまとめているので初めてご覧になる方は是非先に目を通していただけましたら幸いです。一つだけこちらでも記載す...
2009/09/16(Wed) 20:14:51 |  漫画レビュー~遠藤ってば!~
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。