このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.09.10
32307245.jpg浜田翔子/津々巳あや「コスプリ!」(1)


オレが魔法をかけてやるよ


■天パにメガネ、クラスでも地味なほうの中学生・翔子。彼女の夢は、アイドルになって可愛い服をたくさん着ること…だけどこんな見ためじゃそれは無理…ということで、最近のもっぱらの趣味は、ちょっとマニアックな衣装を作って、自室で密かに一人ファッションショーをすること。そんなある日、彼女の家に、職業不詳の若い叔父さんが転がり込んでくる。彼の登場が、翔子の運命を大きく動かしていくことになろうとは   !?

 人気グラドル・浜田翔子さん原案の、アイドルサクセスストーリーでございます。女性向けのレーベルで、男性ファンの多いと思われるアイドル起用の意図は読めないものの、色々な意味で注目ということで、早速レビュー開始。
 
 まずヒロインは、アイドルになることを密かに夢見みていた、地味な中学生・翔子。そんな彼女の家に、突然叔父の隆裕が転がり込んできます。叔父さんと言っても年齢は若く、なかなかのイケメン。何をしているのかは一切不詳ではあるものの、有名ブランドのブティックでバイトをしているとか。そんな彼に弁当を届けにいった際、店員さん(性悪)の服を誤って破いてしまうというトラブルを起こしてしまいます。そして何故か、弁償の代わりに売り子をやらされることに。こんな見ためじゃ無理!と絶望にうちひしがれていたところに、隆裕の助け舟が。何と彼の正体は、芸能界でも一目置かれている、天才スタイリストでだったのです。彼の手によって、見違えるような容姿を手に入れた翔子は、無事売り子の仕事を完遂。さらに、かつて夢見ていたアイドルへの想いを再燃させるようになります。


コスプリ
天パメガネの地味子が、一気の大変身を遂げる。そこから「アイドルへ」って発想はなかなかスゴいが、そういう勢いってのは大事。


 隆裕自身は、すでに何らかの理由で芸能界からドロップアウトしており、芸能界への直接的な繋がりは持っていません。そんな二人を、芸能界へ導くのが、大役者の息子で、自身も役者の卵である幼なじみ。魔法使いのような歳上の男性と、ツンデレメガネの幼なじみとの板挟み…という展開で、どちらも芸能界への影響力は強めと、まさにおあつらえ向きな設定。これから恋愛色が出てくるのかな?ヒロイン自身はアイドル志望であるものの、行動力には欠けるため、進み方自体は巻き込まれ型。その辺はまさに、シンデレラ・ガールという感じで、ヒロインに感情移入できさえすれば、存分に物語を楽しむことが出来るはず。実際、低年齢向けの少女漫画誌とかで連載されていれば、それなりに人気しそう。ヒロイン中学生ですしね。フレアのメイン読者層の年齢はどうなんでしょ?
 
 浜田翔子さんが原案で、ストーリーは、田中翔子改め浜田翔子のアイドルサクセスストーリーってのは、どう考えても強気すぎないかい?という気がしなくもありません。原作ではなく、あくまで原案なので、そこまで深くは関わっていないのでしょうが、読んでいてちょっと恥ずかしかったです(笑)実体験に基づく、リアルなお話というわけではなく、あくまで少女マンガ用のファンタジーなんだ、と割り切るのが吉。


【男性へのガイド】
→基本的には少女漫画でございます。浜田翔子さんのファンの方は。
【私的お薦め度:☆☆   】
→展開のやや早い、オーソドックスな芸能界のシンデレラストーリーもの。ストーリー的に目新しさはないものの、こういった話が好きな女の子ってのは一定数いるはず。


作品DATA
■著者:浜田翔子/津々巳あや
■出版社:ソフトバンククリエイティブ
■レーベル:FlexComicsフレア
■掲載誌:フレア(2009年6月号~連載中)
■既刊1巻
■価格:560円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「フレア」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。