このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.09.13
32307243.jpg時東ぁみ/唐花見コウ「花咲く王子と青山で」(1)


今日やっと…
あなたに一歩近づくことが出来る
名前も知らない
私の王子様   !!



■11年前に出会った初恋の王子様に会うため、大学入学を機に青山にあるマンションへやってきた清宮雫。ところがマンションの住人は、たくさんの老人と、意地悪な先輩だけ!?叔母の管理するマンションで、管理人手伝いをするという話で来たはずなのに…。なんとここ、実はマンションではなく、自立型の老人ホーム。両親と叔母の差し金で、本当のことを聞かされずにやってきてしまったのだ。果たしてこんな所で、王子様は見つかるの!?王子様探しは前途多難の予感…!!

 タレントの浜田翔子さん原案の「コスプリ!」(→レビュー)と同じく、こちらも芸能人が原案を担当した物語。こちらの原案者は、一時期メガネアイドルとして話題を集めた、時東ぁみさん。だから女性メインの連載媒体で、男性ファンが多いと思われるアイ(ry…。久々に時東ぁみさんの名前聞いたんですが、未だにつんく♂プロデュースなんですか?ま、それはさておき、作品のレビューを。お話は、過去に出会った王子様との再会を夢見るヒロインが、老人ホームのお手伝いをしながら、王子様探しに奔走するというもの。前述の「コスプリ!」が、少女マンガっぽさバリバリの内容だったので、「老人ホーム」が出てきた時は驚きました。時東ぁみ…侮れん。賑やかで変わり者揃いの入居者相手に、同じ大学に通う先輩の指導を仰ぎながら、老人ホームの一員として溶け込んでいく様子が描かれていきます。その結果として、メインである王子様への道筋が示されるという感じ。ちなみに舞台は老人ホームですが、自立型老人ホームであるので、介護云々といったお話は出てきません。


花咲く王子と青山で
自立型老人ホームということで、皆さん健脚でとっても元気。そんな中にヒロインは飛び込んでいく。


 王子様探し×老人ホームという組み合わせが非常に目新しい、面白い試みとなっているのですが、現時点では「バランスが上手く取れていないなぁ」という印象が強いです。多分この違和感は、入居している老人たちと、ヒロインの目線の高さによるものなのかも。序盤からヒロインは「王子様を探しているので協力してください!」と言い、紆余曲折ありながらも、事実上老人ホームでの“主役”の座に就き、さらにそんなヒロインと、同じレベルでやりあったり楽しんだりしている入居者たち…この流れに、違和感を感じざるを得ないというか。別にそういう感じでも良いのですが、老人ホームをせっかく舞台に選んだのだから、同じラインでやり合うのではなく、ヒロインたちを一段上から優しく見つめ、時に受け入れ、時に道筋を示してあげる…みたいな方が物語としては深みが出そうな気が。歳の差がありながら、やっていることは同居もの・学園ものとそう大差ない状況。設定が設定だけに、なんとももったいないという印象(あくまで私の好みの問題ですけど)。ただメインの“王子様探し”にはそれほど影響が出ているわけではないので、これでも全く問題ないのか。


【男性へのガイド】
→わからん。…けれど、これから王子様との再会という方向に持っていくのだとすれば、女性向けの感が強くなってくるのかな。ただ何かありそうな長髪の老人が、パワー炸裂させれば、色々な意味で万人向けの感じになるのかも。
【私的お薦め度:☆☆   】
→もっと面白くなって良いはず…。少女マンガとしてなら「コスプリ!」で、もっと枠を広げたマンガとしてならこちらがオススメ。


作品DATA
■著者:時東ぁみ/唐花見コウ
■出版社:ソフトバンククリエイティブ
■レーベル:FlexComicsフレア
■掲載誌:フレア(2009年6月~連載中)
■既刊1巻
■価格:560円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「フレア」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。