このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.09.30
07099767.jpg峰倉かずや「最遊記RELOAD」(1)


「あ奴ら また何かしでかしましたか?」
「……いや いつも通りさ」



■人と妖怪、化学と妖術が共存を果たす無秩序な世界「桃源郷」。長きに渡り、人と妖怪は均衡を保ち共存を果たしてきた。しかしその均衡は、負の波動を受けた妖怪達の暴走という謎の異変によって、突如として崩れ去ることになる。異変の元凶は、どうやら牛魔王復活を試みる蘇生実験。斯くして、四人の若者が西域・天竺国への旅を余儀なくされた。再び世界に平和を取り戻すため   !!

 さてこちら、「最遊記RELOAD」ということで、「最遊記」の続編に当たります。三蔵を中心とした、悟空、沙悟浄、猪八戒の4人組が、天竺国で行われているという牛魔王蘇生実験を食い止めるために、様々な妨害を切り抜けながら旅をするというアクションファンタジー。アニメ化もされているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?すでに続編の続編「最遊記RELOAD BLAST」の連載も決定しており、ゼロサムの看板マンガになっています。基本的には痛快アクション珍道中とでも言いましょうか、とりあえずキャラ達がカッコいい。それぞれ個性がたっており、なんでもない掛け合いも面白いですね。「化学と妖術の共存」とあるように、移動はジープだったり、拳銃が武器だったり、かと思えば妖術や如意棒も出てくるなど、その世界観は独特。ただ独自ルールが作られていない分、理解はしやすくなっています。


最遊記
こんな感じ。オフ時はいがみ合ったりするものの、基本的には仲間意識が強く、戦う時は息ぴったり。


 続編ですが、RELOADから読んでもさほど問題はありません。私もRELOADから入ったクチで、そこから最遊記へと遡る形になりました。続編の特徴は、過去回帰が多くなったことや、ヘイゼル=グロース,ガティ=ネネホークといった新キャラの登場など。メインの4人は基本的にそのままなので、過去を知ることでより味わい深くなり、新キャラの登場で世界観が広がる…という感じでしょうか。とりあえず読みやすさだけは保証します、ハイ。内容は全然別ものですが、その雰囲気はなんとなく「ルパン3世」に通じるものがあるような気も。違うって言われたら全然違うんだろうけど(なんだそれ)。
 
 
 新連載の「最遊記RELOAD BLAST」が最終章になるようですね。はたしてこちらはどれくらい続くのでしょうか?


【男性へのガイド】
→いかにもヲタ女子向けという感じを受けるかもしれませんが、テンポの良さや、キャラだけにたよらない工夫されたストーリー展開など、取っつきやすい要素は案外多めかと。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→続編をオススメするのはいかがなものかと思いつつも、面白いものは面白いということで。あ、大判コミックですので。


作品DATA
■著者:峰倉かずや
■出版社:一迅社
■レーベル:ZERO-SUMコミックス
■掲載誌:ZERO-SUM
■全10巻(予定)
■価格:各724円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ZERO-SUM」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

 正直、ガンガン系列誌出身の作品を「少女漫画」に分類することには、ちょっと違和感がある私です(苦笑)。確かに昔から女性ファンが圧倒的に多いですけど、あくまでも建前上は『D.Gray-man』や『Reborn!』のような「オンナでも読める少年マンガ」に分類すべき作品だと思っていたので(内容的にも、ガンガン本流のバトルファンタジー漫画ですし)。
 基本的に、少年漫画と少女漫画の境界って、雑誌で区分されると思うのです。その意味で、出身誌である『Gファンタジー』はギリギリ少年誌だと思うのですが(同系列の『ステンシル』は少女誌だったと思いますが)、『ZERO-SUM』は少女誌に分類するのが一般的なのでしょうか? まぁ、どっちでもいいと言ってしまえば、それまでなのですが。
From: 闇霧 * 2009/09/30 19:27 * URL * [Edit] *  top↑
作風で決めるのが面倒なので、私も分類に関しては掲載誌でわけています。

女性向けかどうかの判断に関しては、その雑誌ないしHPで、女性向けであることを謳っているかを一つの指標としているのですが、ゼロザムも「女性向けのニュージェネレーションコミック誌」と謳っているので女性向けと判断しています(実際に読者も85%が女性らしいです)。

ただこの辺の系統の雑誌は、男性向け女性向けの線引きが難しく、個人的には白・黒というよりはグレーゾーンという感覚が強いですね。ブックオフでも紀伊国屋本店でも、男性向けの棚に並んでたり女性向けの棚に並んでたりと、本当に曖昧というか。ならばできるかぎりグレーを拾っておきたいな、というのが私のスタンスで、結果として「ASUKA」や「アヴァルス」、「ゼロサム」までレビューするという形になってます。芳文社4コマは違うだろというツッコミは結構受けているのですが、これは別枠ということで(笑)

この話題に関してはもうちょっと詰めた議論ができそうですね。
貴重なコメントありがとうございました!
From: いづき * 2009/09/30 20:47 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。