このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.10.03
07154080.jpgよしながふみ「大奥」 第1巻


我らは先程の金魚鉢の中の金魚なのよ
何の役にも立たぬ大奥という金魚鉢の中でたた飼われていることが
我々の仕事なのだ



■5巻発売でございまする。
 真っ赤な発疹が全身に広がり、やがて死に至る疫病・赤面疱瘡。瞬く間に全国に広がったその奇病は、なぜか男子のみに発症する。その病が出現して以降、男子の人口は瞬く間に減少。男の子は子種を持つ宝として大切に育てられ、婿入りも裕福な階級のみに許される特権に、そして気がつけば、あらゆる家業が女から女へと受け継がれるようになる。それは武家とて同じこと。将軍職もまた、三代・家光以降女子の継ぐところとなる。唯一の天下人である公方様のみに許される最高の贅沢   それは男子の少ないこの世で、美男3千人を集めたと言われる女人禁制の男の城    大奥。

 各所で賞も獲得し、今更感もある作品ですが、新刊発売ということでレビューいたします。作者はいわずもがなの名手・よしながふみ。もう「よしながふみ」と言っとけばOKみたいな空気すら出来てる気もしますよね。とりあえず漫画好きに「よしながふみ」と言って悪い顔する人はいません。あ、なんか話が逸れました。さてそんな先生の描いた大奥ですが、ポイントは一つだけ、そう、男女逆転ものであるということ。女同士のドロドロの骨肉の争いで人気を博したと言っても過言ではない「大奥」で、敢えての男女逆転。この姿勢だけでもスゴいじゃないですか。しかもそれがもの凄く濃密で面白いってんだから、参ります。一応5巻まで続いていますが、将軍ごとで話が分かれています。吉宗編から始まり、家光編、家綱編、そして綱吉編へ。各時代に生きた将軍、正室・側室たち、そして側近たちの想いが、どれも丁寧に、深く深く描かれます。


大奥
まさに「ここでしか生きていけない」者たちを描いた、ここでしか読めない物語。


 個人的に印象深いのが、家光編。家光編では、将軍職が女子のものに変わるまでの様子が描かれているのですが、大奥に生きる男だけが描かれるわけではないのだな、と感心したというか。なんていうか男女逆転にすることでよしなが先生は、女性が感じる鬱屈感だとか不安・怒りなどを男という像を通してより繊細に、同時に荒々しく描き出そうとしているのかな、と思っていたのですが、なんてことはない、女性将軍からも、男的に生かざるを得ない
女の生き様・心情というものをこれでもかと描き出している。そこからはもうどっぷりはまり込んでしまいました。歴史物とかそういうものではなく、完全なSF。それも人間関係によって、その世界を深く広く見せていくという、特殊なタイプの作品だと言えるんじゃないでしょうか(SF漫画として見た時に)。

 よしなが先生というと、「西洋骨董洋菓子店」や「フラワーオブライフ」、「きのう何食べた?」などから受ける、ややコメディ的なノリの強い作品を描く(もちろん前2者はやや重めのテーマが設定されたりしてましたけど)というイメージが強いのですが、この作品に関してはそういう要素は薄め。とにかく真っ正面から「人間ドラマ」を見せてくれます。もう何描いても、良い作品作っちゃうでしょ。これがよしなが先生の代表作かはわかりませんが、とりあえずよしながふみの神髄は存分に味わうことの出来る一作になっていると思います。なんか魅力をこれっぽっちも伝えきれていないような気もしますが、とにかくオススメでございます、ハイ。


【男性へのガイド】
→これは読める。というか、漫画好きなら読んでおくべき。
【私的お薦め度:☆☆☆☆☆】
→話題的にも、内容的にも、オススメしない要素が見つからない。


作品DATA
■著者:よしながふみ
■出版社:白泉社
■レーベル:JETS COMICS
■掲載誌:メロディ(2004年8月号~連載中)
■既刊5巻
■価格:円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「メロディ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。