このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [新作レビュー] 2009.10.11
07230050.jpg山中ヒコ「森文大学男子寮物語」


心がときめいた時も
折れそうな時も
ともに過ごした若葉のころ



■東の名門、私立の雄・森文大学。その広大な敷地の外れ、鬱蒼とした森を抜けて10分の場所にある古びた洋館、それが森文大学男子寮である。各学年15名計60名が集うその寮では、上下関係と規則の遵守のもと、皆々日々勉学に励んでいる。部屋は2人部屋で、上下関係は非常に厳格。しかし、節制に節制をつくした凝り固まった生活を送っているわけではない。時に一緒に酒を飲み、語り合い、恋に悩む。名門大学の寮生たちが織り成す、トキメキ必至のパワフル青春オムニバス!

 表紙を一目見て「あ、コレ描いたのBLの先生だな」と思ったのですが、やはり。山中ヒコ先生は、主にBLで活躍なさっておられる先生だそうです。この「森文大学男子寮物語」は、女性向け一般誌「フィール・ヤング」にて不定期掲載された、名門大学の寮生たちを描いたオムニバスシリーズになります。男子寮が舞台ですが、BL的な要素は一切ナシ。10歳差の恋愛に翻弄される田舎出身の新入生から、3股恋愛の渦中にいながらどこか冷めた目で見ているイケメン、歳下の彼女に手が出せない純朴青年に、入寮イベントに苦しむ勤勉な新入生、単位不足で退寮の危機に瀕する3年生と、その物語・主人公は様々。序盤は完全に恋愛に特化した内容になっているものの、後半は打って変わって友情ものと、その幅は「男子寮」という舞台設定を考えると広いです。
 
 男子ばかりが集うオンボロ寮で、1話目の主人公が花本くん。なんとなく「ハチクロ」を思い出しましたが、あのラインと似てなくもないのかな。さすがに森田みたいな男はいないものの、花本とか真山みたいな雰囲気を持つ男たちはおりますよ。なんて私も実は学生寮出身。同じ学校ではなく、県出身者で選り分けられる寮で、しかも1人部屋だったため、ここまでの一体感というか、良くも悪くもお互いの距離が近いと言う感覚は味わわなかったものの、この感覚はものすごく分かります(笑)基本的に先輩の言うことは絶対ですし、飲みに誘われたら行かなくてはならない。女の子を紹介してもらうこともあれば、恋バナに花を咲かせることもある。なんだかんだで一番一緒にいる時間が長いので、最終的に頼るのはそこになっちゃうんですよね。でも不思議と恋愛でごたごたすることはないという。


森文大学男子寮物語
何この青春。情けない感じがたまりません。共同生活はしているものの、大学生ですから“個”としては独立しているんですよね。その距離感をどう描くかなんですが、序盤は良い感じでそれが描かれてました。後半はこういう寮だからこその展開なんだろうなぁ。これはこれで楽しそう。


 男子寮物語ですから、主人公は全員男。それだけでもなかなかスゴいと思うのですが、童貞ネタが2つもあり、さらに仰天。1つ目は、童貞喪失を「奇跡だ…」なんて言っちゃう新入生。もう1人の話には、「猿ロック」でいう童貞マップ的なものが出てきたり…。そういえば、入寮して最初に聞かれた質問が「童貞?」だったっけなぁ…(遠い目)。この辺の描き方も、上手い具合にネタに落とし込みつつも、しっかりと男子の気持ちを表しているので、全然大丈夫、いやむしろイイ。BLだとこの辺がものすごくえげつなくなるんですけどね。
 
 また名門大学がモデルであるせいなのか知りませんが、基本的には皆いい子です。そんでもって清々しいほどに純情。こういう青春汁絞りまくりの作品、私は嫌いじゃないです。特に2話目、3股かけてる男の子のお話なんかは、ありえないぐらい青春してて良かったなぁ。同じ男子寮を扱った作品としては、和泉かねよしの「メンズ校」(→レビュー)がありますが、あちらはあくまで高校生の青春。この大学生ならではの青春ってのは、やっぱり高校のそれとは別ものなんですよね。モラトリアム期間の終焉が刻一刻と迫る中の、有り余るような自由な時間。その中に生きる学生たちの生き様を見ると、自分たちがその頃に置き忘れてしまったものを思い出させてくれるようで、どうにも恥ずかしく、同時に切ない感情が湧き上がります。
 
 ちなみにモデルとなった大学寮は、慶応大学の日吉寄宿舎だとか。この田舎っぽい新入生と汚い感じから、早稲田かな、なんて思ったのですが、慶應なんですね。そりゃ合コンも調子良いわな。


【男性へのガイド】
→これ男性でも好きな人結構いるんじゃないですかね。ちょっと酸っぱい青春モノが好きな方は。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→面白かったです。寮出身ってことで多少のフィルターがかかったのかもしれませんけど、それでも水準以上の出来にあると思います。オススメ。


作品DATA
■著者:山中ヒコ
■出版社:祥伝社
■レーベル:フィールコミックス
■掲載誌:フィール・ヤング(2008年9月号,2009年1,3,7,9月号)
■全1巻
■価格:924円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「フィール・ヤング」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。