このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2009.10.13
作品紹介はこちら→*新作レビュー* ろびこ「となりの怪物くん」
2巻レビュー→《気まぐれ続刊レビュー》ろびこ「となりの怪物くん」2巻



kaibutukun.jpgろびこ「となりの怪物くん」(3)


「答えは決まっているのに、期待させるだけさせるなんて
 いちばんひどいことでしょう?」
「いいよ
 そんなもん
 俺が変えてやる」



■3巻発売!
 ハルへの恋心をどうしていいのかわからず、逆に勉強最優先にしてその気持ちを封印した雫。一方のハルは、彼に密かに想いを寄せる大島さんの言葉を聞いて、ハッキリと雫への恋心を自覚する。あれれ、気がつけば、状況は反転?なかなか噛み合ない、2人の恋のベクトル。それでも少しずつ変化の兆しも…?そして訪れる、文化祭。またここでも一悶着起こる予感が…

 衝撃の出会いから早9か月、気がつけば3巻ですか。もうね、大好きです。上半期新作ベスト1に選んだ、いや、選ばさせていただいた以上「オトコでも~」はこの作品を全力でプッシュし続けますよ!

 さて、あらまし紹介にもあったように、気がつけば状況が逆になっているという、なんとも不思議な展開に。2巻では雫からの一方通行だった恋心は、3巻ではハルからの一方通行になってしまいました。ただ、「好きなのかわからない」というハルに対し、雫の場合は「好きだけど怖いから封じてしまおう」というベクトルですから、正確には逆とは言えないのか。でも状況だけ見れば、逆ですよね、うん。とりあえずヒロインである雫の気持ち次第なわけですが、コレに関連して、同じレギュラー女子キャラたちのそれぞれの内面の描かれ方に明確な差異があり、面白いと思ったので、今回はそれについて書いてみたいと思います。


~三者三様のスタンス~
 このお話の女性レギュラーは3人。彼女たちに共通しているのは、友達がいないということ。その原因は様々であるものの、その事実だけは揺らぎません。そんな彼女たちが高校に入り、友達が出来、さらには好きな人ができる子もいた。そうすると、今まではなかった「他者とどう対峙していくか」という問題に直面することになります。その問題に対する3人の反応について…


▶雫
 雫の場合、一番の相手となるのがハル。友達すら作らなかった彼女が、ハルという怪物と出会い友達になり、果ては恋までしてしまった。初めて経験する“人付き合い”というものに、彼女は戸惑いつつも目一杯考えて、自分なりの立ち振る舞いを選択していきます。彼女の場合、選択した行動は「今までの状態を堅守する」ことでした。最初は考えなしに「好きだ」などと言ってしまう彼女でしたが、やがて自分の心の変化に対応しきれずに、打って変わってその恋心を圧し殺すようになります。今まで勉強一筋でやってきた彼女にとっては、勉強・成績こそがアイデンティティ。失敗することもなく、成功体験のみが積み重ねられてきたもの(=勉強)の優先順位を落として、全くの未知の領域である恋というものにシフトしていくというのは、頭で考えがちな彼女にとっては想像以上に難しいことだったのだと思います。まぁ気持ちより理性が勝ったとも取ることができますが、なんとも彼女らしい選択ではありませんか。


となりの
あくまで自分の問題として解決を計ろうとする。ってこのコマの雫はちょっとかわいくないですね。鼻血だしたり食べこぼしてるとこなんか、最高にカワイイんですけど。


▶あさ子
 彼女の最優先事項は恋ではなく友情。その類稀なルックスの良さから、言いよってくる男は後を絶たず。しかしそれが仇となり、同性からは嫌われてしまうという状況でした。しかしあさ子にもついに春が。高校に入り、雫とハルの隣という居場所を見つけるのです。そんな彼女は、自分の行動を意識する事無なく、ただただ素直に他者との関わりを求めるという立ち位置。彼女はとにかく他者との関係性=友情に飢えているんですよね。しかも「ああいったことがしたい…」という欲求が蓄積されていて、それが押さえきれずに噴出してしまう。相手のことなどお構いなしの、巻き込み型の欲求表現が多いです。それが、相手のことを考えた上で自分の行動の仕方を考える…となれば一転気配り上手になるのですが、頑固でアホな彼女には、まだまだそこまでのレベルに達するには時間がかかりそう。自分はそのままに、ただただ相手からの承認を求める姿は、どこか幼い子供を見ているようで、なんとも可愛い。個人的に一番好きなのは彼女ですね。デフォで敬語なところとか、たまらなくないですか?


となりの2
自分ではどうすることもできない問題。あさ子の場合、気は相手に向いていることが多い。


▶大島さん
 大島さんの場合。大島さんは、ハルに恋すると同時に、友達がいないことも悩み。そんな彼女は、ハルとの関わりによって、少しずつ自分を変えていこうと心に決めます。意識的に自分の感情をコントロールしようとする部分は雫と同じですが、雫が気持ちを圧し殺したのに対し、大島さんはどちらかというと積極的に出していく面が強い印象を受けます。そうやって自分の立ち位置を計ることで、他者との関係性を築いていこうという。とはいえそうそう簡単に変化できるものでもないですから、そのいつも必死な感じがとってもかわいいですよね。
 

それでもキンタマついてんのか
おっとこれは失言。この作品でも一番の名言です。


▶まとめられるか…
 3人の立ち位置は、例えば志向でいえば、雫は自分に向いた保守志向で、あさ子は他人に向いた変化志向、そして大島さんは自分に向いた変化志向という感じでしょうか。ハル争奪戦では、圧倒的優位にある雫が、ハルとの関係を調整しにかかり、一方断然不利の大島さんが気持ちを伝えようと奮闘するという状況が作られ、きっかけ次第で一波乱起こりそうな予感も。兎にも角にも、3人がそれぞれ違ったスタンスで道を進んでいることが、この作品の大きな魅力の一つになっていることは間違いありません。今日は取りあげなかったけど、ハルもね(ササヤンはわからんけど)。
 
 「人生思うようにいかない事ばかりだ!」(松岡修造風)
 
 人一倍不器用だからこそ、ぶつかる壁は多い彼らですが、だからこそ、どうしたって見守ってあげたくなるじゃないですか。やっぱりウチのブログ的2009年新作第1位は、この作品で揺るがない。そこのアナタ、まだ読んでないなら、是非手に取ってみてください。損はさせません。


~3巻の内容についても少しは触れないとね~
 ちなみに3巻は、文化祭がメイン。今までちょい役だったキャラが、ここにきてちらほら存在感を放つようになってきています。その筆頭がヤマケン。あっという間にメインキャラになってしまいました。もしかして雫の事…という気もしなくはないですが、人一倍素直じゃないこいつが果たしてどこまでハルに対抗できるのやら…。ハルとヤマケンの対比も面白そうですね。またバッティングセンターのみっちゃん(グラサン)も、あさ子となんだかイイ感じに。とはいえ歳の差からかみっちゃんにその気は感じられず、またあさ子も男嫌いの気があるっぽいので、一筋縄ではいかないだろうなぁ…。しかもなんか影のありそうな反応だったし…。一応友情に関しては一段落した感じなので、これから進むのは雫の恋路(争奪戦?)、そんでもってあさ子の恋物語ってところなのかな。何にせよ楽しみ。とりあえずヤマケンの登場で、ササヤンの影が薄くならないことだけを祈っております。


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「デザート」コメント (4)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いつも記事を拝見させていただいてます。私は女ですが、このブログで紹介され、オススメ度が高い漫画は私もはまってしまいます!
いつも「何か面白い漫画ないかなー」って思った時は、ここで参考にさせてもらっています。となりの怪物くん、面白いですよね!これからも頑張ってください。
From: ごま * 2009/10/17 15:54 * URL * [Edit] *  top↑
コメントありがとうございます。

このブログタイトルのせいで女性から「女ですけど…」というコメントをいただく事があるのですが(笑)、なるべく男女隔たりなく参考になるよう意識して紹介していますので、そういった言葉をいただけると励みになります。
拙いレビューではありますが、少しでも参考になっているのでしたら幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いします!
From: いづき * 2009/10/17 16:17 * URL * [Edit] *  top↑
以前、「ろびこさんのファンです!」とコメントさせていただいた、esと申します。
たしか、その際、このブログで知った羽柴麻央さんの「イロドリミドリ」に共感し、同作者様の「私日和」も読んでみます…といったことを書き込んだのですが。
実はあれからすぐに買いに行きました。
こちらも予想以上に良作で…。
特に2話目は何度も何度も読み返してはキュンとなりました。
今は2巻を心待ちにしているところです。
(早く出ないかなぁ…)

さて。そんなわたしですが。
「怪物くん」については、少々悩んでいました。
2巻まで読んだ時点で、続きが楽しみ…というほどではなかったので、3巻については買うか買うまいか…迷っていたのです。
でも、いづきさんのブログを読んで、やっぱりとにかくもう1巻買ってみようと手に取りました。
結論。
良かったです!
あそこでやめなくて良かった!
盛り上がってきたような気がします。

ちなみにわたしは個人的にはあさ子が好きなキャラですねー。
でも自分に近いなぁ…と思いながら読んでいるのは、大島さんです。笑
もう、彼女見てると他人事とは思えず、胸が痛いです。><

…と長いコメントになってしまいすみませんっ。
いつもこっそり拝見させていただいています。
これからも素敵な作品を教えてください!
From: es * 2009/11/20 19:25 * URL * [Edit] *  top↑
お久しぶりです。
「私日和」気に入っていただけたようでなによりです!

「怪物くん」は当初微妙な評価でしたか(^_^;)
それまでの作品に比べると、キャラ設定がだいぶハジけた感じの作品なので、その辺が違和感を呼び込んでいるのかもしれませんね。って自分の感想ではないので想像でしかないのですが…。
私もあさ子がお気に入りです!かわいい見ためとは裏腹にイタいところとか、意外としっかり友達を気遣っているところとか、適度に変人で適度に普通なので(笑)
大島さんはこれからさらに活躍してくれそうで、楽しみですね

これからもマイペースに更新していくつもりですので、気持ち半分くらいの気楽なスタンスで参考にしていただければと思います。
くれぐれもレビューを丸々信用するなんてことのないように。。笑
熱のこもったコメント、本当にありがとうございました!
これからも宜しくおねがいしますm(_ _)m
From: いづき * 2009/11/21 21:34 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。