このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.11.17
07202359.jpg山田也「203号室の尽子さん」(1)


私にはなんの力もないけど
出来る範囲で力になりたいの



■3巻発売、完結しました。
 203号室に住む尽子さんは、一見普通の美少女高校生。しかし実際は、幽霊とお話が出来る霊感少女だったのです。しかもやってくる霊の話を懇切丁寧に聞き答えてしまうものだから、その評判は瞬く間に幽霊の間に広がり、今では3日とあけずに霊が訪ねてきます。そして横には彼女のファンの幽霊の姿も…。そんな尽子さん、幽霊と話すとお腹が減るらしく、常に何かを食べている大食い少女でもあるのです。恋より霊力、恋より食欲…そして今日も彼女の元には…

 大食いの霊感少女と、幽霊をめぐるホラーというかコメディというか感動というか…みたいなお話でございます。ヒロインは美少女霊感女子高生・尽子さん。若干天然の入った彼女は、幽霊相手でも物怖じせずに受け答え。それが好評を博し、気がつけば彼女のファンの幽霊ができ、迷える幽霊たちが3日をあけず彼女の元を訪ねてくるように。そんな彼女が霊感少女であると知っているのはごく僅か。母親や幼なじみの男の子など。彼女自身、周りに不気味がられないようにと、一応の気遣いはしているようです。しかし隠しているからといって幽霊騒ぎがなくなるわけでもなく、なにか起こる度に彼女は首を突っ込んでしまうのです。


203号室の尽子さん
よく食べる尽子さん。そんでもって「乗りかかった舟」と、何かにつけて手助けしてしまう心の広さを持っている。基本的にはおおらかな方です。


 幽霊の定義などは結構曖昧ですが、雰囲気でも十分納得できる範疇なので、さして問題はなし。例えば「ゴーストハント」(→レビュー)や「GS美神」などがこれ系統の作品ということになるのでしょうが、ヒロインの尽子さんが独特のキャラ(霊に対するスタンスも極力平和路線だったり)をしていらっしゃるので、それらの作品とは一線を画す印象を受けます。とにかく尽子さんのキャラがいい!色気より食い気なところとか、頼まれたら断れないへんとか、だからといって正義感を振りかざすようなこともしないし、なによりマイペースで和むのです。ヒロインの感情の触れ幅が大きいほど、ドラマティックな演出がしやすくなるのですが、こちらは逆。尽子さんが安定した感情の揺れ動きを見せるので、必要以上に気持ち悪くなったり怖くなったりしないで、どこか笑える要素を残しつつ話が展開されます。結構周囲でも人が死ぬんですけどね、悲壮感があまりなかったりと、なんだか不思議な感覚。

 物語が進むにつれ、尽子さんの食事シーンが少なくなっていくのですが、それがちょっと残念。女性が勢いよくご飯を食べる姿って、素敵じゃないですか?基本的にはお行儀の良い尽子さんが、食事となると買い食い歩き食いは当たり前に食べまくるという姿がもう…。女性の食事シーンがお好きな方にもお薦めできる一品となっております。


【男性へのガイド】
→恋愛要素は薄めで、単発形式で話が進むので、読みやすい作品なのではないでしょうか。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→作品独特の色があり、読みやすさもあります。オススメにしようか迷ったのですが、作品全体としての勢いには若干欠けたかなという印象も。


作品DATA
■著者:山田也
■出版社:秋田書店
■レーベル:ボニータコミックス
■掲載誌:ミステリーボニータ(2007年8月号~)
■全3巻

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ミステリーボニータ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。