このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.11.20
07083259.jpg東山むつき「炎人」(1)


あたしのカウンセリングは
荒療治だぜ



■Vシネ女優の姉を持ち、当の本人は定職に就くこともなく日々貧乏と空腹に苦しむ女・早乙女煌。性格はガサツで破天荒。自分に惚れている幼なじみを上手くあしらい、なんとか食いつないでいる。そこだけ見ると穀潰し以下のダメ人間だが、実は彼女には裏の顔があった。“獏”の通り名で、記憶解師としてあがめられる潜りの精神科医。一度彼女の手にかかれば、他の医者が匙を投げた患者すらも、悪夢から解放される。

 東山むつき先生のミステリーボニータ連載作。これももう長いですね、1巻刊行は2003年ですか。お話は、潜りの精神科医・早乙女煌の姿を描いたもの。「炎人」というタイトルから、どんなファンタジーアクションなのだろうと想像する方がいらっしゃるかもしれませんが、ファンタジックな要素はほぼナシ。あると言っても残留思念が乗り移るとか、どちらかというとオカルティックなもので、それすらも激しい精神世界での攻防を目に見える形で描いたという手法に思えないこともありません。雰囲気だけならば、90年代アニメのようなスタイリッシュさを持った、痛快な作品になっています。


炎人
“獏”の通り名が示す通り、夢を通しての治療がメイン。


 精神科医のお話(もぐりだけど)なので、扱う病気や症状などは重く暗いものが多いのですが、ヒロインをはじめ登場するキャラ達がみな明るく、コミカルに描かれるので、そういった(痛快)印象になるのかも。幼なじみの救や、メインの雇い主となるイケてるオジさん・陣内虎之助などは、煌に振り回されつつもその中でかなりいい味出してます。品はないですが、男キャラが軒並み魅力的。

 この作品の軸となるのは、当然のことながらヒロインの煌。とにかくカッコいいです。がさつでだらしないものの、一度患者を前にすれば、正義感溢れるヒーローに大変身。この飾らないカッコよさが、80~90年代アニメのヒーローチックで妙にツボに入ります。秋田書店は「KEY JACK」(→レビュー)といい、妙な懐かしさを持ったヒーローものがあって、良いんですよねぇ。ヒーローヒーロー言ってますけど、女性です、はい。しかし東山先生は色モノヒロインを描くのが上手いですね。「ヒステリックラバーズ」(→レビュー)といい。加えて男の子視点が加わるのが、個人的に読みやすい要因のひとつになっているのかも。


【男性へのガイド】
→読みやすいと思いますよー。それだけ。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→二桁刊行は面白さの証。続けて読む楽しさもあり、どこから読んでもある程度楽しめる軽さもあり。こういう作品は好きです。


作品DATA
■著者:東山むつき
■出版社:秋田書店
■レーベル:ボニータコミックス
■掲載誌:ボニータCUBE,ミステリーボニータ
■既刊11巻

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ミステリーボニータ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。