このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.11.28
07099768.jpg高河ゆん「LOVELESS」(1)


思いもしなかった
こんなに   
好きになるなんて



■9巻発売です。
 小学6年生の少年・青柳立夏は、2年前に唯一の理解者であった兄を殺されたことをきっかけに、心を閉ざしてしまっていた。そして転校。その初日、彼の前に亡くなった兄の友人だと名乗る青年・草灯が現れる。挨拶もほどほどに彼は、立夏に彼の新しい主人(サクリファイス)になってほしいと告げられる。状況もわからぬままに、めくるめく運命の波に呑まれていく立夏の行く先に待っているものとは…

 ワケわかんねーだろう!?(ゴー★ジャス調)高河ゆん先生の一迅社での連載作になりますが、きっとあらまし紹介読んだだけじゃ全くわからなかったろうと思います。でもそれでいいのです。高河ゆん先生の作品というのは、常に難解で、それこそが魅力なのだと思うのです、きっと。それでも説明放棄するのはいかがなものかということなので、ざっくりと紹介すると、主人公の立夏が殺された兄の死の真相を、パートナーとの戦闘協力によって明かし、同時に彼自身の問題を解決していく…みたいな。あれ、ざっくりしすぎたな。しかし説明しすぎるとそれはそれでわけわかんなくなっちゃったり。


loveless.jpg
ほんのりBL風味。ご覧の通り、動物耳でございますよー。


 まず主人公の立夏は、2年前に人格交代していて、記憶が最近2年分しかありません。母はそのことを気に病み、入れ替わった新しい立夏を忌み嫌うという状況。そんな彼の唯一の理解者だったのが、彼の兄なのですが、その兄は何者かによって惨殺されてしまい、以来立夏は完全に心を閉ざしてしまいます。そんな彼の前に現れたのが、兄のパートナーだったという草灯。ここの世界の戦闘は少し変わっていて、ダメージを一手に受ける主人・サクリファイスと、守備攻撃を担当する戦闘機の2人にわかれ、言葉を具現化(スペルバトル)して闘います。そのパートナーとなるのが、立夏と草灯。そして向かう先は、当然のことながら兄を殺した集団。
 
 高河ゆん先生といえば、同人界で一時代を築いた作家さんですが、そのときから作品は独特の世界観で構築されており、読み手にとっては非常に難解。それがひとつの魅力になっているのでしょうが、それがだめだともう無理。Amazonのレビューも二分してますね。同人畑の大御所といえばCLAMP先生などもいますが、こちらもまた独特の世界観。この2組は一般的なジャンルというよりは、それぞれ“高河ゆん”“CLAMP”というジャンルを構築しているのでしょう。だからそれを強要することはできないし、読みたいと思った人だけが進んでいけばいいし、ハマった人だけでディープに展開するのが正しい姿かと。そもそも同人時代から絶大な支持があった作家さんですから、読むべく人はすでに読んでいるでしょうしね
 

【男性へのガイド】
→若干BLっぽい匂いも漂わせつつ。ただショタに希望を見出そうかしら。キャラはみんなかわいいですよ。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→1か100かの両極端という感じ。こういう作品はオススメしづらいし、そもそもオススメを必要としていないのでは。


作品DATA
■著者:高河ゆん
■出版社:一迅社
■レーベル:ZERO-SUM
■掲載誌:ZERO-SUM
■既刊9巻
■価格:各552円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ZERO-SUM」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。