このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [新作レビュー] [読み切り/短編] 2009.02.07
曲がり角のボクら中村明日美子「曲がり角のボクら」


同じじゃないよ
同じじゃない
同じ恋なんてない
恋っていうのは…



■中村明日美子さんの短編集2作目です。計5編に書き下ろし1編を収録。
「阿部くんと黒羽さん」…少し冷めた女子高生が、クラスメイトと先生の恋愛修羅場を目撃することから始まる、青春まるだしの恋物語。
「となりの吸血鬼」…吸血鬼に関する著書を書いた大学教授のもとに、本物の吸血鬼であると名乗る男が現れる、異色ファンタジー。
「みんなきらきら」…愛娘とそのお父さん、そして愛娘の通う幼稚園で人気の保父さんの、ハートフルコメディ。
「さくらふぶきに咲く背中」…幼稚園生のときキスをした女の子同士が、高校生になって偶然再会。女子高生の、友情と愛情、自我に揺れる様をセンシティブに描きます。
「曲がり角のボクら」…学園祭を前に、勢いに乗って気になる女の子に告白したことから始まる、男2人、女2人、あわせて4人の青春グラフィティ。

 「このマンガがすごい! 2009」で、BL系作品「同級生」をオンナ編第18位にくい込ませた気鋭の作家・中村明日美子さんの、白泉社進出2作目の短編集です。BL作品の特徴のひとつとして、そのセンシティブや、リアリティというものが挙げられます(もちろん該当しないものもあるけれど)が、そこからBL要素さえ取り除いてしまえば、男性にも実に読みやすい作品の出来上がり。この作品も、BL臭さは一切なし。それどころか、百合要素を一部盛り込んできております。
 
 収録作品全てテイストが異なっていて、しかもクオリティが全く落ちない。すごいです。しかもしっかり捻るとこは捻ってきて、終始飽きさせることなく読ませてきます。そのため、短編なのにがっつり読んだ気分に。中村明日美子さんの魅力がギュッとつまった一冊になっているんじゃないでしょうか?なかなか上手く表現できませんが、とにかくこの作家さんは抑えておいて絶対損はないです!強力にオススメしたい1冊。

 個人的にキたのは「さくらふぶきに咲く背中」。百合要素を含んだ、女子高生2人のお話なんですが、ヨウちゃん反則やろ、と。そしてまりちゃん、素敵すぎるやろ、と。なんだろう、言葉では言い表しにくいのですが、空気感がすごくいい。もともと女の子同士の友情モノに弱いんですが(「対岸の彼女」でボロボロ泣いたりとか…)、久々にビビっときたお話でした。明日美子さんの描く女の子って、どうしてこんなにもかわいかったり、かっこよかったりするのでしょうか。あー、もう大好きです!


【オトコ向け度:☆☆☆☆☆】
→少女漫画独特の甘さや、激しい動きというのはありません。加えて男性メインの話もあり、読みやすい作りになっていると思います。
【私的お薦め度:☆☆☆☆☆】
→今月の1位はコレで決まった!って言うのは言い過ぎかもしれませんが、それぐらい良い作品でした。中村明日美子さんは今後絶対にくるはず。知らない方はぜひチェックしてみてください。1作目「片恋の日記少女」もオススメです。


作品DATA
■著者:中村明日美子 作者サイト→「明日美子ビヨリ。
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめCOMICSスペシャル
■掲載誌:メロディ(2006年1月号,2007年2月号,12月号,2008年6月号)
■全1巻
■定価:619円+税

Amazonで購入する
カテゴリ「メロディ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。